アドニス・スティーブンソンVSサキオ・ビカ他

BikaWins_zpsbdec48e4

個人的にはセルゲイ・コバレフが階級トップだが、スティーブンソンを推す声もある。
次戦にコバレフがアマチュア時代歯が立たなかったといわれる、アーサー・ベテルビエフとやるという話があり、スティーブンソンを見直し中だったが、結局決まったのはビカだった。
「アドニス・スティーブンソンVSサキオ・ビカ他」の続きを読む…

内山VSジョムトーン

b_07779596

今打診しており決定真近とか。
金子の再浮上を阻んだジョムトーンは今叩いておかねばならぬ存在。
しかし世界的には「誰それ?」とアピールに欠ける。

内山が活発に試合をしてくれるのはうれしいが、国内防衛記録まっしぐらでビッグマッチ路線でないことの証にもみえる。
簡単に日本で組める試合だもんなぁ。いかにもワタナベジムらしい。
「内山VSジョムトーン」の続きを読む…

カール・フランプトンVSクリス・アバロス

Chris-Avalos-and-Carl-Fra-008

昨日和氣が初回KOで東洋太平洋を防衛しました。
素晴らしいカウンターの左アッパーでしたが、過程では挑戦者のパンチをモロ食いしてました。
世界を期待させるフィニッシュブローでしたが果たして総合力はどうなのか?

次が世界だとのことですが、明日の世界戦、アバロスはまともな世界ランカーと戦ってこのチャンスを得た。
パイパ?前哨戦としての重みのある相手、試合だったのだろうか?

「カール・フランプトンVSクリス・アバロス」の続きを読む…

粟生VSファン・ディアス

juandiaz1

テレンス・クロフォードがタイトルを返上したことにより、現在1位と2位である両者で決定戦があるかもしれないというニュースが。
ファン・ディアスってあのディアス?一度引退した古豪という印象だが、まだ31歳なのね。

一時代を築いたビッグネームといえるディアスだが、学業も優秀とかで、ファン・マヌエル・マルケスに負けて引退したのが2010年、そして2013年に復帰して現在まで5勝2KOだ。

Baby Bullというニックネーム通りの小さな闘牛のようなボクサー。

「粟生VSファン・ディアス」の続きを読む…

イエフゲン・ヒトロフ8戦目

Ievgen Khytrov vs Maurice Louishome

村田は6勝4KOですが、後にプロデビューしたヒトロフは8戦目を全KOで消化。
BOXRECを見ると
3月6日に9戦目 Jorge Melendez 28(26)-4(2)-1
4月10日に10戦目 Aaron Coley 9(6)-0-1

が予定されている。

同時に2試合先まで、1か月のインターバルで予定されてるなんて、まるで9戦目は無傷の圧勝を確信してるかのよう。
28勝26KOという相手だけど。

「イエフゲン・ヒトロフ8戦目」の続きを読む…

ゴロフキンVSマレー他、その他

gennady-golovkin-vs-martin-murray-04-photo-by-naoki-fukuda

シュトルムとドロー、マルチネスにもダウンを奪い肉薄したマレー。
最高の意気込みで臨んだ一戦でしたが、GGGの何が強いのか浮き彫りとなる内容に映りました。
「ゴロフキンVSマレー他、その他」の続きを読む…

メイウェザーvsパッキャオ 締結

Manny-Pacquiao-vs-Floyd-Mayweather-2

ついに締結、5月2日にこの試合が決まったようです。
両者にとりこれ以上の相手はおらず、決戦にして引退をかけた最終試合となるのかもしれません。
これだけ待望されたメガマッチ、再戦まで織り込み済みなのかもしれませんが。
とにかく、もうこれ以上の相手はいない、必要のない試合です。
「メイウェザーvsパッキャオ 締結」の続きを読む…

アドリアン・エストレージャ等

adrian-estrella1

三浦の刺客といえるメキシコのトップホープ。
昨日、フィリピンのアドニス・アグエロを10ラウンドノックアウトで怪気炎をあげています。
なんでもこのフィリピン選手、三浦のスパーリングパートナーだったそうで、本当かな?
「アドリアン・エストレージャ等」の続きを読む…