コスタヤ・ジュー

スポンサーリンク


一応このサイトにはレジェンドというコーナーがあった。埋もれてて気づかなかったが。
リアルタイムではそんなに過去は遡れないが、独断で思い出深いボクサーを追想しよう。

第12代IBF世界J・ウェルター級王者
第26代WBC世界S・ライト級王者
第40代WBA世界S・ライト級王者
WBA世界S・ライト級UF王者/UNIFIED CHAMPION
第16代IBF世界S・ライト級王者
WBA世界S・ライト級US王者/UNDISPUTED CHAMPION
WBC世界S・ライト級名誉王者/EMERITUS CHAMPION
コスタヤ・ジュー(ロシア)
KOSTYA TSZYU
34戦31勝(25KO)2敗1分

もうリングに帰ってくることはないだろう。
ユーリがロシアボクシング初の世界王者ならこの男が最も成功したボクサーか。

ロシアと中国の血が混じってるらしく辮髪で少年のようなルックスだったがボクシングはインパクトがありまくりだった。
アマチュアの世界王者でもあるがそのスタイルはテクニカルより当て感が抜群によくすさまじい破壊力があった。
対戦相手は砲丸投げを食らったかのようにKOされまくり、写真のザブ・ジュダー戦ではわずか2ラウンド、ピヨピヨ泳ぎさせた。
今も活躍中のジュダーだがピヨピヨしながらレフリーに抗議していたな。

意識はしっかりしてるが下半身崩壊であった。

今もウェルター、Sウェルターはいいボクサーが揃っているが彼ほど絵になる男はいない。
最後の試合がレスリングもどきに巻き込まれた試合なのが悔やまれる。

チャベスを本当の意味で引退させたのはこの男だ。
全盛期のオスカーデラホーヤに勝てただろう。
そしてパッキャオとの試合が決まれば強烈だった。

[tubepress mode=”tag” tagValue=”KOSTYA TSZYU boxing”]

4件のコメント

  • sssdc

    自分も好きなボクサーでした。
    殺戮本能むきだしで、
    至近距離で相手を伺っている目つきは、蛇をにらむマングースのようでした。
    デラホーヤは強豪と言われるボクサーで、彼とだけやらなかったですね。
    雑誌で、彼は当時ハングリーさを保つために、ふだんから1日1食しかしていないということをインタビューで語っていたのを読んだことがあります。
    パッキャオとやれば、本当に危険な究極のカードですね。

  • いしのこぶし

    ジュー格好良いですよね。あの破壊力のあるパンチとそれをうまく当てる勘の良さ。見ていてすがすがしいボクシングです。戦っていたらデラホーヤを倒していたと思います。今のスーパーライトの王者たちとの試合なんか見たいです。全盛期のジューなら統一できると思います。ジュダーのピヨピヨダンスはとてもインパクトがありました(笑)

  • sssdcさん

    バズーカのような重たいパンチで印象的でしたね。腕を突き出すディフェンスや適格なヒットポイントなど独特の巧さもあり多くのスタイリッシュな選手を粉砕してたのが懐かしいです。ロシアは個性的で破格に強いボクサーを生み出しますね。
    身長とか低かったのでパッキャオともかみあったでしょうね。

    いしのこぶしさん
    唯一無二の選手ですね。マッチョという感じではなかったですがああいう体から出るパンチが一番きつそうです。今も魅力あるボクサー多いですが彼が突出してます、自分の中では。

  • ブリブリボクシングファン

    ブログリニューアルしましたね!!

    ジューは167センチしか伸長がないのにあの階級で最強でしたもんね~。
    アマチュアでフォレストと試合してるのも見ましたが、
    むちゃくちゃうまかったですからあの技術にハードパンチ、メンタルの強さ、
    そりゃ強いわ。て感じです。
    最盛期ならハットンも勝てなかったでしょうね・・・。

    大好きなボクサーです!!