二コシナシ・ジョイ

二コシナシ・ジョイ

ケープタウン/ミニマム級王者
南アフリカ/ミニマム級王者
IBO世界ミニマム級王者
第17代IBF世界ミニマム級王者
二コシナシ・ジョイ(南ア)
Nkosinathi Joyi
21戦21勝(15KO)

IBFで高山が戦うという王者、
ネット以外で見たことないのであまり多くを語れません。

南アフリカのミステリアスに満ちた王者という感じです。

しかし評価は高い。ミニパッキャオをいわれたフローレンテ・コンデスや当時無敗のチャンピオン、ラウル・ガルシアをほぼフルマークで破っているし映像見るからに強い。

この階級でいえばポール・ウィリアムス的なやばさ漂う規格外の大柄な男です。

身長、168cm
リーチ、172cm

とのことでやはりミニマムではでかい。そしてその体格を生かした距離を生かした抜け目ないボクシングが目立ちます。
きっとパンチも体の力も強いんだろう、だから歴代の王者をしてもなかなか圧力をかけられない、そんな印象を抱きます。
しかしこの2人と戦うまではキャリアの浅い平凡な戦績の相手としか戦っていないようでいきなり相手がレベルアップしても差を見せて勝ち続けるなんてどこまで大物なのだろうか。

高山も多くを語れるほど見てきていないが運動量豊富で目まぐるしく動き手数も多い。非常にハイテンポなボクサー。
けれどパワーレスで判定が多いのがいかにも日本人的・・・

という印象がありますが、このハイテンポはかなりのもので日本では抜けていた。
そして世界でも一流王者にひけをとらないパフォーマンスを発揮している。
誰が相手でも逃げないし不利を予想されても常にそれ以上の内容を披露する漢である。

自ら過酷な環境に身を置きこの試合をたぐりよせた高山は心身の成長含め期待せざるをえない。

やっとたどりついた世界戦がこんなミステリアスな怪物なのは酷だが一見ジョイはスピーディというほどではない。
無尽蔵のスタミナとゴンザレス戦で見せた根性、己の武器である超ハイテンポでこのでかい男の歯車を狂わせて欲しいと願う。

今後の世界タイトルマッチ

pacquiao-margarito

WOWフェスや長谷川の試合はじめ興味深い試合が今後も目白押しで楽しみがつきない昨今、
日本の李が面白い階級に加わってきたのもまた楽しみであります。

少しはいいがいつまでも世界と縁遠い国でのタイトルマッチ繰り返すのはご勘弁な世界情勢です。

11/6 WBO世界フェザー級タイトルマッチ
ファンマ・ロペス × ラファエル・マルケス

これ、ひねくれものの自分はマルケスに賭けます。
サラゴサトレーナーとの相性がよさそうであまり参考にならないかもしれませんがイスバスとの最終戦は強かったです。
体格、キャリアでもロペスに見劣らず、後半の粘りもあるマルケス、兄貴に追いつけ、追い越せでこのビッグマッチをクリアしてもおかしくない選手です。
この輪に長谷川が加わることになればベストです。モンティエルが無理でもメキシコ、南米にビッグネームはいっぱいいますよ。

Sライト級
ザブ・ジュダー × ルーカス・マティセー

いいマッチメイクです。見た感じジュダーの方が能力上位に見えますがマティセーはマイダナ以上の強打者に見えます。
アルゼンチンってタフでしぶとい選手ばかりだし後半失速しがちで打たれ弱さのあるジュダー、パルミドールよりは怖い相手でしょう。
勝った方はハイレベルな階級にあっていつ王者になってもおかしくないでしょう。

11/13 WBC世界Sウェルター級タイトルマッチ
マニー・パッキャオ × アントニオ・マルガリート

パッキャオすごいなぁ、メイウェザーがやらない相手とどんどん試合して。体格差、パワー差が恐怖ですがスピード、出入り、パワーパンチのタイミングでパッキャオがここもKO勝ちしてしまいそうな予感が・・・
それにしても究極の試合が実現したマルガリートは死ぬ気でくるでしょうからやばいです。どんな結果になろうと焦ってはいけません。
だってバレラやモラレスやマルケスがマルガリートとやるようなものだからな。メキシコ内で考えもしないファイトです。パッキャオ、調整大丈夫かな。

11/20 WBC世界ミドル級タイトルマッチ
セルジオ・マルチネス × ポール・ウィリアムス

これもう再戦実現してしまうんですね。これも体格に差があって前戦の序盤はウィリアムス恐ろしかったです。
ワンパンチでウィリアムス、総合力でマルチネス、マルチネスを応援しますがこれを破ったら彼はもっと評価されていいはず。
男気ありますね。

11/27 WBA,WBO世界ライト級タイトルマッチ
ファン・マヌエル・マルケス × マイケル・カチディス

マルケスを応援したくなりますし技術では上ですが被弾しないことです。
がっつり打ち合ってどっちかがぶっ倒れる試合となりそうです。マルケスに衰えがなければこの豪腕をクリアしてくれるでしょう。

12/11 バンタム級12R
ビック・ダルチニヤン × アブネル・マレス

これは予想しづらいな。ダルチのオラオラファイトに翻弄されなければマレスが判定勝ちする気がします。
それくらいいいボクサーです。新旧交代を期待します。

ヨニーペレス×ジョセフ・アクベコ

この再戦も予想しづらい。アクベコが動き回れば判定で攻略できるとおもいます。ペレスは三拍子揃った完成度の高いボクサーでなにより体が強そうですが
変化球なしのオーソドックス、クラシカルな選手なので打ち合わず走り回れば勝てるとおもいます。でも打ち合うんだろうなぁ。

まだまだありますがまた次回に・・・