二コシナシ・ジョイ

二コシナシ・ジョイ

ケープタウン/ミニマム級王者
南アフリカ/ミニマム級王者
IBO世界ミニマム級王者
第17代IBF世界ミニマム級王者
二コシナシ・ジョイ(南ア)
Nkosinathi Joyi
21戦21勝(15KO)

IBFで高山が戦うという王者、
ネット以外で見たことないのであまり多くを語れません。

南アフリカのミステリアスに満ちた王者という感じです。

しかし評価は高い。ミニパッキャオをいわれたフローレンテ・コンデスや当時無敗のチャンピオン、ラウル・ガルシアをほぼフルマークで破っているし映像見るからに強い。

この階級でいえばポール・ウィリアムス的なやばさ漂う規格外の大柄な男です。

身長、168cm
リーチ、172cm

とのことでやはりミニマムではでかい。そしてその体格を生かした距離を生かした抜け目ないボクシングが目立ちます。
きっとパンチも体の力も強いんだろう、だから歴代の王者をしてもなかなか圧力をかけられない、そんな印象を抱きます。
しかしこの2人と戦うまではキャリアの浅い平凡な戦績の相手としか戦っていないようでいきなり相手がレベルアップしても差を見せて勝ち続けるなんてどこまで大物なのだろうか。

高山も多くを語れるほど見てきていないが運動量豊富で目まぐるしく動き手数も多い。非常にハイテンポなボクサー。
けれどパワーレスで判定が多いのがいかにも日本人的・・・

という印象がありますが、このハイテンポはかなりのもので日本では抜けていた。
そして世界でも一流王者にひけをとらないパフォーマンスを発揮している。
誰が相手でも逃げないし不利を予想されても常にそれ以上の内容を披露する漢である。

自ら過酷な環境に身を置きこの試合をたぐりよせた高山は心身の成長含め期待せざるをえない。

やっとたどりついた世界戦がこんなミステリアスな怪物なのは酷だが一見ジョイはスピーディというほどではない。
無尽蔵のスタミナとゴンザレス戦で見せた根性、己の武器である超ハイテンポでこのでかい男の歯車を狂わせて欲しいと願う。

スティーブ・モリター

スティーブ・モリター

カナダ/S・バンタム級王者
第4代WBF世界バンタム級王者
WBF/Inter-Continental/バンタム級王者
第36代英連邦バンタム級王者
NABA北米バンタム級王者
第13代IBF世界J・フェザー級王者
第15代IBF世界J・フェザー級王者
スティーブ・モリター(カナダ)
Steve Molitor
33戦32勝(12KO)1敗

一昨日ハイクオリティなボクシングで防衛した西岡の次の試合の候補だというのでピックアップしてみた。
カナダの安定王者でもう5年近く王者に君臨している。

しかし一度陥落している。相手はあのセレスティーノ・カバジェロだ。
カバジェロとの統一戦は無敗で地味ながら丁寧なスタイルのモリターに期待したが完敗であった。

カバジェロのサイズ、変則なビッグパンチに戸惑い自分のボクシングを全くさせてもらえず強烈なアッパーを食い完敗である。
しかしカバジェロはSバンタムの体重が作れるとはいえ当日何キロあるかわからないし手足が長いのか異様にトランクスが高くちょっと規格外、ルール違反な気もする。

その後すぐ指定席につき防衛も重ねていることからやはり並のランカーから一歩抜けたスキル、安定感があるようだ。
たしかに熱いボクシングではないが欠点もなく見事なボクシングだ。

そのスタイルは西岡に似ており、丁寧なボクシングで対応しつつ徐々にスキル差を見せて判定勝ち、または終盤KOというのが多い。
西岡と違うのは一発の武器がないことだろうか。

負けないボクシングが結果必ず勝つボクシングとなっているような渋いボクサーだ。

これといって穴のない丁寧で教科書的なボクシングなので西岡といえ同じリズムで戦うのは得策ではないだろう。
どっぷり技術戦となるとかなり難航不落な安定感がある。

しかし西岡の方がパンチが速く、一発の威力があるので瞬間瞬間のスピード差で優位に立てるような気がする。
王者として先輩格のモリターには悪いが同じようなスタイルでも一流と超一流の凄味の差があるように感じる。

モリターの王座が日本非加盟なので長谷川VSモンティエルと同様の変則統一戦となろうが実現して欲しい一戦である。

下位ランカーにやばそうなのはあまりいない。
そろそろビッグマッチという西岡の年齢、充実度
だからといってすぐにモンティエルやスーパーホープのリコンドゥとかは未知数すぎて怖い

となるとモリターを破り、バスケスJrを破り、その後いよいよ階級を超えたビッグマッチへ・・・
なんていうのが自分勝手な管理人の都合のいい希望である。

そのくらい一昨日の西岡は強く、美しかった。
バリバリなころのイスラエル・バスケスやラファエル・マルケス、今人気絶頂のファンマ・ロペスとの試合ですら可能性を感じさせる出来であった。

そして忘れてならない李、彼はこれからの王者だろうがプーンサワット戦の出来と今後の成長を考えるとかなりうまいボクサーに変貌しそうで楽しみである。

バンタム、フェザーあたりで日本人のさらなる大活躍で世界を驚かせることを期待したい。

写真、映像はカバジェロに惨敗のものだがモリターは実績どうりいいボクサーです。
先日の西岡を観てなければ互角の印象でした。

西岡利晃VSレンドール・ムンロー目前

Toshiaki Nishioka

西日本J・フェザー級新人王
第58代日本バンタム級王者
暫定~第25代WBC世界S・バンタム級王者
西岡 利晃(JM加古川/帝拳)
Toshiaki Nishioka
43戦36勝(23KO)4敗3分

レンドール・ムンロー
21勝(9KO)1敗

いよいよ迫ってきました。
古いファンの自分にとってはもはや西岡が一番古参であり贔屓の選手です。
スタイリッシュでナルシストなスピードキングから今は丁寧で決め手を持つ重厚なボクサーへと変貌を遂げました。

つらかった時を経て今まで西岡のボクシングを楽しめることに感謝、感激です。

長谷川のボクシングは驚嘆ものだが西岡のボクシングもまた見事

日本人で世界相手にテクニックで魅せる、倒すこともできる貴重すぎる存在です。

相手は一位、指名挑戦者のムンロー、見た目だけなら大変なヒールですが男らしくていいやつっぽくて憎めません。
トレーニングとゴミ拾いで鍛えたその腹筋は過去最高クラスです。

この試合、両者のスタイルからして中間距離、テクニックでは西岡に分がありそうですが
体力、耐久力という点で非常に不気味なのが挑戦者です。

といって獰猛なファイタースタイルだけでなく技術も兼ね備え、Sバンタムかよというほど体格も立派、
リングに上がってどれだけの体格差があるんでしょうか、身長でも少しムンローがでかそうです。

イギリスでは大変な人気者らしく先進国ですから西岡の研究はしまくったことでしょう。
あのモンスターレフトがいつも試合を決めますので左対策は万全でしょうしイギリスやアイリッシュは打たれ強いし根性も半端ない。
ウェイン・マッカラーが倒れるのをみたことありません。

怖いのは西岡が圧力に押されロープにつまった時の接近戦のみだと妄想してますがどうなることやら。

超理想はハットンVSパッキャオの再現ですがあんな勝ち方したら西岡はSバンタム最強の称号を得られるでしょう。

変な見方で妄想すると西岡は恐怖のレフトという意味でダニエル・サントスにかぶるのですがあんな不安定なボクシングをしてはだめです。

あくまで冷静にコンパクトに、サントスを攻略した同じサウスポー、セルゲイ・ジンジラクのような安定感あるボクシングを披露してほしいものです。

WOWOWでの放映なので一般へのアピールが弱いのが残念ですが前座含め今年最高レベルの興行ですね。

たぶんやってないとおもうけど帝拳には下田、山中、粟生など優れたサウスポーがいますのでムンローがどんな強敵だろうが西岡が上とおもいこんでいます。

前座

山中VSホセ・シルベイラ

相手がよくわかんないけどいい試練になって欲しいです。彼もまたモンスターレフト、西岡と同様、右の使い方、左を当てる工夫が鍵となりそうです。
手数負けしないで欲しい。

ゴンザレスVSロサス

コンディションよければゴンザレスのKOか、メキシコベテランの意地、過去戦った時との違いをみたいです。

亀海VSアルファロ

素晴らしいマッチメイクです。ゴンザレスはアルファロの勝利を望んでいるのかな、同じ国で顔もちょっと似てる・・・
アルファロはデマーカス・コーリーに勝ってるしアントニオ・デマルコと10Rまで戦っている、これは安易に亀海有利とはいいがたい相手だ。
やや穴な世界王者レベルの力を持つアルファロに勝てば夢も膨らみます。圧勝じゃなくても結果オーライで見届けたいです。

リナレスVSチャベス

これはチャベスがどんだけ力残してるか、空気読めないかにかかってるとおもいます。熱戦を期待します。