三浦隆司VSミゲル・ローマン

日本人世界王者がいなくなり、活性化、世界化してきたSフェザー。
能力比較だと残念ながらロマチェンコやペドラサの方が上だとおもうが、各団体ともに面白い総力戦になってきました。
来年早々に行われるこれらSフェザーの試合を現状で展望したいとおもう。
「三浦隆司VSミゲル・ローマン」の続きを読む…

不完全ガイド:ロシア①

メキシコの10分の1もプロはいないが層が厚いというか皆戦績がいい。
勝率8割くらいになるんじゃないか。それというのもアマで活躍した選手などしかプロになれないからだろうか?
一番興味がある国、選手もスタイルも。なので何度かに分けます。
試合映像までチェックできるかはわかりませんが、気になる選手がたくさんいるもんだから。
「不完全ガイド:ロシア①」の続きを読む…

不完全ガイド:メキシコ

軽量級を中心に時代を作ってきた主役の国のひとつだが、アマではあまり奮わない。キューバや欧州などのアマが軽量級まで解禁されたなら少し状況は変わるのではないか?
メキシカンも正攻法の打ち合いが大好きだが、フックやボディなど、身体全体を使って深く、えぐるように伸びるのが共通だ。ボディ打ちが上手いのが伝統。
「不完全ガイド:メキシコ」の続きを読む…

不完全ガイド:フィリピン

本当は米国をやっていたのだがデータがふっとんだ。やる気をなくし出直し。フィリピン、プロボクサー自体はたくさんいますが、どんな選手か追いかけるのが難しいだろうなぁ。
今度ワンヒンと戦うメルビン・エルサレムという選手も秘蔵っ子のよう。ムハマド・ワシームと無敗対決をしたジャーメル・マグラモも惜敗だったようだ。
アジア一の人材の宝庫だとおもう。
「不完全ガイド:フィリピン」の続きを読む…