西岡利晃VSレンドール・ムンロー目前

Toshiaki Nishioka

西日本J・フェザー級新人王
第58代日本バンタム級王者
暫定~第25代WBC世界S・バンタム級王者
西岡 利晃(JM加古川/帝拳)
Toshiaki Nishioka
43戦36勝(23KO)4敗3分

レンドール・ムンロー
21勝(9KO)1敗

いよいよ迫ってきました。
古いファンの自分にとってはもはや西岡が一番古参であり贔屓の選手です。
スタイリッシュでナルシストなスピードキングから今は丁寧で決め手を持つ重厚なボクサーへと変貌を遂げました。

つらかった時を経て今まで西岡のボクシングを楽しめることに感謝、感激です。

長谷川のボクシングは驚嘆ものだが西岡のボクシングもまた見事

日本人で世界相手にテクニックで魅せる、倒すこともできる貴重すぎる存在です。

相手は一位、指名挑戦者のムンロー、見た目だけなら大変なヒールですが男らしくていいやつっぽくて憎めません。
トレーニングとゴミ拾いで鍛えたその腹筋は過去最高クラスです。

この試合、両者のスタイルからして中間距離、テクニックでは西岡に分がありそうですが
体力、耐久力という点で非常に不気味なのが挑戦者です。

といって獰猛なファイタースタイルだけでなく技術も兼ね備え、Sバンタムかよというほど体格も立派、
リングに上がってどれだけの体格差があるんでしょうか、身長でも少しムンローがでかそうです。

イギリスでは大変な人気者らしく先進国ですから西岡の研究はしまくったことでしょう。
あのモンスターレフトがいつも試合を決めますので左対策は万全でしょうしイギリスやアイリッシュは打たれ強いし根性も半端ない。
ウェイン・マッカラーが倒れるのをみたことありません。

怖いのは西岡が圧力に押されロープにつまった時の接近戦のみだと妄想してますがどうなることやら。

超理想はハットンVSパッキャオの再現ですがあんな勝ち方したら西岡はSバンタム最強の称号を得られるでしょう。

変な見方で妄想すると西岡は恐怖のレフトという意味でダニエル・サントスにかぶるのですがあんな不安定なボクシングをしてはだめです。

あくまで冷静にコンパクトに、サントスを攻略した同じサウスポー、セルゲイ・ジンジラクのような安定感あるボクシングを披露してほしいものです。

WOWOWでの放映なので一般へのアピールが弱いのが残念ですが前座含め今年最高レベルの興行ですね。

たぶんやってないとおもうけど帝拳には下田、山中、粟生など優れたサウスポーがいますのでムンローがどんな強敵だろうが西岡が上とおもいこんでいます。

前座

山中VSホセ・シルベイラ

相手がよくわかんないけどいい試練になって欲しいです。彼もまたモンスターレフト、西岡と同様、右の使い方、左を当てる工夫が鍵となりそうです。
手数負けしないで欲しい。

ゴンザレスVSロサス

コンディションよければゴンザレスのKOか、メキシコベテランの意地、過去戦った時との違いをみたいです。

亀海VSアルファロ

素晴らしいマッチメイクです。ゴンザレスはアルファロの勝利を望んでいるのかな、同じ国で顔もちょっと似てる・・・
アルファロはデマーカス・コーリーに勝ってるしアントニオ・デマルコと10Rまで戦っている、これは安易に亀海有利とはいいがたい相手だ。
やや穴な世界王者レベルの力を持つアルファロに勝てば夢も膨らみます。圧勝じゃなくても結果オーライで見届けたいです。

リナレスVSチャベス

これはチャベスがどんだけ力残してるか、空気読めないかにかかってるとおもいます。熱戦を期待します。

李 冽理VSプーンサワット

李 冽理VSプーンサワット

暫定~第6代PABA/バンタム級王者
WBA/Fedelatin/バンタム級王者
暫定WBA世界バンタム級王者
第5代PABA/S・バンタム級王者
暫定~第29代WBA世界S・バンタム級王者
プーンサワット・グラティンデーンジム(タイ)
Poonsawat Kratingdaenggym
42戦41勝(29KO)1敗

第56代日本フェザー級王者
李 冽理(横浜光)
Ryol Li Lee
18戦16勝(8KO)1敗1分

G+にて観戦、三浦の前座があって、李の過去試合があって、やはりまだプーンサワットには厳しいかなという印象を強くしたが、見事な番狂わせでした。

常に前進のプーンサワットと冷静にさばいて有効打の李、最近の採点傾向では間違いなく李だなという展開だったがプーンサワットの強さの印象はありドキドキの採点でしたが結果は僅か差と大差で3-0で完勝となりました。

負けて強しのプーンサワットでしたが体力と前進まかせで乗り切れるかなみたいな油断が少しあったかもしれない。前進していても、いいパンチを当てても、李のカウンター、抵抗を必ず許す形となり焦りをつのらせることとなった。

それにしても李のボクシングは見事でよくここまで対策、完成度を高めました。浜田さんが100点といってましたがまさにプーンサワット対策万全の、そして隙のない素晴らしいボクシングでした。

パンチがコンパクトで手も足も出て動き続けで的を絞らせない、ディフェンスも華麗で危ない被弾も少なかったです。

しかしパンチを出しやすくするためかガードはやや低く、倒すパワーはまだ感じられない李、そのあたりが今後の課題だろうが今夜は見事でした。

強い強いプーンサワット、しかもコンディションもよさそうなこの王者相手に素晴らしい試合をありがとうございました。

徳山のように巧く長く防衛する王者に成長して欲しいとおもいます。

感動しました。

負け惜しみの!プーンサワットですが本当に嫌になっちゃうくらいタフで体力があり強いボクサーですが、接近戦で追い込みきれないと策がないファイタータイプだったのかもしれません。パンチの回転で李は負けてなかったのとプーンサワットの戦術を理解して打ってきたら打ち返すコンパクトな作戦に徹していたので前に出て打っても必ず打ち返されていました。シャープでパンチの回転が速い選手には今後も苦戦するかもしれません。再浮上してくるのか・・・

ビタリ・タイベルトVS粟生隆寛

Vitali Tajbert

第6代EBU-EU欧州S・フェザー級王者
暫定~第30代WBC世界S・フェザー級王者
ビタリ・タイベルト(カザフスタン/独)
Vitali Tajbert
21戦20勝(6KO)1敗

粟生との対戦が決まったWBC王者タイベルト。これを粟生が取ればSフェザーで内山と2つ目となる。
ドイツが主戦場だが国籍はカザフスタンでこの国はアジアとヨーロッパが融合するアマチュアボクシングの強国だ。

金髪っぽい写真も多いが染めているのだろう。映像では黒髪だ。

この試合はタイベルト唯一の黒星で相手も戦績一流のベラルーシの選手、そのボクシングは左フックが強そうなオーソドックスでかなりタフガイな印象を受ける。

エリオ・ロハスのような嫌らしさ、距離感というのはなくがっつりかみ合うだろう。

しかし粟生もアマエリートだがタイベルトの実績、キャリアには到底敵うものではなく国籍、風貌からしてかなり頑丈で二番底がありそうで倒すのは難しいとおもわれる。

ぱっと見の映えでは粟生の方がスピードがありテクニシャンに見えるが世界レベルで終始美しいボクシングを披露するのはなかなか難しいだろう。

特に最近打ち合う姿勢を見せている粟生が互角の終盤で?どのようなボクシングを見せるか、そこが鍵となりそうだ。

タイベルトのキャリアはなかなか濃厚で戦績のよい選手との試合が多く、際立った武器はないが総合力で負けにくいしぶといボクサーファイターであるといえそうだ。

パンチは重そうだがKO率は高くないところからやはりロシア・ドイツ系のガッチリガードでジャブから入る基本に忠実な選手だ。

長谷川の子分的な試合が多い粟生だが再び世界を手にするならなかなかにふさわしい、ちょうどいい存在でありそうだ。

チャンスで手が止まったり攻撃が単調になりがちな歯がゆさもみせる粟生だが、鼻先でかわすスウェーや左カウンターなど関心する技術も持ち合わせ、個人的には彼の試合は楽しめる。

今の充実した練習環境で調整し伸び伸びとボクシングができれば勝てる、公平に見ても6-4で粟生だと期待している。