不完全ガイド:ロシア①

メキシコの10分の1もプロはいないが層が厚いというか皆戦績がいい。
勝率8割くらいになるんじゃないか。それというのもアマで活躍した選手などしかプロになれないからだろうか?
一番興味がある国、選手もスタイルも。なので何度かに分けます。
試合映像までチェックできるかはわかりませんが、気になる選手がたくさんいるもんだから。
「不完全ガイド:ロシア①」の続きを読む…

不完全ガイド:メキシコ

軽量級を中心に時代を作ってきた主役の国のひとつだが、アマではあまり奮わない。キューバや欧州などのアマが軽量級まで解禁されたなら少し状況は変わるのではないか?
メキシカンも正攻法の打ち合いが大好きだが、フックやボディなど、身体全体を使って深く、えぐるように伸びるのが共通だ。ボディ打ちが上手いのが伝統。
「不完全ガイド:メキシコ」の続きを読む…

不完全ガイド:フィリピン

本当は米国をやっていたのだがデータがふっとんだ。やる気をなくし出直し。フィリピン、プロボクサー自体はたくさんいますが、どんな選手か追いかけるのが難しいだろうなぁ。
今度ワンヒンと戦うメルビン・エルサレムという選手も秘蔵っ子のよう。ムハマド・ワシームと無敗対決をしたジャーメル・マグラモも惜敗だったようだ。
アジア一の人材の宝庫だとおもう。
「不完全ガイド:フィリピン」の続きを読む…

不完全ガイド:プエルトリコ

プエルト・ポーブレ(貧者の港)が由来とも言われるアメリカの自治領。51番目の州に帰属する日も近いとか。
日本の広島県程度の島国ですが、名ボクサー、名スポーツ選手を多く輩出しています。
どうしても土地柄か、有名になると遊んじゃって落ちていく選手が多い気がしますが、ボクシングは努力と根性のスポーツではなく才能が一番大事と強烈に感じさせてくれる国でもあります。
「不完全ガイド:プエルトリコ」の続きを読む…

不完全ガイド:ウクライナ

広大なロシア圏にあって中央アジア系とは一線を画す趣のあるウクライナ。こちらは東欧、ヨーロッパイズムが色濃いか。クリチコ両兄弟はウクライナとはいえ兄弟で生まれがキルギスとカザフとかで複雑すぎる。
ウクライナで活動しつつ国籍、生まれが違う選手もいました。
注目株だったオレクサンダー・スピルコの名前がなく、なぜかなとおもったら2016年は試合をしておらず、無敗のまま消えるのかもしれません。
今はロマチェンコが引っ張るトップアマの大国ですが、国政不安なため、どうなるのか先が読めません。
「不完全ガイド:ウクライナ」の続きを読む…