ラウシー・ウォーレンVSファン・カルロス・パヤノ

スポンサーリンク


先週はゴールデンウィークに働いた分休暇をとってきました。
なのでボクシングはお休みでしたが、気になる試合はありました。

ラウシー・ウォーレンVSファン・カルロス・パヤノ

まだ無名に近い両者ですが、個人的なバンタム級頂上決戦です。

五輪2度出場のパヤノはモレノから王座を奪いましたが、バッティングの負傷判定でモヤモヤを残し次がウォーレン、またもや荒れた試合でギリギリの勝利。

評価を確実にはできませんでしたが、スピードも豊かでアマの技術に裏打ちされたかなりいい選手だとおもいます。
格下相手には華麗かつ力強い盤石の試合をみせていました。
亀田の指名挑戦者に選ばれたものの逃亡され、相手を選べる立場になかった不遇な実力者でしょう。

五輪3度出場のウォーレン、世界選手権金の勲章もありますが五輪ではメダルなし。
本場アメリカでも黒人軽量級選手は不遇です。ゲイリー・ラッセルくらいのクラスならまだしも。
かつてマーク・ジョンソンとか強いやつもいました。

試合は初戦と変わらぬ接戦で、深刻な反則がなかったのとウォーレンの地元の利もあって逆転しましたが実力伯仲の僅差は変わらず。体格もスピードもスタイルも似たもの同士の戦いでした。

ウォーレンは14勝4KO1敗ですがWSCで7戦全勝の記録もあり、FIGHTNEWSでは22勝になってます。
4KOなので全部判定だったのかな?

本場で強豪とやりたいと口にしている山中、三浦や粟生、亀海は本場で試合をこなしているし他国選手ではなくアメリカ人なので、対戦障害は少ないだろう。
ただし、金銭的にはハイリスク、ローリターン。
しかし、勝てば、識者、マニアの評価は十分に得られる相手だ。

ウォーレンはKO率が示すように、一発強打より、体、ハンドスピード主体で超ハイテンポなスピードボクシング。
適度に荒く攻撃的で迫力がありますが、小さく、怖さはない。よくみると荒いながらもディフェンスが巧みです。反射神経の鬼でしょう。
黒人アマエリート特有、軽量級なのもあって全階級屈指といえるスピード。

この映像を見ても、この両者がリボリオ・ソリスに苦戦する姿は想像できないので頂上決戦とみなしました。
山中のどんな試合よりスピードやテクニックの高さを感じさせます。ダーティーにも慣れてます。

けれど舞台はプロのリング。アマで結果の出ないメキシカンなど、スロー気味でも重く、硬く、打ち抜くようなパンチやボディが効いてくるので結果がどう出るかはわかりません。

キャリア、実績からしてプロでの世界的な評価では山中の方がずっと上だろうが、リー・ハスキンスなどと言わず、こういう本物と戦う雄姿がみてみたいものです。
ウォーレンが今後どのようなキャリアを築いていくのかわかりませんが、バンタム級近辺の軽量級では台風の目、皆が避けたい存在になりそうです。

恐らく、マーク・ジョンソンと同じく人知れずひっそり、メキシカンあたりに敗れ、消えていくのが歴史の証明ですが、アマの実績、このスピード感、見栄えだけなら井上やロマゴンにとっても嫌な存在といえるでしょう。

アマ偏重な自分の好みが多分にありますが、見た限り、自分の評価ではバンタム級最強王者は今のところ防衛ゼロでもウォーレンです。
何回防衛したかより誰とやったかが重要です。

日本人との絡みがありますように。

12件のコメント

  • アキラ

     パヤノ、実力者モレノに勝ったのにろくに防衛戦も組まれず、結局はアメリカ期待の新鋭に負けて陥落、ファイトマネーも大して稼げない、悲しいプロキャリアですね。また浮上するかもしれませんが前途は多難でしょうね。
     ウォーレンも勝ってよかったですがライバルでも現れない限り、スターにはまずなれないでしょうね。ここは帝拳ジムが頑張って山中との統一戦でぜひ呼んでほしいです。モンティエルは招聘できたんですから、日テレがファイトマネー弾めば可能性は十分あると思います。もちろん山中が渡米するのもOKですし、ウォーレンも受けてたつでしょう。空洞化著しいバンタム級を活性化すべきです。
     まあ、本音を言えばゴロフキン以外に好選手がいないミドル級も空洞化してます。一番層が厚いのはライトヘビー級です。

  • camaro

    凄い速いけど荒いですね。
    日本人はこういうタイプ苦手そうだしまずこの両者には絡まないでしょう。
    山中もイマイチな試合内容が続いてるしピークは過ぎてこのまま日本で防衛路線なんでしょうね。

  • yuu

    今回の試合も接戦で実力拮抗していることもあり、熱い試合でしたね。
    判定はウォーレンが初回から出て行ったのがポイントに繋がり勝利した感じで、今後は団体内の統一戦(マクドネル、ザキヤノフ)に向かうのか、はたまたバヤノとの3戦目になるのか気になるところです。山中はモレノと指名戦で決着つけてから統一戦挑んでほしいです。

  • アキラさん

    大きなプロモート契約がないと
    南米の実力者は埋もれる事が多いですね。

    ランカー対決などでまた再浮上して欲しいです。
    ウォーレンv3だとしたら厳しすぎます。

    camaroさん

    アマテクに加えてプロ適応の策がみえますね。
    日本人が苦手、敬遠するタイプだとおもいます。

    yuuさん

    想定外の試合が組まれると燃えるのだけど・・・
    山中、微妙ですね、期待していいのか、安易な防衛記録へ向かうのか。

  • れい れなーど

    あくまでも個人的意見なんで軽く聞き流して下さい。
    私がバンタムの山中慎介にとりつかれたのは初防衛戦でまさかのダルチニャンを指名して完封したときからです。井上もダルチニャン級とはまだやってません。
    2度目の防衛戦も日本人は誰も勝てないロハス(山中敗戦後勝ち続けてます)を恐ろしいまでの電撃KO(ここから神の左)3度目も日本人は誰も勝てないでいた(大場が地元判定で一度勝ったかな?)ツニャカオに最終roundに仕留める圧倒的試合内容、4度目だけ仮想亀1ニエベスと弱い相手でしたからしっかり1roundで仕留め5度目はあのサンタクルスも倒せなかったゲバラ(山中敗戦後勝ち続けてます)を3度倒し6度目は亀3も負けてたジャモエになにもさせない圧勝7度目は佐藤洋太(河野は何度やっても絶対勝てないいい王者でした)には破れたもののスリヤン(勝てる日本人はなかなかいないでしょう)を3度倒す圧
    勝、8度目は23戦全勝サンテリャン(弱かったですが亀田あたりの日本人なら判定まで
    いくでしょう)これまた血だらけにし、いよいよモレノと戦い超ハイレベルな攻防、面白すぎる12roundでした。果たして微妙判定といえどモレノに勝てる日本人がいるのか。井上で勝てるかな?私はまだ井上はナルバエス以外なにも試されてないとおもってます。
    そして前回のソリス(河野亀2負け)だけはモレノ越えを果たし完全に舐めてました。ただあの3round以外は完封です最終roundはまた相手を血みどろにしました。
    山中相手は常に血だらけ傷だらけ山中は傷ひとつなく減量苦とか拳痛めたなど一度も聞いたこともなく日本で最も完璧な王者だとおもって応援してます。あとは海外防衛、統一戦だけです。山中試合だけ(三浦も)が唯一興奮できる面白すぎる試合だとおもってます。でもプクーさん、山中にも厳しく今後もお願いします。長くなってしまいすみません。

    で終わらせ

  • マイティ

    2シャープ!マーク・ジョンソン懐かしいです^ ^

    不遇の黒人軽量級の代表格と言えばティム・オースティンと並ぶ双璧だと思います。

    ウォーレンが勝って個人的に嬉しいですが、パヤノもウォーレンに遜色無い強さを証明しましたね。

    この実力の拮抗したハードな2連戦で二人ともモレノや山中より一段高みに登りつつあるような印象を受けました。

  • サーシャ

    今回見てないけどウォーレン勝ったみたいですね。
    前戦はハッキリとウォーレンの勝ちの内容でしたが今回は接戦でしたか。
    僕は今回ウォーレンがもっとハッキリ勝つと思ってましたがパヤノの実力が証明されましたね。

    何にせよバンタム3強はウォーレン、パヤノ、モレノ。

    山中はこの3人に劣ります。誰とやっても勝てないでしょう。
    モレノにはフルマークに近い内容の完敗(あり得ない地元判定勝ちでしたが)。
    ウォーレン、パヤノには相性的に倒されるんじゃないですかね。

    山中は守られたマッチメイクでV13越えを目指すと思います。
    モレノが指名挑戦者になりましたが本当にやるかどうか疑問に感じてますし、やるなら海外で平等な環境でやってほしい。

    モレノ気の毒です。

  • れい れなーどさん

    山中を評するに
    基本に忠実、バリエーションが少ない
    ジャブとワンツーだけで勝てる長身パンチャー
    西岡を凌駕するかもしれない左一辺倒のパンチャー

    だとおもうんですが、モレノ戦で底がみえ
    ソリス戦で弱点露呈した

    とおもえてしまいました。

    非常に強い武器を持つまとまった選手である反面、突破されると脆いので
    これからはディフェンス意識をさらに高め、スリッピングアウェイとかも忘れずに
    慎重に戦って欲しいですね。

    間違いなく強いとおもいますが、対戦相手を厳選してるうちに
    パヤノ、ウォーレンなどがもっとハイレベルな次元で争っているようにみえてしまいました。

    マイティさん

    ティム・オースティンもいましたね。
    ラファエル・マルケスが鬼門になっちゃいましたが、総合力では上かも。
    でも裏街道で消えました。

    ウォーレンもパヤノもまだ王者としてのキャリアは少ないですが
    相手、試合レベルが高く、今の山中を超えた次元の試合をしているようにみえました。
    試合組むの難しそうですが、長く王者でいて欲しいですね、ウォーレン。

    サーシャさん

    自分もそう感じつつありますが
    やってみないとわからないので、島国で厳選された試合ばかりせず本場の強豪と戦うことで
    最強を証明してみせて欲しいです。
    今のウォーレンならどこでも試合を受けてくれるんじゃないかな。

  • 名も無き一兵卒

    始めまして、いつも記事を読ませていただいております、初コメです。

    唐突ですが、今年3月オーストラリアでの2014年バンタム級新人王高橋竜平vsアンドリューモロニーの動画を見つけました。https://www.youtube.com/watch?v=GODRzejqB8A

    日本の若手ボクサーでは抜けた技術を持つ高橋が世界選手権にも出たアマホープのモロニーに挑む一戦で負けはしましたが、ともにプロ十戦未満とは思えぬ技術力の高い好試合でした。

    以前の記事で主さんに高橋竜平を取り上げていただいて新人王時代からのファンである自分はとても嬉しかったです、この試合や高橋竜平の今後もチェックして頂けたら幸いです。

  • 山中にはこの2人は間違いなく速すぎますね。
    この2人同士の対戦だからギリギリクリーンヒットを避けられてますが、
    反射神経が劣る山中じゃ綺麗にもらってしまうでしょう。

    どちらとやったとしても、インに入れないようにしようにも入られてしまう速さと上手さ、
    そこからのコンビの強さ上手さはレベルが違うでしょう。まずKOされると思います。
    ソリスにバタバタ倒されるのですから言わずもがなでしょうが…。
    効果的なジャブを持っていないのも痛い。

    う~ん、帝拳勢もバカではないでしょうからウォーレンは選ばないでしょう。
    あまり無理せずに国内でせっせと記録を狙っていた方が安全かな。。

  • マイティ

    左でビビらせて右でも料理出来るのが西岡、左でビビらせて左でしか仕留められないのが山中、とか言われてましたね。

    以前から口を開けば右が課題だと連呼していた山中ですが、課題を克服出来ないまま攻略されてしまうのでしょうか…

    ウォーレン、パヤノ、フェザーのラッセルjr、戦績に傷は付いてますが強敵と鎬を削った証なので敗北すら輝いて見えます。

    連投失礼しました。

  • 名も無き一兵卒さん

    はじめまして。

    モロニーは調べるとかなり優秀なアマチュアだったみたいですが
    高橋、互角にやれてるとおもいました。

    少し、大場浩平に似て、抜群に上手く素質豊かだけど
    ツニャカオやカバジェロには正確性で劣る

    といったところでしょうか?

    彼は大田区体育館の前座でみまして、和製クロフォードみたいだと関心しました。
    決め手がないけど河野あたりには即通用するなぁとおもいます。
    今後も応援していきます。

    八さん

    ソリス戦だけで決めつけてしまうのは愚かだとおもいますが
    観た印象だけだとレベル上の2人に感じてしまいますね。
    西岡のように格上の相手とやって欲しいものです。

    マイティさん

    右も強いらしいですが、型にはまった選手なので
    このバリエーションの中で磨いていくほうがいいと感じます。

    左を警戒してたら右が厄介だったのはジャモエもモレノも言ってましたし
    ソリス戦のように右で倒す色気など出さず、左を生かす右でいいかと。

    ウォーレン、パヤノ、ラッセルjr

    相手を選ぶような選手じゃないですんで、戦績以上に強いです。
    日本人とはいかにも絡まなそうな面々です。