クジストフ・グロワッキーVSオレクサンドル・ウシク

スポンサーリンク


クルーザー級を語ることはめったにない。
そのくらい不要な不人気階級だが、この両者は見逃せない。

やっぱり、超人化したヘビー級じゃ小柄だけどLヘビーじゃない大きさとパワーなんだよな。
こっちをヘビー級にして2メートル級はスーパーヘビーにすれば一気に活性化するでしょう。

クジストフ・グロワッキー
26勝16KO

クジストフ・グロワッキー

長期王者のマルコ・フックを倒して戴冠したサウスポー。
この試合が個人的には昨年の年間最優秀だ。
タイソンが負けた時のように、頑丈さが取り柄のフックが限界を超えて崩れゆくシーン。
不倒の男が倒れる瞬間は永遠に脳に刻まれる。

初防衛もし、並じゃない強い部類の王者であると確信しているが、相手が悪い。

オレクサンドル・ウシク
9勝全KO

オレクサンドル・ウシク

オレクサンドル・ウシク

2011年世界ボクシング選手権ヘビー級金メダル
ロンドンオリンピックヘビー級金メダル
WBOインターコンチネンタルクルーザー級王座

ロマチェンコやジョシュアに続いてベルト獲得なるか?
ロンドン組は王者になるだけでなくプロでもP4Pレベルになりつつあるからなぁ。
ベルトなしのオスカー・バルデスなんかもしっかり王者となったし。

このウシクという選手、ハンサムにも、ブサイクにもみえ、目が怖いんだよなぁ。
流行らないだろう奇抜な髪形が個性というか損をしているような・・・
これはイケメンなんでしょうか?

肝心のボクシングは全KOだけどパワー型ではないような気がする

チームメイトだったロマチェンコの影響を少し感じる。
大柄で鈍重だがスタイリッシュなボクシングをみせる。
アマの実績はすごいがやはりスーパーヘビーではない、昔ならヘビー級だろうがクルーザーがぴったりである。

パワーやスタイル的にはグロワッキーの方が好みでプロらしいとおもうが
アマの実績が全然違うのでウシクのテクニックが上回ってもおかしくはない。

ちなみにグロワッキーも130戦くらいのアマ歴がありポーランド国内王者
ヨーロッパ選手権銅くらいだったそうです。

無敗同士の対決はそそられますし普通に最強の王者に挑み、最強の挑戦者を迎える姿勢がかっこいい。
全く逃げない正真正銘の王者です。

usyk-glowacki (12)

3件のコメント

  • yuu

    グロワスキ対ウシクは見所が多くて良いマッチメークですね。
    グロワスキはマルコ・フックの米国デビュー戦で中盤にKO寸前まで追い込まれてフックの勝利間違いないと思ったのですが、そこからの大番狂わせの大逆転は衝撃的でした。その後も階級落としたカニンガムから4度ダウン奪って快勝と気持ちが強く強打の左が魅力的な選手でどこか同じポーランド人のワイルダーと対戦したスピルカ選手とスタイルも見た目も似てますね。

    ウシクはいかつい顔と違って慎重なボクサースタイルでアマトップとあってテクニシャン寄りなのかな長身のウシクに対してグロワスキは小柄で距離とられるとテクニックの差がでて地元とはいえ厳しいでしょうが、アンダードックから厳しいマッチメークを勝ち抜いてきてるグロワスキを応援したいです。ウシクが勝った場合コサックダンスするのかな笑

  • マイティ

    身長、リーチが2m近い相手に勝つ為には、こちらも身長、リーチが2m以上で無くてはならない事をフューリーが証明してしまいました。

    ヘビー級こそ究極で無くてはならない、そんな業界の信仰も解らない訳では無いですが、昨今のボクサーの巨人化を鑑みるにスーパー・ヘビー級の導入は然り、な気がします。

    同ルールならデカい奴に勝てないのはボクシングの競技的欠陥では無く、寧ろ動物として必然なのですから。

  • yuuさん

    グロワスキはフック戦、結末は鮮やかでしたが
    途中効いたダウンありポイント劣勢でギリギリでしたね。

    すごくいい世界王者だとおもうので
    これを完封、もしくは圧勝しちゃうようだとウシクは相当なものでしょう。

    プロの壁といえそうな相手です。

    マイティさん

    言い得て絶妙ですね。
    フューリーの強さは内山に勝ったコラレス同様未だ謎です。

    筋肉マッチョか、プヨプヨ肉弾が最強なのか
    これがボクシングの頂のテーマなんて悩ましいですね。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)