マリス・ブレディスVSマルコフック

スポンサーリンク


また、データがふっとんだ。サイトじゃなくてメモ帳が突如強制終了になる。あぁ、せっかく長文書いたのに・・・なので雑に書きます。いつも雑ですが・・・
王者のトニー・ベリューが話題作りのためデビット・ヘイとヘビー級戦をやるので設けられた暫定王座戦。
ベリューの試合よりこちらの方が興味津々だ。

マリス・ブレディス
21勝18KO

ラトビアの選手というのが魅力的だ。本で読んだラトビアの印象はまだ暗くマフィアも政治家も暗躍する社会主義の名残のある国。
そんな国で普段は警察官をしているらしい。トップアマ出身だろうが詳細は不明。
クルーザーの標準体型ながらクリチコ兄弟のスパーリングパートナーを務めていたそうだ。

ファイトスタイルはプレスの強いファイターボクサー型で特筆すべき点はない。
ガードがややルーズだがボディワークや反応はなかなかいい。
特筆すべきは体幹が強くパンチが強烈なこと。
KO率の数値以上に相手の倒しっぷり、倒れっぷりに並々ならぬものを感じる。

全KOのロシアの怪物ドミトリー・クドラショフを下したオランレワジ・ドュロドラをもTKO
(この人も24勝22KOの北京五輪ナイジェリア代表だが)

ヘビー級でマヌエル・チャーともやって失神KO
(チャーはこんな負け方しても再起して2連勝、すごい。)

何がそんなに強いのかわかりにくいですが、出してる結果が強烈だしここまで安定感もあります。
個人的に好みの選手なので応援したいとおもいます。

対する

マルコ・フック
40勝27KO3敗1分

実績十分な元王者。3敗は全て世界戦だが完敗はない。ヘビー級のポペドキンも際どい勝負だった。
不人気階級の長期王者だったが、特徴はやはり頑丈、屈強なところ。グロワツキ戦で逆転KO負けのシーンはタイソンが倒れた時のような衝撃で、それくらい不屈、不倒なイメージがあった。

この屈強さは彼は生粋のドイツ人のような名前だけどセルビア人なのですね、戦士の魂が宿っているかのようなヒトです。

勢い、時代はブレディスですが、ただでは負けないフック。
両者32歳と年齢も同じ。どちらがサバイバルするでしょうか?
実にいいマッチメイクだとおもう。
両者頑丈だけどKO決着必至かと。

そんな彼らをしてもクルーザー級はかつてなかったテクニシャン型のウシクやかなり熟練なのにまだ若いガシエフなどが台頭してきており、トップアマの解禁で激戦区。新たな時代に突入しています。

今やすっかりエキサイティング
ヘビー級が超人化しちゃった今となっては個人的にはワクワクする階級です。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシング ブログランキングへ

3件のコメント

  • 一瞬のマ夏?

    3強に絡む力があるのかどうかブレディスにはフックにどんな勝ち方をするのかというレベルであって欲しいところですね。フックはアメリカ進出があんな負け方で、もう一度と強く思っているでしょうし最多防衛者の意地を見せて欲しいです。でもグロワツキとウシクを見ていると、ここで手こずっていると、暫く3強が続くかもしれません。あとはドルティコスがシュメノフに対してどんな試合をするのか。この2試合は今後のクルーザー級の展開としては楽しみです。クルーザー級、今現在、おもしろいですね。

  • 一瞬のマ夏?さん

    強いのがたくさんいるので面白いですね。
    ブレディスには特別な思い入れがありますが
    フックも、長期王者として全てやりつくした感があるのに
    また這い上がっていくのがかっこいいですね。

  • 杉川

    ウォードをはじめ、コバレフ、スティーブンソン、ベテルビエフ、アルバレスらがいるライトヘビー級と比較するとクルーザーは地味ですが、アマエリートのウシクが殴り込んできて活性化してますね。

    隙間階級言われることも多いですが、盛り上がっていって欲しいです。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)