世界ボクシング・スーパーシリーズ

スポンサーリンク


未確認情報ですが、なんでも優勝賞金1000万ドル(約11億3500万円)。賞金総額5000万ドル(約55億1800万円)の「世界ボクシング・スーパーシリーズ」のクルーザー級部門というのが予定されているそうだ。クルーザー級部門というからには別の階級もあるのかな?

井上の米国デビューのカードがほぼSフライ最強リーグなので(エストVSクアドラスはまだ全然合意に達してないみたいですが)いつかやるとして、まず、激アツなクルーザーを復習してみたいとおもいます。

個人的に最激戦区なSウェルターは以前書いたのでご覧になってください。

Thumbnail of 戦国のSウェルター戦国のSウェルター

兄に比べインパクトに欠けるとおもっていたジャーメル・チャーロの完璧な試合を見せつけられて、やっぱ今一番熱いのはSウェルターだと確信しちゃいまして・・・

IBF世界同級王者ムラト・ガシエフ(ロシア)
24勝17KO

この風貌でまだ23歳。評価は前進、額は後退。
戦車のようなデニス・レベデフを下して無敗で王座についた。
(でもレベデフはまだWBAスーパーチャンピオンなんですね、粘るな)

オーソドックスでくせのないボクシングですが若いからか速さと柔らかさがあります。
そしてやっぱり剛腕です。
欠点が少ないという意味で最有力なのかもしれません。

マイリス・ブリエディス(ラトビア)
22勝18KO

ラトビア初の世界王者。キック出身。
この人の倒しっぷりをみていると当たればジョシュアも倒せるとおもう。
タイソンよりは大きいはずだから、いつか無敗でヘビーに上がる事があったら見てみたい。
もう超体格巨人だけの戦いは食傷気味なので。

脇の締まりが甘い気がするけれど、当て勘よくパンチを振り抜くのですごいKOシーンをみせてくれる。ディフェンスがいいというよりは避け勘も距離感もいい。注目のフック戦は判定だったが、フックに大差判定で勝つというのはすごい事。
心情的には本命。

クジストフ・ブロダルチク (ポーランド)
53勝(37KO)3敗1分

一度も注目した事がなかったけど、軽量級のような堅実でスピーディーなオーソドックスだったんですね。グレゴリー・ドロストに敗れるまで6度も防衛していた。ドロストはその後どこへ行った?無敗ホープのノエル・ジェバーを下して再浮上。キャリアでは一番説得力がある。勝利数だけでなく強豪との対戦が多い。

ポーランドのボクサーは坊主というよりほぼスキンヘッドだけど、あの辺はサッカーでもスキンが多いから髪の栄養素的に問題があるのか、なんか変な食文化でもあるのか?昔から重いクラスにポーランドの強豪はいたような気がします。
侮れません。

その他は誰が出るのかわかりませんし、このトーナメントが決定なのかもわかりません。けれどSミドルも予定に入っているとか。

この賞金ですから、評価トップのオレクサンドル・ウシクもウェルカムですし、先日、全勝、全KOの記録に土をつけられた相手に雪辱したドミトリー・クドリアショフなんかも参戦するのでしょうか。

半端ない剛腕対決でした。

この人はマイリス・ブリエディスの指名挑戦権を持っているとおもいますがどっちが優先されるのか?
その他、やばい、いかついのはモリモリいるので、皆さん妄想してください。

Thumbnail of 世界ボクシング不完全ガイド クルーザー級世界ボクシング不完全ガイド クルーザー級

もう、燃え尽きています。ラストスパートです。一番無関心な階級だったかもですが、ミニマムとかよりずっとましです。ハイレベルです。

この情報ももう古いかもしれません。

こういうトーナメントを全階級でやって欲しい。Lヘビーでやればチキンソンさんもいよいよロシアの網にかかってこざるをえない。Sバンタムなど日本に2人も王者がいますが、対抗王者のリコンドー、マグダレノ、バルガスに通用するとはちとおもえませぬ。

Sフライもこういうトーナメントで決めちゃって欲しい。じゃないと井上が米国デビューとはいえ、もうバンタムを視野に入れつつありそうなんであの輪に加わることがないかもしれない。

やっぱり、圧倒的に勝つ姿より、あいつに勝ったという大物との対戦が観たいです。

まとまりのない投稿になってしまいましたが、戻りましてクルーザー級、誰が頂点に立つのかわかりませんが、好みでいえば、トップのウシクを差し置いて

ムラト・ガシエフ
マイリス・ブリエディス

のどちらかに賭けたいとおもいます。

ラトビア人やロシアの23歳が11億円稼ぐって素敵だな。

昔と違ってものすごく面白い階級です。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシング ブログランキングへ

4件のコメント

  • wowwow

    チャキエフはもうダメなんでしょうかね……?
    北京五輪のメダリスト連中の中では、試合がエキサイティングで
    期待していたんですが。

  • SAKANA

    この階級になると選手層の中心は東欧からロシア圏、一部北欧系もという感じなんですね。ブラックアメリカンの有力選手もこっちに遠征という感じなのでしょうか?映像を見るとみんなかなり強うそうです。本腰を入れて見ていけばかなり面白いかも。べガスなどのアメリカンマーケットでは見かけないマッチアップが多そうですね。でもこれだけのビッグマネートーナメントが行われる巨大マーケットがあるんですね。知りませんでした。

  • あな

    こういうトーナメントの主催者というか資金の出所はどこなんでしょうね
    村田が自信の中量級の象徴性についてアメリカナイズされ過ぎることはないとコメントしてましたが、確かに金さえ用意できれば各々の地域でボクシングを盛り上げることはできるかもしれませんね
    アメリカも、言っても資金や選手数では未だトップでしょうが、テクニック的にはキューバや共産圏に駆逐され始めているし、国内の盛り上がり方ではイギリスに大きく遅れをとってるでしょうし

  • wowwowさん

    チャキエフはブロダルチクにTKO負けしてますし
    負けが全部KOなのでまだやれるし強いとおもいますがこの輪に入るのは厳しいでしょうね。

    SAKANAさん

    ラトビア初の世界王者とかロシアンマネーも計り知れないし
    何よりみな強くて試合も面白いですから、金は生まれるんじゃないですかね。
    日本に縁遠いだけですごく激戦区で面白いですよ、クルーザー。

    フランスのトニー・ヨカのデビューもすごい熱狂でした。

    あなさん

    中国や東南アジアの経済発展の裏を握っているのはイギリスはじめ別の先進国だったりしますので
    金はうなっているんですよ、きっと。やっぱ軽量級よりはスケールがでかいですね。

    日本の強みの軽量級も世界の超一流と絡む日が来るといいですね。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)