キービン・ララ

スポンサーリンク


ランキングチェックしてた中から決まったようです。
異論争論多々あれど、上はもちろん、下のスタンプさんも雑魚ではないんでないだろうなぁとおもっていたのだ。

7位
キービン・ララ(ニカラグア)
18勝6KO1敗1分
http://boxrec.com/boxer/638473

デビューで負け、2戦目でドロー、あとは全勝だが、ほぼニカラグア国内で5戦、10戦未満の選手との試合ばかり。
WBCラテンフライ級王者という肩書がありますが、その相手も13勝7敗の人です。

さて

赤いトランクスの方みたいです。
若い、まだ子供のように見える所作。

足を使わず、正面からパンチを振り回すのみ。
相手の攻撃はブロックとダッキング、そしてやたら多用する真正面スウェー。

非常に単純で幼いボクシングだが、フォームは悪くなくパンチの角度がいかにも中南米的で多彩。下から、ボディやアッパーが多い。でも全て大振り。
倒すか倒されるかの正直なこのスタイルで6KOは非常に少ない気がする。

厳選したんでしょう、打ち合わず距離をとり、足を使えば全く問題ないレベルにみえます。

あとは、21歳と若いので過去映像よりずっと進化、成長していることを願うのみです。
映像で判断させていただくと、プロスペクトのカテゴリには入れたくないな。

9件のコメント

  • アキラ

    ワクワクするような相手ではないですね。井岡チャンプを擁護する気はありませんが、マッチメイクは結局は本人には決定できません。いい試合をしてほしいです。
    今回の真の注目は和氣VSグスマンです。金平会長はリゴンドーも招聘しましたし、プロモーターとしてはやり手ですね。グスマンは防御面にスキがありますが、タフネスも持っています。恐らく和氣選手のパンチはクリーンヒットしても効かないでしょう。グスマンの暴風雨に飲み込まれ、中盤にKO負けと見ます。グスマンの実力、ちょっと楽しみです。

  • ダド マリノ

    この選手と対戦するのですか。あの補欠王者は。追い足がなく井岡の逃げボクシングにはやりやすそうな選手ですね。流石に鋭いですね、相手選びにかけては。前半逃げて後半相手が焦って出てきたところカウンターでKO、僕かっこいいですかってとこですね。グスマンはどれだけの強打者か興味ありますね。ただホーム開催で判定になった場合のおかしい採点は勘弁して下さい、鬼塚氏の場合も数試合おかしな判定がありましたので。

  • アキラさん

    子供のケンカの発展形というか
    その場でめいいっぱい打ち合いしてるだけに見えますが
    若さ、体力、柔軟性はありますね。

    打ち合いにもちこめたら、手数なら面白そうですが一流じゃないですね。

    グスマンは全KOの割に落ち着いたボクシングするなぁと感じてますが
    和氣の方を僕はよく知らないので捕まっちゃうんじゃないかとおもってます。
    日本で経験したことない強打でしょう。

    決定戦ですが昔の世界戦のようで強そうな相手なんでアリじゃないですかね。
    これが一番いいカードかもしれません、今年は。

    ダド マリノさん

    この両試合は音を消してみた方がいいかもですよ。
    和氣戦は気になるのでみちゃいそうですが
    ゲストや解説がおかしいので聞かない方がいいかと。

  • マイティ

    相手が大きいのかも知れませんが一回り小さく見えますね。

    レベコも小型選手でしたが…小さくてKO率の低い選手相手に防衛を重ねていくつもりのようですね、ライトフライ級に戻った方がいいです。

    もちろん実況はロマゴンと同郷のニカラグアの選手であります!とか連呼するんでしょうね。

  • マイティさん

    世界戦とおもってないので興味なしです。
    ただの記録として残しておきました。

  • どらごん

    ロマゴンのスパーリングパートナーでニカラグアの宝石と呼ばれるすごい選手なんですか?
    話盛り過ぎじゃないかな。(^^)

  • うっちー

    早速Yahoo!のニュースで盛った内容の記事が載ってましたね
    思わず笑ってしまいました
    ロマゴンの名前使えば、誤魔化せると思っているのでしょうか?

  • どらごんさん

    すごいですね。
    スパーなんてしたことないんじゃ?

    うっちーさん

    強豪扱いですね。
    ララを普通に応援しますが。

  • 冬好き

    ララは隙だらけ、ガードも低いし、スタミナモもない。やっぱり戦績だけだった・・・。ま、ちょうど良い噛ませですなあ。