長谷川穂積

スポンサーリンク


久しぶりの東京で秋葉原、御茶ノ水、九段下と寄り道しながら向かったら遅刻してしまい、粟生の試合途中からの観戦となりました。

過去最もしびれる試合でした。

長谷川VSモンティエル

やはり大方の予想とは違い、体格もスピードも長谷川有利ということはなくほぼ互角、こんなに高度な選手同士の戦いが日本人絡みで実現するとはおもいませんでした。のけぞって食い入るように観戦しました。

長谷川の仕上がりは最高で、モンティエル相手に前に出て全てのパンチに反応して主導権を握りました。やはり最高レベルのボクサーだと確認できました。

対するモンティエルも反応速度は最高で長谷川の完璧すぎる動きになかなか活路がないものの劣勢でいてずっと展開を模索しているようでした。一生懸命フェイントをかけていましたが長谷川に隙はありませんでした。

モンティエルがポイントで劣勢というのはめったにないことでびっくりしました。

先手で前に出ている時の長谷川のボクシングは完璧だとおもいましたが時折打ち返すモンティエルの左アッパーの精度がすさまじく空振りでも会場はどよめいていました。

4Rまで長谷川が失ったポイントはないとおもいます。予想通りの高度な技術戦でしたがラウンドマスドなら長谷川のフルマークが妥当。

4Rに入りモンティエルの戦術は少し変わったと感じました。リングをより広く使い、フェイントを多用し展開を変えようとする試みが見られました。活路がないから左にスイッチでもするかなと感じた矢先でした。

リナレスの陥落と同じ、一瞬の一撃で勝負が決まりました。情報によると左フックとのことでしたが前のラウンドから時折見せた鋭い左アッパーに見えました。

この一撃で立ったまま失神したかのように長谷川は陥落しました。残り時間を考えたらふっとばされるように倒れてしまった方がよかったとおもえるほど一瞬にして非情なエンディングでした。

放心状態でしたがモンティエルも大好きな選手だったのでおもったほど落ち込みはなく「やっぱりこうなったか」みたいな気持ちになりました。

痛烈に負けた長谷川ですがこの試合はさぞ楽しかったろうなと感じました。
それくらい天才同士の高次元の戦いでした。

負けた長谷川ですが普通に再起して世界を新たに獲るのは難しくないとおもわれます。
どんな相手にどの階級でだけが焦点でしょう。

自分がみた日本人の試合で最もハイレベルなものでした。
両選手に感謝です。

メイVSモズリーももしモズリーが勝つならば今日のような一撃でしょうか。

西岡VSバンゴヤン

磐石の勝利でした。いつのまにかスピードキングに加えてモンスターレフトという称号が追加されてましたがやはりその左を炸裂させました。

体幹を鍛えより安定したスタイルを身に着けた西岡はポイントも確実にとれる素晴らしいボクサーに進化しました。

いままで無敗の快進撃でここまできたバンゴヤンですが技術で太刀打ちできず世界の壁を大きく痛感したでしょう。開き直って打つ荒い右だけが頼りみたいな展開にさせられてしまいました。

その右が2ラウンドに西岡をバコーンと捉えて危ないシーンがありました。西岡につきまとう不安はこういうパンチだけです。あれはちょっと効いたでしょう。
次に予定されるムンローというボクサーもバンゴヤンに似た根性のすごいタイプなので乱戦に巻き込まれないようにクールに戦って欲しいです。

長谷川を攻略したモンティエルのターゲットにもなっているようで、世界王者5人といえど本当に頼れる存在は彼だけという状況ですのでこれからも頼みます。

粟生VSガルシア

途中観戦になってしまいました。
スピード、反応速度が上なので勝てる相手でしたが体力にてこずって苦労したようにみえました。相手が出てくるところに右アッパー、左フック、ストレートという単調な攻めの繰り返しに見えました。パターン化してました。しかし倒して勝ちたいという気概が感じられ、手数も出て押し負けず、KOしたことに成長を感じさせました。

榎戦から確実に進化してます。

ボクシングの醍醐味が凝縮された一日でした。

配布されたパンフレットのモンティエルの記事にこうあります。

「ハセガワの過ちは私を対戦相手に選択したこと。私は彼と体力勝負をして勝つのではなく、メンタリティーとインテリジェンスを駆使して戦う。科学者と対戦すると認識してもらいたい。これまで彼が片付けた相手と私が全く異なるボクサーであると痛感するはず」

まさにその通りでした。

いままでと同じ、イケるぞとおもったハセガワ陣営
手強い、戦術を駆使せねばと心を改めたモンティエル

天才、神の子同士の対戦は結果論ではあるがより経験豊富なモンティエルのインテリジェンスに軍配が上がった。
ずっと長谷川の出方を分析しながらフェイントを駆使し自分のアジャストのタイミングを計っていたということだ。

TVで見直したら印象ちょっと違いました。あの左フックは何なんですかね!すんげぇ!!そして仕留めが速くて正確すぎる。レフリーのストップは当然ですがタオル投げるべきともおもいましたね。