セレスティノ・カバジェロVSマイキー・ガルシア

スポンサーリンク


いろいろと注目の試合が続きますがマニア的にはこの試合が注目です。まだこれから入札だそうですが

カバジェロは180センチの反則的超体格でSバンタムを制圧、Sフェザー、フェザーで取りこぼし的な敗戦もありましたがやっぱ地力は相当でフェザーの王座に復帰しています。細野戦で初来日、強打炸裂とはいきませんが巧さ、距離の巧みさをみせて余裕の完封、やりにくいことこの上ない王者です。

そのカバジェロに挑むは超ホープ、マイキー・ガルシア、極めて優等生的なボクシングですが相手レベルが上がってもその完成度は変わらず。堅実スタイルに加えて硬そうなパンチ力が光ります。理詰めに攻めてきれいに倒す、ホルへ・リナレスのような天才だとおもいましたがそれに加えもっと大人なしっかりしたボクシングをします。世界王者より強そうにみえます。

決まったら興味深い対戦です。カバジェロは特殊な攻略しがたい王者ですのでガルシアの王道ボクシングがかみ合うのかどうか・・・

ガルシアはいつか王者になるだろうとおもってます。総合力が極めて高い、BOXRECによると身長が168センチなんだとか・・・
へぇ、もっと大きくみえますねぇ、その数字なら長谷川と同じなんですが、長谷川はバンタム~Sバンタムに見え、ガルシアはSフェザーやライト級でもいけるんじゃねえかな大きさを感じます。なぜなんだろう?

こんな強力な挑戦者相手でもカバジェロは自信満々のようです。まぁ経験と練習で自分に絶対の自信があるんでしょうなぁ、相手が誰であれ・・・まともに打たれたり、効かされたのはみたことないですし。

ですがそろそろ新旧交代の時期かとおもいます。組んだ関係者もカバジェロ陣営以外はみなガルシア一押しでしょう。
カバジェロはいつもそういう立場です。負けを望まれる非スターの扱い・・・うーんかわいそう。

なので心情的な応援はカバジェロにしたいとおもいます。
ですが今後を見てみたいのはガルシア。

これぞフェザー級というパワフルな対戦ですが長期王者のカバジェロがそろそろ陥落し、WBAのクリス・ジョンもそろそろでは?
なんて時の流れを読んでいるわけです。

クリス・ジョンはシンガポールだかでボクシング人生の集大成を賭ける木村章司と戦います。
木村も策士なんで大いに期待ですが潜在的には長谷川の最終ターゲットっぽくないですか?ジョン。

ジョンはアメリカで地味なボクシングでスターになりそこねた経緯があり今年は竜年ってことでドラゴンの異名を持つジョンは気合が入ってるそうです。
きっとKOに色気出してるとおもいます。そこが木村の勝利の鍵になるとおもってます。

ジョニゴンVSロハスは明日。日本に来たもの同士、フェザー級けっこう面白いです。

[tubepress mode=”tag” tagValue=”Miguel Mikey Garcia”]

2件のコメント

  • box

    長谷川VSガルシアだったら面白かったんですけどねえ。
    正直今回はカバジェロじゃないでしょうか。戦略の幅に差がありすぎます。
    身長をいかしてパンチを殺すことは慣れているのでカバジェロに軍配が上がるんじゃないでしょうか。
    ガルシアのパンチも硬いし重いですが、カバジェロがいやがるだけで決定打につながるかと言うとそうでもない気がします。
    長谷川とガルシアだったら長谷川が勝つ気がしますし、ガルシアが勝てるとしたらクリスジョンくらいじゃないでしょうか。
    今回は相手が悪いと思います。
    長谷川とガルシアが見たいです。
    多分同身長で長谷川にポテンシャルで勝てる選手は今のフェザーにはいないんじゃないでしょうか。
    もっとフェザーのトップと長谷川絡んで欲しいです。
    まあ、とりあえずは今回のこの試合はカバジェロの勝ちと見ています。

  • プクー

    boxさん

    長谷川はもうタイトルマッチしかやらんでしょう。
    前回の試合、今までと同じと書きましたが少しだけ長谷川がアップライトで大きく見えたような気がします。
    体が少し出来てきた?

    やっぱカバジェロですから大変な相手ですが王者になるにはこういう壁を越えねばならないわけで・・・
    それを成しえる切り札がガルシアであると自分はおもいます。

    そして長谷川も多くの厳しい声を乗り越えてもう一度王座に返り咲くとなんとなくおもってます。