パッキャオ・ゾウ・ロマチェンコ

スポンサーリンク


パッキャオの試合の前に呼び出しくらい未見。前座だけ熱心に見てました。
パッキャオはyoutubeでハイライトのみ視聴

ロマチェンコVSピリャピニョ

ピリャピニョは裏街道で築いた戦績はすさまじいが、王者の器ではない。
フェザー級では小さく、パワフルともテクニシャンともいえず策がなかった。
豊富なキャリアで培われたタフネスはすごかったが、右一本の相手にも対処できない。

ロマチェンコがコンプリートなサウスポーぶりを発揮しダウンも奪ったが
左を痛め、以降右だけで戦い抜いた。
右だけでも相手を上回ってのフルマーク。

しかし、アマで無敗の秘訣は多彩な動きとコンパクトに放たれるコンビネーション故。
確実に相手を上回るポイントメイクの賜物だ。
一発のパワーに乏しい、というか強打は打てないスタイルだ。

リコンドーのような距離感、自分だけ打って相手は届かないというような絶望的な強さとは違う。

これが勢いあるウォータースや片手一本になった時にドファイターで手数とスタミナお化けなグラドビッチだったら危なかったかも。

たしかに達者なハイブリッドボクシングだが、三浦のパンチの方がエグイしウォータースも然り。
アマで撃ち落としたヴェルデホの方がセンセーショナルなKOを見せている。

一流王者だが、怖さがないのを露呈した。
判定シャットアウト、もしくは一発に沈むかもしれない、リコンドーほどやりづらい選手ではない。

ゾウVSタイ人

タイ人27勝無敗とのことだが、スキルはあまりなかった。
ゾウはロマチェンコのようにアマの巨人ぶりを見せつけ早々にダウンも奪ったが
ロマチェンコ、ゾウのとるダウンは、テンポについていけず勢い余って倒れるという類のもので
ダメージはさほどでもない。

その後、アリシャッフル、ノーガードなどスキル自慢はしたが、ほとんど鬼ごっこであり
相手の捨て身のアタックの前に顔面ボロボロになってしまった。

これが、井上のはるか格上にいた選手なのか?

鬼ごっこは相当達者だが、パワーレスすぎる。

後半になると完全手打ちの当て逃げパンチを繰り出すのみ。
組み立てもなにもない。

先日のロマン・ゴンザレスの方が100倍プロスタイルの強豪ボクサーだろう。

次が世界戦だろうが、鬼ごっこで勝てる相手じゃないとそうとう厳しいだろう。

同時にまた、いままでピンチらしいピンチもないわりに相手の粘りにあいながら勝ち続けてきたのはさすがであり
井上相手にもアマチュアの貫録を見せれるのか、鬼ごっこ、ポイントメイクはより達者なのか?

とっても懐疑的だ。

パッキャオVSアルジェリ

さすがパッキャオだ。やはりプロボドニコフとは格が違う。
瞬間の勢いやパワーだけならプロボドの方が怖いくらいだが

パッキャオは踏み込み、効率、スピードなど総合力がまるで違う。
ロマゴン同様強烈な攻撃を断続的にできる。

アルジェリにとってはご褒美の記念挑戦になってしまった。
かなり体格で有利だったが何も関係なかった。
マルケスとやって勝つくらいのインパクトがなきゃ無理だ。

相性もあり、マルケスとは接戦続きのパッキャオだが、やはりまだまだ頭ひとつ抜けて強い。

旬を完全に逃したが、メイウェザーとやるとなればメイウェザーは見栄え、逃げ勝ちに徹するだろう。
その逃げ勝ちの確率が相当高いが、今日のパッキャオならグイグイ追い込んでくれるかもしれないとやはり期待できる。

強い選手は続々と出てきているがたとえばダニガルあるいはマティセVSパッキャオのような
試合はもう必要ない。

VSメイウェザーだけでいいとおもう。

負けない偉大さはメイウェザーだが断然熱く面白いのはパッキャオであり
そういう両者が戦うなら世界中断然パッキャオ支持となるだろう。

8件のコメント

  • CHI-

    前田日明氏が

    「30過ぎたら一度落ちるけど、それからまたグッと上がる時があるよ」

    みたいなことを言ってました。昨年のJリーグのMVPの中村俊輔も35歳ですし、第2のゾーンが来たのかもしれませんね。

    散々「峠を過ぎた」と言われたパックですけど、もう一花咲かせることを期待します。

    メイに勝ったら泣いちゃうなあ

  • ゾウの試合を見てましたが、何度見てもそのパンチはペシペシという音が似合うモノです。
    フットワークやディフェンス、ポイントメイクできるパンチにはさすがオリンピアンと唸るものありますが、
    ファイト中の彼の余裕を見せ付けるようなアピールが多いのはきっちり倒しきれない裏返しであると感じますね。

    そして同じアマチュアのトップ出身のリゴンドー。
    ボクシングセンスは言うまでもなく、抜群の距離からの美しいストレートで”強い相手”を圧倒できるし、KOも出来る。
    慎重になりすぎることも有るかもしれませんがどんな相手でも支配できるスキルとも言えます。

    出身やバックボーンで冷遇されたり優遇されたりするのはせめてボクシング界の中ではナシにして欲しいものです。

  • camaro

    ロマチェンコは片手でフルマークなんて凄いですね。
    確かにウォータースの方が一発あって怖いけど、勝てるかと言われたら…?
    まぁプロではまだ新人なんでこれからという事で(笑)

    ゾウは上手いしチャンピオンになるでしょうが面白くない。
    ペチペチ打ってるだけで絶望的につまらないしあれを12R見るのはキツイです。

    アルジェリはデカくてアウトボクシングされたら危ないかもと思ってたら完全に予想が外れました。
    もうvsメイウェザーしかないでしょう。
    アラムはバルガスとなんて言ってるらしいですが誰が見たいんだそんなクソカード。

  • プクー

    CHIさん

    パッキャオはマルケスに一発食らいましたがグイグイ攻めてる時が一番彼らしいですね。

    マルケスはブラッドリーには敵いませんでしたがパッキャオは実質2勝してますし上だとおもいます。

    メイも最近落ちてきてるし可能性はありますね。

  • プクー

    Camaroさん

    ロマチェンコもゾウもアマチュアで負けないスタイルでプロ向きでないところがありますね。

    倒すタイプでなく見映えがいいタイプ。

    ロマチェンコの方は右一本でも色んな打ち方してて楽しめましたがゾウの方はまさに当て逃げ。

    スローな相手ならさばききるでしょうがルイコンやビロリアタイプなら捕まるかもしれません。

    タイプがさらけでて面白いですが。

  • プクー

    八さん

    勝てない、相手がみつからないという点ではリコンドーが最高のアマチュアですね。

    ゾウなら井上や八重樫でも

    ロマチェンコも内山や三浦ならひょっとしてという面があります。

    ロマチェンコは実績すごいしライト級も制してるんでまだ底力はあるのでしょうがゾウはタイプがはっきりしましたね。

    井上の方が強そうにみえるぞ。

  • ジャック

    私見ですが、ロマチェンコもゾウもプロとしては単にキャリア不足なのでしょう。 長谷川みたいな例もありますし、ロマチェンコは何年か先には対戦相手が居ない、なんてことになりそうな気もしますが、ゾウは時間がかかりそうな気がします。ゾウの方が残り時間が少ないのですが・・

    パッキャオは格の違いを見せつけてくれましたね。 最初の3つはスリップやプッシュに見えましたが、4つ目は完璧に捉えてました。 ジョー氏の言ってた通り、カウント9まで数えて背中見せてる相手はカウントアウトすべきだったと思います。 アルジェリも心折られてたような気がします。 メイ戦、実現するでしょうか。

  • プクー

    ジャックさん

    たしかにその通りです。
    倒せないんじゃなくてアマチュアイズムが抜けきれないのでしょう。

    ロマチェンコなんて全てが手本みたいで唸ります。

    ただゾウは年齢的にもパワーアップは難しいしアムナットとどっちが達者かみたいなスタイルが顕著な人ですね。

    王者にはなりそうなんでパンチとスピードある相手にどうかですね。

    是非日本人に乗り越えて欲しいアマ王者です。

    パッキャオはやや落ちた感がありますが昔と変わらぬ強さがあるとおもいます。

    メイは相当警戒してるんでしょう。

    薬物だって昔言ってましたし、分析不能なところがパッキャオにはありそうです。