長谷川穂積VSオラシオ・ガルシア直前

スポンサーリンク


メイ・パックより緊張しているこの試合、ついにやってきました。
オラシオ・ガルシアのことを何度か記事にしてきましたがそれはどんな選手か、長谷川に勝機があるのかを確かめたかっただけです。
ラファマル、モラレス、ジョニゴン、イスバス、数々のメキシコ超一流の継承を感じるガルシア、
キコ・マルチネスよりスケールが大きく、全盛期であっても勝てるかわからない相手に見えるが、やはり長谷川のコンディション次第だろう。

誰に勝っても、負けてもおかしくない、当たり前だがそういう選手だ、特に今は。

全盛期の長谷川なら期待できるがダメージと加齢で衰えた今の長谷川では厳しい。相手が強すぎる
というのが大方の予想だろう。

しかし本当にダメージや劣化があるのかは本人にしかわからない。
自らこの相手を選び、調整してきたからには自信もあるだろう。

今となっては、全盛期を彷彿させる、絶好調の長谷川を信じて応援するしかない。
あるいはディフェンスや戦術の進化、成長も見たいところだ。

モンティエル戦以外の長谷川の敗戦は相手の技術よりも体力やパワーにつぶされた印象だ。
階級アップが裏目に出た、バンタムだから力が発揮できたのだとおもわせる負け方。
なので、超ハードパンチャーで体格もいいガルシアは相性的にも危ない相手だ。

あえて、苦手タイプの本格的な選手を選んだとおもわせるマッチメイク。

長谷川が強かったころは際どいタイミングを支配してほぼノーダメージで勝ってきた。
逆に打たれた試合は全て苦戦、一発で散る、一発でほぼ決まってしまう。

なのでこの相手に対し無茶な打ち合いをしたら必ず強打を浴びて深刻に効かされてしまうだろう。

ガルシアは強いが変則的なところはなく、直線的に強打を振ってくる正直なスタイル。
攻撃こそ最大の防御となっているところがあり、あまり守ることが少ないので上手いとはいえない。

スピードも技術の幅も長谷川の方があり、見栄えはいい。

有効打を食わない展開であれば長谷川のスピードがポイントを抑えるだろう。
それには、パッキャオと戦ったメイウェザー並みの慎重さが必要だ。
プレッシャーにつぶされたり、ヤケ気味に打ち合ったら一発で沈むと覚悟しておいた方がいいだろう。

とはいえ単純にアウトボクシングをすればいいというわけではない。
長谷川は八重樫と同じカウンターパンチャーでありアウトボクサーとはいえない。
タイミングと踏み込みの選手なので必ずヒヤヒヤのシーンはあるだろう。
といかくパンチをもらわぬように動きたい。

長谷川のパンチも割と大砲が多いので、先にいいカウンターを当てたら昔のアレハンドロ・バルデス戦のような速攻決着もあるかもしれない。効かせたら詰めは鋭い。

両者、しっかり仕上がったようだが、体つきがいいのはガルシアだ。無駄な肉はゼロ、いかにもパンチが強そう。

当日の体重は長谷川の方が重いかもしれないが、パワーも馬力も耐久力もガルシアの方が絶対強い。
バンタムと同じ戦いはフェザーではできない。
過去と同じような強気な打ち合いは破滅を招く。

長谷川の出来がどうこうよりも、オラシオ・ガルシアを攻略するための戦い方があるはずだ。
昔の強さを誇示するよりはこの若きホープに負けない戦い方を遂行すべき。

9件のコメント

  • 野上のタケ

    お世話様です。

    ラスベガスで、粟生のセコンドに
    真正ジムの会長がいたことに
    驚きました。
    長谷川にとって、ジム、トレーナーを
    変えることが必要と考えていますが、
    なんと、トレーナーが変化を模索
    している状態と感じました。

    さて、これがどのように長谷川に
    影響するのか。
    ちょっと楽しみになりました。
     だって、帝拳とのコラボですよ。

  • プクー

    野上のタケさん

    書き忘れました。

    粟生と長谷川の絆は深いですが
    粟生のようにベルトランの正面で打ち合い覚悟
    パンチを受けとめるような試合は禁物ですね。

    粟生はスカッ倒して勝とうとしていたとおもいますが
    蓋を開けたらパワー差が想定外だったとおもいます。

    長谷川はボカッと食わなきゃ勝てるとおもうんですがね。

  • chaki

    始めてコメント書かさせて頂きます。
    長谷川の試合は何試合も見に行きましたけど、今回の相手は最強挑戦者ではないかなと思います。
    今回の試合は、相手の正面に立たず打ち終わりは必ずサークリングすることさえ気を付けたら勝てる?かなと思うのですが
    ただいつもの悪い癖、ロープを背にした打ち合いをしたら間違いなく散るかなと私は思います。

  • プクー

    chakiさん

    強そうなオーラが顔にも体にも試合内容にもありますが
    激戦の階級で王者になれるかどうかは未知数かとおもいます。
    そんなに強い相手と戦ってきてないです。

    アウトボクシングをしろと単純に言っても
    長谷川はアウトボクサーじゃないですね、ジャブもないし。

    見切ってカウンターを合わせる
    打って打たれない

    そういうボクシングができるかですね。

  • プクー

    鬼ごっこのタッチゲームでも構わないので今回はきりぬけて欲しいです。

  • プクー

    これだけのパンチャーでも8つKOを逃している点
    ガルシアにとっても長谷川は過去最強の相手
    敵地、長谷川が呼んだ相手

    ということでクレバーに戦えばKOはされまい。
    技術、経験で勝るだろう。

    キコ・マルチネス戦よりコンディションよければ大丈夫
    と自分を励ます。

  • カイチョ

    いつもたのしく拝読しています。
    長谷川好きです、打たれたらムキになって打ち返すところも好きです。やられたらやり返す。見ていてヒヤヒヤドキドキ手に汗握ります。
    打ち合わずに大人のボクシング、進化しているのか、していないのか?愉しみにしたいと思います。

  • プクー

    カイチョさん

    ガルシアとても強くみえますが
    ブルゴスくらいだったりして?
    なんて見込み違いも期待してます。

    少なくともまだ完成されてないでしょう。

    顔面も小さくてやりにくそうなところありますが
    どこかで進化した長谷川がみれるといいなぁ。

  • れい れなーど

    ラファマル、イスバスの継承を感じますね。長谷川は感情移入できる最後のボクサーかもしれません。奇跡よ起これ。ただただ祈るだけです。