フェルナンド・モンティエルVSホルヘ・ララ

スポンサーリンク


今日は色々試合があったみたいでこれからゆっくりチェックしようとおもいますが
この試合は先日の内山戦のデジャブのような内容でした。

ホルヘ・ララというのは戦績はいいが、ローカル選手で強豪との対戦がなくモンティエルが有利だろうと言われてましたが蓋をあけたらスピードと強打を持ついい選手でした。粗さ、未熟さもたくさんあるとはおもいますが。

そういう若者が古豪のベテランを食ってやろうと初回から飛ばし、勢いに押され対処しきれないモンティエルが先に致命的なパンチを食ってしまいました。これも最初のダウンでほぼ勝負ありでしょう。

ラビットパンチなどモンティエルには納得のいかない試合だったでしょうが、若いホープはこういうことをしてくると十分注意すべきで完敗といえるもの。ベテランになるとキャリアも技術も円熟味を増すでしょうが、確実にスピードに対処できずダメージが抜けにくい、効きやすいという劣化はさけられないようです。

ファンだけに悲しいシーンですが、これがボクシングの新旧交代、過酷な時の流れなんですな。

ホルヘ・ララが王者候補かといえばそれほどじゃないとおもいます。

4件のコメント

  • モンティエルはここ数年で顔が一気に老けたような感じがします。
    一発目は側頭部にラフなのをもらったみたいですがああも効いてしまうんですね。
    ダメージの残るKO負けするとやっぱり耐久力が落ちてしまうのですかね。

    ドネアも階級上げて同じようなパンチで沈みましたが、なんとか持ち直してる感じかな。
    みんなパッキャオになろうとするんですが、中々、というかほとんど無理なんですよね。
    それが普通なんでしょうが。

    井上なんてどうなるかなぁ。
    将来的にはバンタムにはもちろん上げると言ってますが、どこまで上げていくか。
    サイズはちょっと気がかりです。

  • 八さん

    内山もそうですが
    違った出だし、展開になれば
    こういう結果にならなかったとおもいます。

    結果がそのまま実力差ではない試合。

    けれどこういう交通事故的な展開もあらかじめ想定して準備すべきでした。
    内山陣営ももちろん。

    対戦を目指していたヘスス・クエジャールもホルヘ・ララみたいなところありますし。

    井上は仕上がりは過去最高で、スパーで倒しまくってるとか。
    圧倒的な内容で勝つと宣言してます。内山と同じ発言だ。

    どんな能力高い選手でも先にいいの食えばそれで終わり。
    強気発言の裏で最高の準備をしなければですね。

    井上はまだまだ大丈夫だとおもいますが。

  • ブリブリボクシングファン

    悲しいシーンですね。
    ララ、いい選手ですね。
    上がってくるかどうか、これから次第と
    いうところでしょうか。

  • ブリブリボクシングファンさん

    一方的な勝利ですが
    わかんないところだらけですよね。

    スピードと強打はあるとだけしか。

    チャンスだったんで一気に攻めましたが
    ラビットパンチもダウン後の加撃もありでラフすぎです。

    しかしいい教訓です。

    井上とやるカルモナはおとなしい技術の選手ですが
    普通にやっても勝てないので何してくるかわかんないですよ。