スポンサーリンク



階級別 フェザー スーパーフェザー

ロマチェンコVSマリアガからの妄想

更新日:

週末はライブ実況はおろか、観戦もできず、PCから離れて彷徨っておりました。結果は予想どおりだが、3連続ノーマスになるとは・・・

マリアガ、実質オスカー・バルデスに勝ちに等しい試合を演じ、体重差でウォータースに敗れるもアマでは勝っており、プロでもKO率高い無冠の帝王とおもっておりますし、ベルトを巻けるレベルと信じています。実際、ロマチェンコに対し全てを出したとおもいますが・・・

ダイジェストしかみれてませんが、ダウンは全て効いたパンチというよりは、様々な角度から超ハイテンポでパンチが出るのでガードしきれずバランスを崩したというものにみえます。そして、このまま続けても状況を全く打開できないゆえのギブアップ。

これでもう、フェザーでの格付けも完了ではないでしょうか?

ゲイリー・ラッセル>オスカー・バルデス

であると・・・

そして、人気試合ではあろうが、レオ・サンタクルスVSアブナー・マレスも興味は薄れるし、カール・フランプトンのSフェザー進出も相手を限定した活躍にとどまることでしょう。

体格差のある試合はあまり興味が沸かないので、VSロマチェンコで興味があるのは

ザ・クラシカルパーフェクトなマイキー・ガルシア
ザ・ノリノリイケイケなジェルボンタ・デービス

との試合だけです。
両者、チャンスさえあれば逃げる気など毛頭なさそうですが・・・

ロマチェンコの強さ、この結果は想定内として他で気になったのは

オスカー・バルデスVSジェネシス・シルバニア

が決まったことです。この試合は痺れます。

チャンスを求め日本に来て逆に試合枯れ気味なシルバニアですが、井上尚弥のスパーリングパートナーとしてよく名前が出ています。

彼しか相手になるパートナーがいないからとも想像できます。ついでに大橋ジムの清水とのスパーなどもやっているそうですが、日本人が世話になっているからには総力をあげて応援したい気持ちです。よくこんなチャンスを掴んだな。カシミジムの姿勢は素敵だ。

バルデスもまた、大沢、シルバニア、マリアガなど、なかなか好感の持てるマッチメイクです。勝てると踏んで選んでいるのでしょうが。

少し前のインタビューになりますが、多くの日本人ボクサーが井上を大絶賛する中でシルバニアだけは

「たしかスパーした事があったかな、左が強い選手という印象だ。僕の階級に上げてくることがあれば是非戦ってみたいね」

なんてクールな発言をしていました。
今ではスパーも重ね、もっと違う印象に変わっているでしょうが。

実はこの対戦の先を読むと、シルバニアは健闘むなしく敗れ、フィリピンの本命、マーク・マグサヨがその仇をうつ構図が浮かんでしまいます。かつてマグサヨについて調べたことがあり、フィリピン国内アマで輝かしい実績を残したマグサヨが最初に感銘を受けた、大きな壁となって立ちはだかったのが、このシルバニアであったとどこかで読んだことがあります。当初はそのくらいのプロの洗礼を浴びせたという事でしょうか?

元々階級下の選手で日本の冨山ともダウンの応酬を演じた過去もあるシルバニアですが、無敗なのに長く待たされたうっぷんと、井上とのスパーで磨いた技術で、是非メキシカンアイドルのバルデスを破って欲しいなとおもいます。井上は仮想バルデスに最適だとおもいます。

けれどシルバニアが勝つには明白な勝利、ノックアウトなどが必要でしょう。バルデスやネリが活躍しなければその他にあまり有望な若手がいないのがメキシコ軽量級の現状です。
そんなに険しいサバイバルを勝ち抜いてきたわけではないが、昨今29戦全勝で世界初挑戦というのは好感が持てます。十分なキャリアです。

厳しいけど本当にいい試合が決まったとおもいます。
軽量級の本場はメキシコからフィリピンへ・・・を期待します。

来日しているドネアと岩佐のスパーリングなんかも気になるなあ。
小國に圧勝したいならドネアであっても互角以上な内容でないとあかんとおもいますが・・・

近隣階級に様々な王者、いい試合があったとしても
リコンドーやロマチェンコという別格がいるという事実は不変であり、考えさせられます。
王座がひとつだったら絶望的といえる次元です。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

-階級別, フェザー, スーパーフェザー

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2017 All Rights Reserved.