楽しみな2試合の妄想

スポンサーリンク


今週末はビッグイベントもなく、15日の山中から始動かな。記録絡みで、タイトルホルダー以外ではかなり楽しみなネリという相手なので注目です。
平和なので最後に楽しみな2試合の妄想をしてみたいとおもいます。

山中慎介(帝拳)VSルイス・ネリ(メキシコ)

日本人ボクオタは皆山中の勝利を祈っていると同時に、この試合がどこか内山VSコラレスと被る気がしているとおもう。過去試合で突出した怖さはないけれど、今メキシコで最も期待されている軽量級選手がネリでもあります。その全勝キャリアと期待値はジェスリル・コラレス来日時より上でしょう。

12歳の年の差、挑戦者の姿勢でネリが序盤から臆することなく仕掛けてくるだろう。この選手の特徴は風貌通りにやや黒人的でパンチのフォローが長く、単発でなく連打で来ること。好戦的なのでタイミングで被弾しよくダウンもしているが、効くことなく反撃して逆転してしまう。黒人的でガードは低め、ボディワーク主体なので、隙はあるが、攻撃力と勢いで相殺している感じです。攻防融合しています。

アマでは10戦足らずのキャリアしかなく、プロで磨かれた選手のようです。

個人的な注目点は山中が進化しているのか劣化しているのか?元々硬めとおもわれる柔軟性は益々失われ、特に膝が固いアップライトで、右ジャブを基点にビシビシ左を打ち込むシンプルスタイル。シンプルであるほど強いようにみえる。この代名詞の左がどんなに研究、対策されても突き刺さる。モレノでさえ、かわせなかった左は試合が長引けばネリに絶対刺さることだろう。

鍵は序盤にあり。

最重要は序盤で、挑戦者のネリが積極的に来るだろうし、山中にとっても、ネリの柔軟性と手数、パンチの軌道は慣れが必要だろう。左のダブル、ロングフック、アッパー、日本にない打ち方をしてくる。ダウンを食ったリボリオ・ソリスよりバリエーションは数段上だとおもわれる。序盤をダメージなくやり過ごすことができれば、硬くて強い山中の槍のようなパンチに、ネリは攻め手をなくしていくだろう。

結構リスキーなタイミングで左を狙い撃ちしていく最近の山中、モレノがやったような左の打ち終わりの右フックやアッパーには要注意だ。あれが山中攻略の手本であり、ネリ陣営も狙っているだろう。

リスキー要素満載の組み合わせだが、山中の強い左が最も当たりやすい体格差、かつ当たる距離のスタイルでもあるので、若さや勢いに呑まれることなく丁寧に対応すればKOチャンスは訪れるはずだ。イケイケで踏み込めるほど山中の左右ストレートは甘くない。山中が負けることがあるとしたら、熱戦の末のギリギリではなく内山VSコラレス①みたいな事態だけだろう。

それでも、危うさを考慮して

6-4で山中

かな。

オスカー・バルデスVSジェネシス・セルバニア

シルバニアからセルバニアに変えました。

軽量級ではこの試合が一番興味深いです。やはり何度も妄想したい。

ジューさんのコメントにほぼ共感ですが

セルバニアやっとタイトル挑戦が決まりましたね。彼も昔から応援してる選手なので、ぜひ勝ってほしいです。テクニックではバルデス、パワーではセルバニア。セルバニア体の硬さは気になるんですが、パワーで粉砕してほしいです。

パワーでもバルデスが上な気がします。
五輪2度出場、母国ではクアドラスより格上であったろうバルデスの強さは本物です。欠点の少ないセルバニアにも大いに期待できますが、よく似ていて全てがセルバニアよりやや上そうなマリアガをなんとか退けた底力は評価。世間では7-3か8-2くらいでバルデスではないでしょうか?

ただ、バルデスという選手はかみ合います。運動量、回転力自慢の正直なボクシング。そしてかなりのフック野郎です。そこをセルバニアのキレイなストレートやアッパーでインからこじ開けて欲しいとおもいます。

積極性とパワー、見栄えでバルデスが上回りそうなので、堅実で効かせるパンチをセルバニアは打ちたいところです。十分勝機がある相手だとおもいますが、勢い、人気差でバルデス有利でしょうか?すごいアマ実績の選手ではありますが、スパーを重ねた井上ほどではないと信じてセルバニアの戴冠を期待します。

本場ではバルデスとセルバニアでは商品価値、経済効果が違うので、判定だと厳しいとおもわれます。もう、サンタクルスやマレスは過去に追いやって欲しい、そんな熱戦を期待します。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシング ブログランキングへ

28件のコメント

  • れい れなーど

    ほんとにコラレス内山①と被りますね。
    しかしリアルホセメンドーサ山中は必殺のコークスクリュウー神の左でこのまだ恐い者知らずの若いメキシカンを倒すとおもってますが、ネリーの顔もすごく調子良さそうで、また1ラウンドから凄まじい試合なりそうですね。ネリーのミットうちみると強烈なアッパーやフックをダブルトリプルで打ち込んでてすごい筋力だなと感じました。恐ろしい試合です瞬きすらできないくらい国内年間最高試合はまた山中の試合だとおもいます。
    ジョーさんはフィリピンの選手昔からすきですね。

  • あれほど硬くなった山中がいまさら柔軟性を取り戻して足でさばけるなんて到底思えないです。
    本当にステップを多用して戦うのならば、中途半端なスウェーで良いものを食らってダウン、
    追撃で山中のKO負けと予想します。

    突っ込んできたら距離を潰して、離れたらひたすら左を突き刺す作業に没頭した方が
    勝つ確率は上がる気がするんですが。

  • プクー

    れい れなーどさん

    山中はかなり特異なスタイルを極めたサウスポーなので
    固いとか、バリエーションに乏しい点は無視していいとおもいます。

    ネリに左右ストレートで圧勝できるようだと信用が増しますね。
    そうなる確率もまた高いと願います。

    八さん

    最悪なシチュエーションを考慮すると
    ネリの積極性と多彩で伸びるパンチに遅れて惨敗という絵も浮かびます。

    13度目の防衛戦といっても
    バーネットVSザキヤノフ、本場のバンタムに比べてどうなのよという自分もいます。

    けれど、ソリス戦もダウン以外はコントロールしていたし
    やっぱり抜けているとおもいますのでここはクリアするのでは?

    コンディションがわかりませんが、モレノ戦と同じ山中でいいとおもいます。

  • 一瞬のマ夏

    山中に13度防衛についての意識があると綻びがでるかもしれません。固くなって左一辺倒になりジャブやフェイントからの丁寧な組み立てが見えないと厳しくなるかもですね。しかし個人的にはソリスを結構買ってますので、今回のネリ、ソリスほどではないと思います。また、山中って日本人にしてはダウンの後のリカバリーが出来るので、ダウンする場面があったとしても勝てる相手だと思います。
    大切なのはモレノ戦で見せたような試合に対する集中力。心技体の心が大事と思います。
    セルバニア、よくぞここまで辿り着いたと思いますが、フェザーでかぁ、、、という気持ちです。バルデスに対してもSバンタムの方がと思っていたのですが。。。
    バルデスはKO率が物語ってますが仕留め時を逃さないしセルバニアには厳しい試合となるでしょう。でも応援したいバックグラウンドですね。

  • うっちー

    期待と不安でいっぱいです
    過去の試合映像だけなら、山中選手の方が上な気がしますが、かといってちょっとでも気を抜いたら危ない相手です
    ただ、内山選手以上に骨のある選手との対戦が山中選手にはあるので、そこの経験が活きてくれれば、と思っております
    セルバニア、僕も楽しみです
    ようやく世界戦ですか
    とても強い王者が相手ですが、勝機もあると思います

  • クッパ

    自分の強さを信じて疑わないようなネリの勢いが怖いです。逆を言えば先に恐怖を与えてしまえば山中がコントロールしてKOしてくれると期待しています!

  • 金平糖

    判定ではネリはどう頑張っても勝てません。何とか倒しきってほしいと思います。

  • 杉川

    多分判定まで行ったら内容でも山中が対応した証拠なのでネリの明らかな優勢な判定勝ちはないと思います。

    ネリが勝つとしたら圧勝での5RまでにボコボコにしてKO。それ以外の展開だと判定にしろKOにしろ山中が勝つと思います。

  • プクー

    ネリがどう来るかわかりませんが、帝拳陣営は言葉通り、足使って距離キープし相手が来たら左ズドンのシンプル作戦でしょう。奇策はなさそうです。それが山中らしいのでいいとおもいますが、どうも三浦の度々の序盤失敗でセコンドに対する信頼感はないです。多少KO 意識して積極的になるかな。

  • うっちー

    ホントに序盤ですね、怖いのは
    あと、優勢に進めてたのに、勝ち味の遅さが災いして一発もらってしまうとか
    ただ、今回に限らず山中選手の試合は誰が相手でも常にヒヤヒヤするんですよね
    それでも勝ち続けてるのだから凄いのですが

  • れい れなーど

    ネリーが先程無事一発でパスしたようで一安心です。最高の試合には最高の準備を。山中は前日にステーキと野菜、水分も採ったようでこれが事実なら凄いなぁと。内山といいどんだけ普段から節制した日常を送ってるんだと。明日は圧勝です。

  • プクー

    圧勝か惨敗、KO決着濃厚そうですよね、今回特に。

  • まあ予想通りです。
    もう反応が完全に遅れてますし、作戦以前の問題かもしれませんね。

  • あな

    まぁリアルな結果って奴ですかね 年ですし、結局のところ内山の二の舞と言えるでしょう 怒濤の引退ラッシュ 節目の年なのかもしれません 亀海だけは生き残ってくれ

  • 一瞬のマ夏?

    う~ん、正直しょうもない内容と結果でしたね。年齢差一回りがまんま出たという感じでしょうか。ネリのパンチに反応が遅れているのもですが、山中の左も数発当たったと思いますがそれにネリがひるんでいませんでしたね。それが今までと違いました。やはり前半は気を付けなければいけませんでした。。。

  • あな

    山中の反射と衰えはよくわからないですが、1つハッキリ言えるのは見切りと攻防分離のストロングスタイルはハンドスピードがキャリアの面子より早い場合見切る前に効かされる場合が多いですね
    内山も長谷川もそう 内山なんかは攻防充実して足りないのは経験だけと思ってましたが、結局のところこのスタイルだとこうなるのもりえるのかも
    完成度高いですが井岡も今度の相手にもしかしたら・・ そして井上もスタイルはこれです
    やはり自分はロマチェンコや村田や亀海や田中や比嘉のボクシングに進化を見ますね

  • 確かに井上も序盤からこういう感じでファイトすることが多いですね。
    ただネリとはスピード、組み立て、パワーが全く違いますが。

    セコンドは左ショートを進言して距離を自ら潰させこの結末。
    せっかく1,2ラウンドはジャブと左ボディストで距離作れてたのに。
    確かに危ない予兆はありましたが大失敗でしょう。
    遅かれ早かれの感はありましたが。。

  • マイティ

    セコンド入って来んの早ぇよ!と、思ったりしましたがしょうがない打たれ方だったんですかね?

  • 金平糖

    いっそのこと手ついてダウンしてしまえばいいと思いましたが。

    楽な相手とばかりとしてるからピンチに陥るとパニック起こしちゃうんですよね。

    内山も。

  • あんなボコボコに打たれて、体勢もフラッフラ。
    どっちにしろ止められてたと思います。

    楽な相手とばかりというのもありますが、
    こういうシーンを想定していない、トレーニングでも軽く捉えてるんじゃないでしょうか。

  • 帝拳本田「速い相手の攻撃に耐え、倒れても後半で、という狙いだった。(山中は)調子がよかったから耐えていたのに、それをどうして止めたのか」

    もう色々バカすぎこの人。
    浜田も阿呆なこと言ってるし、このジム普通に嫌いになりました。

  • あな

    選手それぞれ向き不向きがあるわけでセコンドの戦略を一概に否定するわけにはいきませんが、()三浦の序盤はかいぜんされなかったですがあれが限界なのでしょう、それにしても最悪な作戦ですねー
    本当にそう思ってるのかな
    …ボクサーは考えてることを正確にアウトプットしてくれないから自分ら素人に毛が生えた観客があれこれ推察するわけですがもっとちゃんと解説して欲しいです メイやゴロフキンがなにも考えてない訳がないですが、コメント見ると大したこといってないです
    村田やマルケス兄みたいにちゃんと言葉でアウトプット出来る人がセコンドについたらどういう風に試合は動くのか、見てみたいですね

  • マックス

    ソリス戦もそうですけど、ダウン食らってからの逆転はありますし、モレノの時もそうです。ここ最近の帝拳トレーナーはおかしいと思うところが多々あります。石本選手も早いタオル投入が疑問でした。あんたらトレーナーは仕事がこれからもあるでしょうが、選手はヘタしたら引退もありえるわけで。

    山中も引退濃厚と思います。少し過保護といいますか、もう少し選手の力を信用してもいい気がしますが。こんなのばかりだったら大逆転とかなくなって、つまらないボクシングばかりになってしまいしますね

  • 素人

    流れの中でパンチ貰って突発的ダウンと、今日のようにパンチ貰いまくって我慢して我慢してからのダウンじゃあまったく違うと思います。
    あのまま我慢して持ち直せとか選手の体考えてないでしょう

  • 流浪

    昨日のタオル投入は妥当では?
    全然早くないタイミングだったと思いますよ。
    あのまま続けてたとしてもレフリーストップかかってただろうし。
    ああいう中途半端にボコボ打たれるのが一番危ないですよ。辻の前例もありますしね

  • タイガーAKIRA

    引退よりもやはり生死の方が重要なんですよね。
    選手はそれも覚悟してリングに上がっているとはいいますが、やはり起こってしまうときはあっけなく
    本能で立ってしまう選手を守れるのはセコンドだけなのでタオルの判断を支持したいと思います。

    それよりも会長の4Rも作戦通りで進逆転できたのだからストップは早いというセコンド批判や
    山中の「たいしたこと無かった、そんなに打たれてないし効いてもいない」という発言の方が気になりますね。

    たとえ村田のように打算であっても潔く振舞って欲しいものですね。

    内容としては以前の動画に比べガードを高く上げ、踏み込むタイミングに全神経を集中させたような
    ネリ陣営がおみごとでしたね。

  • ボクシング好きのオヤジ

    私もあのタイミングでタオル投入は致し方なしと思います。
    1Rからあのネリの伸びてくる左はタイミングが合ってましたし、効いていない序盤の山中は2発目、3発目の追撃をかわせていたのですがあのシーンは効いちゃっていて被弾待ちのような状況だったと思われます。
    クリーンヒットが無かったのでセコンドも躊躇していたのでしょうが直前の一発がタオル投入の引金になったのでしょうね。
    この次有るのかどうかわかりませんが、致命的ダメージを避けられたのはラッキーだったと思います。
    しかしネリのパンチは伸びてきますね〜
    日本人に無いパンチでしたね。
    それにしても本田会長の発言は賛成できません

  • プクー

    私の意見は別記事で書きました。
    あのままだとセコンドが止めなくてもレフリーが止めていたかな。
    山中は逆転の一発を狙っていたとおもいますし死んでなかったですが。

    今回は皆さんの反対を押し切り本田会長に同調ですが
    あんなに劣勢な姿をさらすとレフリーが止めてしまいます。

    金平糖さんの言う
    楽な相手とばかりとしてるからピンチに陥るとパニック起こしちゃう

    かな。的確なのは。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)