ヘビー級制圧!クリチコブラザーズ

スポンサーリンク


ヘイ戦が皆が懸念してるような内容で幕を閉じ、ついに主要団体の王座すべてこの兄弟が制圧しました。

本場での人気はイマイチのようだけれど、タイソン以降最も高い壁として君臨する絶対的な存在のヘビー級です。
アメリカ黒人の低迷が久しいこの階級において一体誰がこの兄弟の壁を突破するのでしょうか。

以下尊敬するGOさんのブログからの引用

ウラジミール・クリチコ:
『見渡してみると、私と戦えるファイターはいるのかい?世界最高のPFPファイターと戦うとなると、もしかしたら、マニー・パッキャオへでも対戦を呼びかけた方が良いのかな。でもあまりのサイズの違いにミスマッチになってしまうしね。』

『私と戦えるファイターはまだいるだろう。ポベトキン、チソラ、ボイツォフ、フュリー。デビッド・ヘイは今は必要ないよ。彼はこのレベルでの戦い方をまだ知らない様だしね。彼はそれを理解していない。もっと良い試合が出来ると信じていたけど、実際は何もしてこなかったじゃないか。奴の暴言が全て奴に跳ね返ってきたんだよ。ジムでは凄い動きをしていたんだろうけど、真剣勝負の中じゃ心理的に無理だったんだろう。プレッシャーを感じていたんだろうね。』

となると…いよいよヘイは引退か。それとも兄貴へ挑戦か。

『エマニュエル・スチュワートとも話をしたんだけど、クリス・アレオーラも良いね。アレオーラは経験も積んできているし、最近はウェイトも落として凄く調子が良さそうだ。ニューヨークのMSGで試合がしたいね。あの観衆の前で又試合がしたいんだ。イブラギモフとブロックと戦ったけど、多くの人が集まってくれた。もう一度再現したいね。』

引用終わり

この中で出てきた名前ではボイツォフという選手が好みです。ヘビー級としては小さいですが力強いボクシングをします。
それと先日ヘビー級トーナメントを制した若手とかも面白いんじゃないでしょうか、これまた小柄な選手でしたが。

しかしクリチコと本当に戦いたい選手がいるのかどうか、ポペドキンしかりキャリアは積んでいてもいざ王座挑戦となると何かと逃げ回っているような印象を受けます。

普段あまりヘビー級の新鋭はチェックしてないですが北京で活躍したラキーム・チャキエフなどなど、新しい顔ぶれに注目するしかないですね。
南アフリカのコリー・サンダースは弟を完ぺきにKOしたし取りこぼしもあるし完全無欠では絶対ないはずです。
[tubepress mode=”tag” tagValue=”Denis Boytsov boxing”]

4件のコメント

  • ブリブリボクシングファン

    あの体格は相当アドバンテージありますよねえ・・・。

    ヘイもクリチコが左手前に出してるだけで
    相当やりにくそうでしたし、
    その手の位置からジャブ打つだけで効いちゃうんだから。
    ファンにはなれないですけど 笑

  • プクー

    そうですよね。カバジェロもそうなんですが。自分クリチコはスーパーヘビー級論者です。アマチュアではそういう階級あるし。
    まぁプロは上限なしだから仕方ないか。

    大きい選手有利な状況になってきてるとおもいますし今の時代、あれだけ大きくて肉体シェイプして動ける人というのが絶対的に少ないでしょうね。だから強いのであって技術で見るべき点はそれほどでも・・・って感じです。

  • koko

    正直タイソンみたいな小柄なヘビー級の新鋭の登場により興味があります。
    クリチコと似たような選手がクリチコを倒しても「あ、そう」としか思わんです。そういう意味ではクルーザー級が適正と思われるチャキエフが多少増量したとしても、あの巨人を倒したらおもろいんですけどね。ヘイは身長、リーチはそこそこあるけど、クルーザーあがりで95キロ程度だし、面白い存在ではあったんですが…現実は厳しいですねw

  • プクー

    kokoさん

    クリチコ相手に距離とって手数少なめじゃ勝つ気ないと言われても仕方なしだとおもいます。

    当たれば倒せるパンチを持つこの階級、失神覚悟でも前に出てファイトする姿勢が一番必要ですよね。

    タイソンに一歩も引かずに立ち向かったホリフィールドのように。