アンソニー・ジョシュアVSドミニク・プレアジール他

スポンサーリンク


戴冠したばかりのジョシュアですがもう初防衛戦が決まりました。
金になる華型選手だけにプロモートが上手い。本人にとってもいい展開でしょう。

対戦相手のドミニク・プレアジールもロンドン米国代表。
一回戦で負けましたが、印象だとボクシング歴が浅そう。
2メートルを超す体格で人材難の米国代表に滑り込んだ選手だろうと勝手に想像してます。

17勝15KO

戦績もKO率もいい感じですが、すごいパンチャーでもテクニシャンでもない。
大きいのが一番の武器でややプエルトリカン的風貌で筋肉マッチョでもない。
時間をかけて体格差を生かしたやりにくさや自分の距離など戦い方を身に着けたら強いとはおもうがまだ時期尚早っぽいとおもう。

しかし無敗同士でロンドン五輪同士、英国VS米国という意味ではなかなか盛り上がる世界戦となるであろう。

決め手のあるジョシュアの圧勝が濃厚だが、相変わらずアンチヒーローな自分はプレアジールの奮起、覚醒を願って応援する。

年は上みたいなのでプレアジール30歳、ジョシュア26歳
若造に負けてたまるかの意地と根性で番狂わせを期待したい。

順当といえばそのとうりですが、なかなかいいマッチメイクを即組めるあたりうらやましいです。
村田もせめて本場をはずすとしてもアマで2連勝のエスキバ・ファルカンあたりをチョイスすれば燃えるんだが。
イエフゲン・ヒトロフとは言わぬから。

しかし例えて言うなら五輪金と一回戦負けなので
村田VSヒトロフみたいな組み合わせなんだな。

ジョシュアも実は五輪初戦は負け試合っぽかったし。

2件のコメント

  • アキラ

    プクーさん
     ジョシュアは金メダルを獲得しましたが、1回戦はキューバのエリスランディ・サボン(あのフェリックス・サボンのいとこ)に劣勢でした。ホームということで幸運な判定でしたが、それを差し引いてもジョシュアの実力・才能は特筆モノです。フューリー・ワイルダーも要注目ですが、最終的に勝ち残るのはジョシュアだと見ています。
     村田はぜひウィリー・モンローJrとやってほしいです。ゴロフキンを唯一苦戦させたのはモンローの実力です。あの試合は「ゴロフキンの調子が悪かった」という見る目のない人が多くてガッカリです。村田も一度はトップクラスに負けるほうが今後のためにいいと思います。

  • WOWOW

    >ゴロフキンを唯一苦戦させたのはモンローの実力です。

    モンロー戦は個人的にはゴロフキンの防衛戦で一番面白かったです。
    親父の経歴ばかりが語られてて、本人はスピードとテクニックは
    あるが非力なサウスポーというだけの印象(何気に当時唯一の黒星が
    危険な噛ませ犬のダーネル・ボーン)。
    序盤は事前の予想通りの展開でモンローをアウトボックスを
    あっさりゴロフキンのプレッシャーと強打が捉えるも、そこから
    覚悟を決めて近距離で打ち合ったら接近戦での技術もタフネスも
    根性も想像以上のものがあって、ゴロフキンを多少なりとも失速させた。
    最終的には力負けしたけど、負けても次の試合が観たくなる
    戦いぶりだった。