デニス・ボイツォフ

スポンサーリンク


デニス・ボイツォフ
Denis Boytsov
27勝 (KO 22)無敗

あまり興味ないヘビー級です。
クリチコブラザーズが突出してるし彼らには最大限の敬意と評価をしている。

タイソンもアリでも勝てないんじゃないかな、ルイス戦も歯がゆい幕切れで意外なタフさを発揮していたビダリが後半は来るぞとおもっていた矢先のストップでした。

しかし技術うんぬんというよりロッキーでいうドラコのようにその肉体、パワーが別次元なだけでスーパーヘビーだとおもってるんで試合自体はやや退屈でこの兄弟をして完璧なボクシングとは認めたくないのだ。

ヘイもなんか言いわけ野郎っぽいところがあるしいっそホープのポぺドキンやソリスとの試合のほうがもはや興味があるが、そんなヘビー級でひそかに注目してるのがこの男です。

ロシアのトップアマ出身選手だがジュニア王者あたりからプロ転向したみたいでポぺドキンほどの実績、知名度はない。

しかしスピード、剛腕、仕留めのはやさなど見てて強さを感じるのはこっちのほうだ。

ランクも14位くらいなのでそろそろ勝負の時をむかえているのかもしれない。

ヘビー級らしい豪快さ、技術の裏付けもある隠れ本命が彼だ。

しかし体格は一般的で185センチ程度なので今の最重量級の頂点にはきっと届かないのであろうか。

かつて動きがしなやかで魅了されたドミニク・グインという選手がいてこの男こそ王者になるかとおもってたら体力負けですっかり負けがこんでしまった経緯があり自分のヘビー級の見る目のなさは深刻だがテクニックとスピードこそ頂点をとるという信念を持って応援していきたい。

といってもクリチコも下手な選手ではないんだけど・・・

どうしても眠たいところがあるのは事実なのだ。

そろそろいでよ、新世代!

2件のコメント

  • バンダ

    この選手はスピードが素晴らしいですね。でもヘビー級にしては小柄ですね。

    小柄でスピードがある…エディ・チェンバースもそうでした…でもクリチコ(弟)には歯が立ちませんでしたね。。。 あの兄弟はボクシングのテクニックも当然素晴らしいものを持っていますが、圧倒的にパワー、体格で他の選手を凌駕しています。

    個人的にはクリチコ兄弟以外のヘビー級ではソリスに期待しています。ヘイの言動を見ているとクリチコ兄弟から逃げまくっているようにしか見えないので…。

    あと余談ですが、全盛期のタイソン(80年代後半くらい?)のタイソンならクリチコ兄弟にも勝てると私は思っています。あのスピードとパワーならクリチコでもKOできる…そんな幻想を容易に抱かせるナンバーワンのボクサーです。

  • プクー

    バンダさん

    ヘビー級は見た目とか技術で判断する以前にどれだけ体重や身長があるのかも考慮しなきゃいけないんで複雑ですね。

    たしかにカス・ダマトのころのタイソンが一番面白かったですがあのころは他のライバルがやや手薄だったので彼の強さ、速さが群を抜いていただけかもしれないなとおもいます。
    全盛期にレノックス・ルイスとの対戦もなかったし・・・

    そこから退屈にはなりましたがアマチュアでスーパーヘビーができてキューバ・アメリカ勢でなくロシア系が席捲しはじてからこの階級は変わったとおもいます。

    もはやアメリカ・アフリカ系黒人よりロシア系白人の方がでかくて強いというのが世界の状況ではなかろうかと・・・

    ソリスやポぺドキン、ボイツォフ、ヘイあたりは勝ち負けともかく大巨人に臆することなくガツガツスピードで攻めて欲しいですね。