スポンサーリンク



階級別 ライト クルーザー

ユニエル・ドルティコスVSドミトリー・クドリアショフ他

更新日:

昨日は所用を済ませたら試合も全て終わっておりライブ実況できませんでした。数々の試合の中で一番興味深かったこの試合。

堂々の打ち合いで、キューバのドルティコスが恐怖のパンチャー、クドリアショフをKOしました。

スカッとするなぁ。

前半KOでクドリアショフ後半KOでドルティコスと読んでいましたが強打者同士のこの試合に長いラウンドは必要ありませんでした。

風貌も肉体もパンチも恐ろしいクドリアショフですが、こういう殺人マシンみたいな強打者は、筋肉の鎧が固く、ややスローで打たれ脆い部分があります。セルゲイ・コバレフもきっとこういうところがあるんじゃないかとおもっています。

対するドルティコスもほぼKOのパンチャーですが、この人の場合一発ではなくコンビネーションタイプ。迷いなく自分の一番得意な右ストレートを振り抜くエキサイティングな選手です。

この試合でも殺人マシン相手にガード高めで慎重に試合を組み立てつつ、臆することなく右ストレートをガンガン打ち込んでいたのがよかった。これだけ気持ちよく打ち込むとガードしてても食います。回転力も柔軟性も固いクドリアショフよりあります。守ってばかりでペースを奪われるなんて事をしません。

殺人マシンの圧力に屈することなくリング中央で戦えていたのもよかったとおもいます。前に出れない、下がる形だとどんな強打者のパンチも威力が落ちます。

WBSSではウシクやマイリス・ブリエディスを推していますが、このドルティコスのコンビをガンガン打ち込んで必殺の右に繋げるスタイルも大好きです。応援したくなります。

すっかり、アメリカが後退し、欧州勢の舞台となったLヘビーやクルーザー級ですが、米国黒人VS欧州勢ではなく、唯一キューバだけが対抗しうる存在なのかもしれません。ヘビー級もオルティスおじさんに頑張って欲しいとおもいます。

クドリアショフを嫌いなわけじゃありませんが
本当にスカッとたなぁ。

強打者相手には下がったり、臆することなく堂々と立ち向かい、自身渾身のパンチを打ち抜けばいいのだ。臆病になったらその時点で負けである。

ホルヘ・リナレスVSルーク・キャンベル

すみません、これからじっくり観戦します。
ダイジェストしかみていませんので。

期待値高い五輪金メダリストをスピードで上回り、ダウンを奪っての勝利。やはりリナレスは金メダリスト以上の輝きであったのだ。未だ、マイキーやロマチェンコには及ばないとおもっていますが、試合が実現すればかなり高次元で楽しみなレベルです。今となってはベネズエラの世界王者はとても貴重です。

一時低迷していた頃は、内山や三浦がリナレスを超えた部分もあるのではという風潮もありましたが、今となってはやはり本物だけが生き残る、帝拳の敗戦の連鎖もこの男が断ち切ってくれました。海外で結果を出し続ける。日本人とは本来の地力が違うのでしょう。

井上尚弥の輝きもかつてのリナレスに似たところがあります。美しすぎる正統派、けれど階級やパワーの壁は無限ではない。案外井上もフェザーだとオスカー・バルデスみたいなレベルかも・・・

なんて妄想したりもしてますが、リナレスの成長や過程に見習う部分も多いとおもいます。

アンドレ・ウォードが引退と・・・
五輪組でもアテネとなるともうこの人かGGGくらいしか残っていませんでした。

ボクシングを極めていくとメイウェザーやウォードのような派手さやエキサイティングさよりも、塩分高めの地味な奥深さに特化していくんだなと教えてくれました。

今でも①はコバレフの勝ち
②はローブロー地獄

だったとおもっており、コバレフのこの言葉

「引退は歓迎だ。他の多くのボクサーにチャンスが増える。俺が復帰するから引退するんだろ」

は性格悪いなぁと同時に一理あるとおもいます。

あんなのと3度もやったら体が持たないよ。無敗という伝説を残してきれいに引退を選ぼう。

Lヘビーはやはりウォードが主戦場にしていくには危険なパンチャーが多すぎ、肉体的にしんどい部分があったろうとおもいます。

非常に地味ではありましたが、そう来るか、ズルいけど上手いな、さすがだな。という部分は随所にあり、相当にボクシングIQの高い天才でした。
見習う部分は多すぎます。

-階級別, ライト, クルーザー

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2017 All Rights Reserved.