ミゲール・バスケス

スポンサーリンク


昨日はチャベスJRの防衛戦などがありました。相手のアンディ・リーはホープの頃からするとやや老けた印象ありましたがそれでもチャベスJRなら攻略もある?とおもってたんだけどな

チャベスJR、親父と同じような無敗キャリアを築いていますが太く、プロらしくたくましくなりつつありますね。ピークを過ぎた頃にマルチネス戦を画策してるのか、タイミング次第でこのごり押し相撲ファイトは厄介になっていくかもしれません。
昔は線の細さが目立ちましたが今はすっかり骨太ファイターに変貌しつつあります。


Julio Cesar Chavez Jr vs Andy Lee 投稿者 sweetboxing

この試合より前座のミゲール・バスケスの試合が印象的でした。
この人はIBFの王者で日本人と絡みがなく、戦績も風貌も派手さがないので人気薄い王者ですがなかなかしぶとく攻略しがたい王者と写りました。

WBC/Fecarbox/S・ライト級級王者
第21代IBF世界ライト級王者
ミゲール・バスケス(メキシコ)
Miguel Vazquez
32戦29勝(13KO)3敗

3敗してますが相手はデビュー戦含め、今をときめくサウル・アルバレスに2敗、ティモシー・ブラッドリーに負けと超ビッグネームです。
確かにアルバレスとは体の厚みが違う気がするしブラッドリーのスピードには分が悪そうです。
デビューで負けて王者となった選手、メキシコにけっこういますね。

メキシコによくいる名前、曲者顔でオスカー・ラリオスっぽい面影です。
そのボクシングスタイルも似たところがありハンドスピードはないが長いパンチをビシビシと強振してくるタイプ。メキシカンにこういう名ボクサーは多いです。いかにも日本人が苦手な感じ。
フォルムだけみるとジョニー・ゴンザレスにも似ています。

一発のパワーはKO率どおりあまりなさそうですが、見た目はありそうにみえます。そんなに勝負を急がないタイプか。
圧倒的な手数とメキシカン独自のタイミング、距離感などを持っておりやりにくそうです。
圧倒的なポイントリードでの勝利が多いようです。

いつの時代もこういうメキシカン王者はいるような気がします。ヘナロ・エルナンデス、セサール・バサン、オスカー・ラリオスなどなど、日本人は苦杯をなめてきました。
でもなぜか俊敏な黒人系ボクサーに屈するみたいな・・・

それら過去の名王者の系譜に沿うような印象のバスケスですが彼ら以上にしぶとい、負けにくい完成度を備えているようにもみえます。
人気選手の王座を超えたビッグマッチも楽しいですが、地味でも同じ王座に君臨しつづける名王者というのも古風でかっこいいです。

今なら経験積んだ分アルバレスにも雪辱できるかもしれません。

地味ですが無視できない強豪だとおもいます。
ウンベルト・ソトなきあとのライト級最強だとおもいます。




2件のコメント

  • box

    確かに。チャベスたくましくなってますね。
    前までは勝てないから強豪から逃げてるイメージでしたが今はある程度の人とやってもいい勝負するんじゃないか。そんな印象になりました。
    当て感は素晴らしいものをもってると思います。要所要所のパンチに恐ろしくいいものを感じさせます。後はペースの持ってきかたが今回はうまかったですね。頭を使った感があります。

    そしてメキシカンはやっぱり独特ですねー。
    オスカーラリオスもそうですがなんとなく不器用というかバタ足というかあまり上手とは思いません。が、素晴らしい当て感とプレッシャーで技術もしっかりとしてる。不思議です。
    黒人ボクサーに勝てないのは不思議で独特なリズムでも変則といえばそうではあるけれども、正統派の域を出ないからっていうんでしょうか、黒人に勝つにはもっとひねくれたスタイル、もしくは黒人を超えるスピード、或いは黒人はコロッと心が折れる時があるのでプレッシャーをかけた戦法。でもメキシカンはすべてのレベルが高く高次元でまとまってはいますがそのどれにもあてはまらないというか。
    実際やってみると黒人の超スピードは目の前で見てると本当に消えるように感じます。
    やっぱり正統派に黒人を崩すのは難しいのではないでしょうか。

  • プクー

    boxさん

    やや温室栽培でしたが実力をつけてきましたね。
    技術を増量タフネスで克服、スタイルが出来上がってきました。
    対戦相手は厳選してますがまぁまぁ高いのでもう立派な王者といってもいいかも。
    チャベスJrの場合はスターの王道であり日本のそれとは違います。
    他団体の強豪ともタイミングを見計らってるだけでいずれはやりそうですし。

    メキシカンはみなパンチを打ちぬきますね。
    一部俊敏な選手もいますがたいていは独特な距離、タイミング、全てのパンチを強振という感じでトレーニング方法や基本的な考え方が日本と違うと感じます。

    努力型でも報われるような選手も多く歴史や伝統を感じます。