イスマエル・バロッソのファンになりました。

スポンサーリンク


明日は注目試合盛りだくさんだし
今日は三浦の復帰戦。ライト級契約か。

けれど一番注目しているのはこの男の試合です。

Ismael Barroso

特に冴えないこの写真を何度も使用してごめんなさい。
一瞬元ボクサーのおじいちゃんかトレーナーだとおもったものです。

デビュー戦は引き分け、6戦目も引き分け。
今まで大した選手と戦っているわけでもなく
ケビン・ミッチェル戦で急浮上してきた選手ですが
改めて試合を見直すとちょっとすごいなとおもいました。

ミッチェル戦の前の試合。
最近負けてばかりいるアメリカの中堅選手が相手ですが
動きはなかなかいいとおもいます。

しかし、バロッソのパワー炸裂で初回にふっ飛ばされました。

そしてケビン・ミッチェル戦。

接戦にみえるしミッチェルの地元だからポイントはどうだったのかわかりませんが
よく見るとミッチェルは技巧を駆使してバロッソの強打をはずしているだけです。
有効な攻撃はほとんどありません。

クリーンヒットせずともパンチの交錯がある度にミッチェルのバランスが崩れフラフラしています。
パワーをさばくのにせいいっぱいの試合だったのがわかります。

5ラウンドに一気に仕留められたのでホルヘ・リナレスとの死闘のようなダメージはありませんでしたが完敗といえる内容です。

バロッソのボクシングは力みがあるしカウンターを食いやすいスタイルだし
結局は左を当てたいのがわかりやすいボクシングですが、結構速いし伸びる左、合わせる左など多彩だし
左を生かす右もディフェンスもなかなかしっかりしたものがあります。

そしてやはりなんといってもパワーがすさまじい。

ガンボアを苦しめたダーレイ・ペレスを攻略したハンサム男、アンソニー・クロラの地元英国での試合なので
どうなるかわかりませんし、この階級には難解男のランセス・バルデレミやスター候補のフェリックス・ベルデホもいます。

三浦もSフェザー、ライト、どっちかわからないし、個人的に応援しているリッキーもライト級で再起戦です。
英国にはもう一人、無敗の王者、テリー・フラナガンがいて、我らがホルヘ・リナレスも健在だ。

今後、とてもホットな階級でバロッソがどんな結果を残すかわかりませんが
試合映像を見て久々に熱く、これはいいぞ、ただものじゃない

とおもわせてくれたので公式?ファンになります。
よろしくお願いします。

前記事のコメントでマイティさんが

「バロッソの左こそ山中より神が宿ってるぽいですね。」

と書かれていましたが

まさにそんな感じの左です。

単純な公開練習ですが、結構見ごたえあります。
この老け顔のボクサーは割と速いし強いですよ。たぶん。

世界期待のアイドルはフェリックス・ベルデホ
僕のアイドルはイスマエル・バロッソ

明日負けたらごめんなさい。

3件のコメント

  • ダド マリノ

    私もバロッソを応援します。ベネズエラやドミニカ共和国とかホーム開催出来ない中南米の選手はアウエーで戦うのが当たり前でたくましい。バレラより前がかりで強打でおまけに連打が出来る。パンチも左右ストレートにフックも、打たないのはアッパーぐらいでジャブのカウンターでダウンを奪う。山中とは異質の選手だ。頑張れ年齢的な事も有るので勝って活躍してほしい。井上の次期挑戦者を決めるイギリス人とタイ人の試合があるみたいだがイギリス人に勝ってほしい、そのほうがわずかだが井上が海外で戦う可能性が有るので。

  • いつもですが冒頭の写真の破壊力は凄まじいものです…(笑)。
    ファイト中に表情を崩さないところも好感持てます。

    バロッソしかりですが、インサイドから外に反らすようなストレートを放てるボクサーは
    KOのチャンスがぐんと増えますね。
    最近の山中はこういうパンチがとんと減った気がします。
    三浦もこのパンチをもっとモノにして欲しいんですがね。

    バトラーとタイ人はバトラーが勝つでしょうね。
    そしてバトラーレベルじゃ井上の相手になりそうには思えません。
    仰るとおり敵地でやればいいんです。
    向こうで倒して少しでもアメリカへの足がかりを作ったほうが良いんじゃないですかね。

  • ダド マリノさん

    見る目がなくてすみません。
    あっさり散りました。

    この風貌でまたチャンスもらえるとおもえません。

    でも、ある意味怪物君ですよね。

    八さん

    ホルヘ・リナレスにごますって
    もし君がタイトル失ったら僕にオプションちょうだいって言って欲しいですね。

    いっぱい走れば無敵になれるさ。