スポンサーリンク



ライトフライ 日本

井上尚弥VS佐野友樹

投稿日:

ドネアVSリコンドーの余韻が冷めぬため、たまたま途中からぼんやり観戦

3ラウンドくらいからでしたので井上がやたら左ばかりなのでこれは大きな欠陥だなぁとおもってましたが、右を痛めてしまったようで。
左だけでもすごいタイミングと連打力、パワーも感じましたがあからさまなのであれだと世界ランカーには完ぺきに読まれるでしょう。

佐野選手がパワーレスに見えてしまうほど井上のセンスのよさ、パンチのスピードとパワーが感じられる試合でしたがやはりドネアVSリコンドーの後だと・・・さらにいえば山中VSツニャカオの後だとやはり凡庸な試合に映りました。

先輩、八重樫のエッセンスがあるような、井上もどっちかといえばファイターボクサーのようです。
俊敏で勘もいいが、自身のパンチの当たる距離は近い。前に前にアグレッシイブに行くタイプのようです。
山中のような本格的なアウトボクサータイプではない。
内山のようなジャブ、ボディ、冷静な剛腕タイプでもない。
アグレッシブファイターボクサーですね。若いからかな。

佐野選手のような、しぶといキャリアの日本ランカーは間違いなく骨があるのでいい経験になったとおもいます。
内山だって山中だって世界戦よりも国内で苦戦していたような気がします。
バスケスVS石本の例もある通り、日本ランカーは強い、諦めない。

左一本の内容だったので何ともいえないが
今すぐにでも世界戦でいい勝負になるレベルではあると感じてしまった。
ただ、一生懸命にやるだけという感じで戦略や余裕はないだろう。
八重樫、井岡と既にいい勝負、宮崎や河野より強く見えてしまったよ。

アマチュアの怪物だがプロ向きなことは間違いない。
しかし昨日の突っ込みスタイルだと捌いてしまう世界ランカーはまだまだ多くいそうだ。

村田のテストは見てません。
今のミドルの王者に絡むとはおもえない。
3年くらいかかるでしょうしかけて欲しいから。
嫌ですよ、7戦目くらいで世界挑戦というのは・・・

スポンサーリンク



-ライトフライ, 日本

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2017 All Rights Reserved.