スポンサーリンク



フライ ミドル ライトフライ 日本

カッコ悪いのは負けることじゃなく逃げること

投稿日:

ボクシングマニアとして墓場まで持っていける試合を目撃した。
その試合までは進行が遅く、コマーシャルだらけであくびが出たが。

八重樫VSロマゴン

八重樫は期待を裏切らなかった。
ロマゴン攻略の可能性を垣間見たし、ロマゴンが下がるのをはじめてみたかもしれない。
白熱の打ち合いにレフリーがダウンした・・・

ここまではっきりとロマゴンのスタイルに注目してみたのもはじめてかもしれない。

リング中央ではお互いスリリングな展開を見せたが
ロマゴンの真骨頂は下がらないこと。プレッシャーが尋常ではない。

スリ足でジワジワ相手をロープ際に追い込むと
一撃必殺の長いストレート、アッパー、フックの雨あられ
初回から八重樫をロープ際に追いつめては息も止まりそうな迫力の攻め。

そんなロマゴンを肌で感じた八重樫は逃げずに打ち合いを選択

ボクシングの基本はジャブからワンツーやワンツーフックなどを叩きこまれるが
ロマゴンにそのセオリーはない。上下様々かつ強いパンチを鋭角に打ちこむ。

普通連打やコンビネーションといえばショートパンチを含むものだが
ロマゴンのそれは全部射程の長いロングの大砲だ。

セオリー外のスタイル、怪物だ。

しかし八重樫の引かない打ち合いも機能しており、回転力は上。ロマゴンが手を焼くシーンもみられた。
調整がよく体にパワーも漲っていた。

ロマゴン、今までは攻撃力とパワーばかり注目していたがディフェンスもまた巧み。
芯をはずすような打たれ方しかしていない。カウンターを食わないのも納得な攻守よどみないモンスター。

最後は力尽きた八重樫だがセコンドはタオルを投げなかった。
レフリーのグッドジョブといえよう。

意識がなくなるまで戦うつもりだったと八重樫は語っていたが、適切なストップと
ファンのハートを掴む試合内容により、これで燃え尽きて引退ではなく次に繋がった形となった。

一般にどれだけ伝わったかは不明だが、解説、ゲストともロマゴンの強さを既に知っており
八重樫が勝ったら大番狂わせ的なムード。

たしか西岡はロマゴンの強さに触れた折り、「懐深くて、おまけに手が長い」みたいに言ってたが、あわてて解説者がリーチは八重樫の方があるくらいだと訂正していたのはウケタ。

そう、大柄な訳でもリーチが長い訳でもないのにそう見えるのは、怪物性を感じる佇まい、フォーム、そしてパンチの打ちぬきがすさまじいからだ。

八重樫はセオリー通りの天才君だが
ロマゴンは教科書にない、ファイターなのに長距離速射砲の怪物だ。

ロマゴン、フライ級戴冠にして既にSフライ級の王者より強いだろう。
しかしこの階級はハイレベルな刺客がたくさんいるのでしばらくはいい試合が見られるだろう。

負けて悔いなしなんて試合ははじめてだ。

敗戦から人気を獲得していく八重樫、素晴らしいプロ根性だった。
階級落とすそうだが高い確率で3階級制覇を成し得るだろう。

井上VSサマートレック

井上世代に関心薄いが日本史上最高の完成度を備えた新人だ。認める。
天才のレッスンのような試合内容だった。

しかし、苦言を呈したいところが満載だ。
以前も書いたが序盤強く中盤以降もたつく。

パンチがあるのに相手は慣れてくる。
これは日本時代も同じだ。テンポに慣れる、倒れるほど打ちのめしている訳ではない。
ロマゴンと違い、まとめたら引いてしまう。

ロマゴンが津波特別警報なら
井上のは注意報くらいだ。

波は引き、休める時間が訪れる。

サマートレックの実力は王者の器ではないが、根性はすごかった。
八重樫と同じく意識がなくなるまで戦う決意を秘めていただろう。
毎回祈りをささげ、ロープにのけぞってからファイトする。
あれだとマナーの悪い相手に強襲されちゃうぞ。

中盤もたついて、井上はガードを下ろし、サマートレックの親父が死んだことを知り
これはよくある一発の不注意で逆転されるパターンかもと頭をよぎった。
さすがに井上はポカしない冷静さを欠いてはいなかったが。

序盤、中盤にダウンを奪った時点で、特に左ボディで倒した後は同じところを的確に攻めれば簡単に倒して終わっていただろう。

「打たれてるのではなく打たせているのだ」
「あのステップは天才だ」

なんて川島が絶賛解説していたが
そんなことはしない方がいい。

ロープ際で左にスイッチしたりもしていたが機能はしていない。

若気の至りにありがちな、かっこつけたがり病にはくれぐれも気をつけて欲しい。
眉毛も明らかに書いていたし白いグローブはゴロフキンの真似?
大阪の誰かさんみたいに現役時代はおしゃれさんになんかならない方がいい。
裸の王様、天狗にだけは気をつけよう。

本人もわかっているはずだ。
ロマゴンならサマートレックを序盤で倒しているだろうことを。

村田VSルナ

やっぱり課題が出てしまった。
これでよく金をとれたなとおもってしまう内容。

ルナは軟らかで芯をはずす巧さを持っていたが中南米にはよくいる。
パンチ力はなく、これがトリニダードみたいにシャープだったら村田は負けちゃうなとおもった。

残念な試合だったが村田とルナでは馬力が違い判定は問題なかったが
注文がたくさんある。

右ストレートで倒したい気持ちが嫌になるほど伝わってきたが
ルナは慣れて全て右にスウェー、あるいは体と頭を右に傾斜させて威力を殺していた。

右傾斜気味の相手に返しの左フックを打てよとイライラしたが
左はジャブとボディのみで右スト狙いばかりだった。
左フックが顔面に打てないのかとおもうほど。

後半少し左フック顔面を当て、おもった通りルナは効いていたが持続しなかった。

総評通り、自分の単調さやプロの多様性を知るいい経験にはなったとおもうが

本人及びマニアは気付いている。
ゴロフキンだったらルナを軽く序盤ノックアウトだなと。

試合前から鼻を負傷しており結構ひどい傷だったのでコンディションに疑問は残ったが。

松本VSデンカオセーン

これは結果だけ。
予想通りの結果だ。
もうデンカオセーンを日本に呼ばないで欲しい。
河野の王座も危うい。

やはり主役は圧倒的に八重樫でありロマゴンであった。
役者が違った。
それは強さもそうだが気持ちの違いによるものが大きい。

強敵から逃げない者だけが王者だ。
この試合を見た日本のボクサーよ、男とはボクサーとはなんたるかを思いしったはず。

カッコ悪いのは負けることじゃなく逃げること。

逃げる選択をした時点で自分より強い、怖いですという意思表明、不戦敗だ。
それは戦って負けた記録よりも情けない敗戦だ。
逃げて王者とは認めない。

夜遅く、八重樫戦だけ見ればそれでよかったとおもってしまうくらい、飛び抜けて感動した試合だった。
現役続行に感謝だ。

スポンサーリンク



-フライ, ミドル, ライトフライ, 日本

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2017 All Rights Reserved.