ジョンリル・カシメロ

スポンサーリンク


2009年に昔のブログで彼の事を書いている。セサール・カンチラに逆転ノックアウトで初王座についた試合だ。
だからフィリピンの若者といっても第一線でのキャリアは結構長い。

最初、年末の井岡の対戦相手候補で名前が出た時

これが本当なら結構井岡も本気で勝負してるのかな?

とおもったのだが、やはり勝って当然の相手に変更された。

カシメロは先週末にIBFの挑戦者決定戦を勝ち抜き、井岡戦など計画されてなかったことを証明した。

IBFといえば、アムナットだが、カシメロの前に来年3月7日、中国の雄、ゾウシミンとの試合が決まっている。
すんなりいけばその勝者と戦う予定だ。

アムナット、天才の素質を持つが高齢でスタミナとスピリットに疑問が残る。
ゾウシミンとの試合はそれなりに注目だ。差をみせないとゾウの勝ちになりそうだ。

さて、カシメロ

フィリピンにはパッキャオ、ドネアの他にも有望な選手が多いが、挫折する選手がほとんど。
日本のマルコム・ツニャカオも、かつていたロデル・マヨールもとてつもない天才かとおもいきや伸び悩んだ。

その中にあってカシメロは結果を出している方だ。
ドニー・ニエテスに次いでフィリピン勢で目立っている。

当然、センス抜群で天才肌だが、際立ったテクニシャンではない。誰ともかみ合う打ち合いをする選手だ。
しかし特筆すべきはパンチ力。当たれば倒れるようなフックを若さにまかせて惜しみなく振ってくる。
この決定力が並のランカーとは違い、勝ち抜いてきた。

[youtube]http://youtu.be/qXcSU_aTXZ4[/youtube]

数戦、取りこぼしてきた相手をみてもそんなに大物ではないことからも強打が空転すれば技術的な底がそんなに深いわけではないとおもう。
攻防にそつのない井岡にとっては試してみるにふさわしい相手、苦戦はしてもなんとか超えられる、越えなければならない相手のはずだ。

しかしやはり実現はしなかった。

若さ、荒々しさ、おもいきりの良さ、パワー、攻撃の迫力などなどカシメロの方がずっと上だ。
この相手は危険、対戦拒絶方針が下されたのだろう。
その判断力だけは一流だ。

アムナットにとってもゾウにとっても、カシメロは脅威だ、かなりプロ向きだ。
判定なら前者に分があるが、12ラウンド、逃げ切れるかどうか・・・

フェンテス、井岡、アローヨ、ゾウ、カシメロと

アムナットは王者らしい戦いをしている。
ここを勝ち抜いたらもう日本人では手の届かない王者になるぞ。

こういう強敵路線で日本人もやってもらいたいものだ。

[youtube]http://youtu.be/SCQAtOp6ns0[/youtube]

この試合はケガでもしたか?唐突なエンディング。
はっきり完敗という試合はまだない。
[youtube]http://youtu.be/tzSUqLRupos[/youtube]

9件のコメント

  • ブリブリボクシングファン

    打ち抜き方がルイコンを彷彿とさせますね。
    これは怖い相手です。
    避けますよ、彼なら。笑

  • プクー

    ブリブリさん

    たしかにルイコンぽいかも。
    こういう強打者は徹底回避ですね。

    井上の挑戦は偉大だけど強打者とはいえない。

    ノックアウトされるのが怖いから?

    辰吉がサラゴサにやられたように読み違いしなきゃいいけど。

    井岡の相手は拍子抜けです。

    高山大平も二冠統一?

    大平は1KOしかないけど実績不足すぎる。

  • 元ぼ

    大晦日にノンタイトルでどうしても視聴率をとなると確実にKOを狙いたいという事ですね。。。結構井岡選手には期待しているのですが、TBSと組む限りダメですね。いつの間にかボクシングはスポーツではなくテレビ局の番組の一つですね。井岡選手に限らず最近は山中選手や井上選手などの試合もその日のスポーツニュースで
    他の局は結果すら話さなかったりで、もはやスポーツではないですね。がっかりです。どのジムも小さな池(日本)で小さな魚(テレビ局
    からのお金)ばかり狙ってしまって選手個人の考え等どこかに置き忘れられてしまって残念です。

  • プクー

    元ぼさん

    井岡はアマで日本のトップレベルだったし
    いいボクサーであることは認めますが
    無敵で複数階級制覇するような器ではない。

    全ての試合を否定はしたくありませんが
    日本人が派手に勝ってくれるかのような相手ばかりですよね。

    リコンドーはすごいけどこれは特別枠という感じで
    TBSが天笠に期待しているわけではなさそうです。
    むしろ、怪物リコンドー見参という感じ。

    そのへんがスターとスターが激突する本場とは違いますね。

    本格的な世界王者を目指すなら

    ファイトマネーの桁を2つか3つ増やす気で海外に行って欲しいです。

    ホームゲームで強くても評価に値しません。

  • れい れなーど

    井上vsナルバエスが辰吉vサラゴサに被ります。まさかの1roundサラゴサの先制攻撃でそのままサラゴサペースでおわったように1round目のナルバエスには要注意です。ナルバエスのガチファイトに期待します。井上応援ではありますが簡単には勝たせたくない。一番応援したいのは天笠で理由は相手が本物だからです。
    しかしカシメロ強いですね井岡がこんな強打者とやるはずないです。

  • プクー

    れい れなーどさん

    エストラーダやロマゴンに比べたらナルバエスは倒される心配がないと踏んでのこともあるとおもいます。テテやクアドロスよりもパワーは怖くないと。

    キャリアに翻弄されて「こんなはずじゃなかった」とならないで欲しいですね。
    まだ7勝6敗です。こんな優遇王子はいないです。

    ロマチェンコもサリドに痛い目に合いましたし・・・

    カシメロは09年からずっとトップ戦線にいますから井岡より実績も上です。
    ただトップ戦線では勝ち負け繰り返しているので怪物的に強いとはおもわない。

    なによりパンチがあって怖いというのが本音でしょう。

    誰とでもやるのが王者たるものだとおもいます、結構簡単に試合が組める人だとおもいますし。

  • プクー

    7勝6KO無敗でした。

  • プクー

    多少日本人贔屓なのかもしれませんが
    僕は年末何がみたいのかと自問したら

    強いヤツがみたい。
    精神的を感じたい。

    ただそれだけである。

    ナルバエスやリコンドーを応援するし、他の試合も対等だ。

  • れい れなーど

    全く同感です。
    話変わりますがキコマルチネスが今後バンタムでやるようです。誰か日本人と絡んでもらいたいです。和気の世界挑戦資格試合をみたい。