スポンサーリンク



バンタム ライトフライ 日本 階級別

山中VSソリス他

投稿日:

実はこの試合も仕事をしながらのチラ見。
興味が薄れゆく昨今です。

木村VSロペス

実況と結果だけ知りました。
木村はゲバラ戦でも前半ポイントを全てとられた。
日本では判定型のテクニシャンで通用しただろうが世界ではそうはいかない。
序盤からポイントをとる戦い方をしないと一発パワーのない彼に後半は厳しい展開となる。

だからこそ、ボディを多用したり、前半から打ち合って上手くて強いところを相手にみせつけないといけないのだがスタイルチェンジは簡単ではなかったようだ。
前半ポイントとられて仕方なく攻めるしかないというのはゲバラ戦と同じで、それは相手も想定済み。

懸念どおりに負けたという印象だ。
ロペスは堅実な選手だが王者にしてはいけなかった。

山中VSソリス

この試合はチラ見。
ガラスのアゴと揶揄されたがその通りなのを露呈してしまった。
解説は当たり前の事を言っていたが、3ラウンドの心身のダメージがあり精度を欠いたのだ。
ソリスのとったダウンは明確で山中がとったダウンは怪しいものだった。

セコンドがピンチの時
「ジャブとストレートだけでいいんだ」

と言っていたそうだが、まさにそれだけでここまで来た選手であり判定に異論はないがパワーに突出しただけの非情に偏りのある選手だ。
井上のような真の天才ではない。

それでも強い王者だとはおもうが、今緩いバンタムでリー・ハスキンスやパヤノとやるのがせいぜいで階級上げて大暴れできるほどの選手ではないのかもしれない。

モレノ戦の後の地元でのボーナス試合。
こういう事もあるのがボクシングの怖さ。

けれど、今後が心配になる大味でキレのない試合を演じてしまったのは確か。
もしかしてピークを過ぎたか?

スポンサーリンク



-バンタム, ライトフライ, 日本, 階級別

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2017 All Rights Reserved.