マイキー・ガルシア復活とか

スポンサーリンク


書きたいほどのネタがない。時間もない。王座が変遷するボクシングはブログを続ける上でかっこうのネタだが情熱の方が・・・

このような状況であえて書きたいのがマイキー・ガルシアの復活。
内山との対戦を夢みた自分が愚かだったとようやく気付いた昨今、復帰といえどやはりSライト級のようです。

抜群のスキルと安定感を持つマイキーだが、マティセやプロボドニコフのパワー世界に対抗できるのだろうか?
この階級では大柄なビクトル・ポストルや盤石のクロフォードの方が実績も評価も上だ。

こういう本物たちと日本人の絡みはないだろうなぁ。

先日、トロヤノフスキーへの挑戦が決まった小原の調整試合があったが相変わらず実力差がありすぎる格下安パイで危険なマッチメイクだったようだ。

小原の実力に疑問はないが、前回のカステイーリョ戦の内容がその全貌であり今回は参考にならない。
無敗記録のヘンテコボクサー、クエンカをはっきり下したトロヤノフスキーは無名だがやはり未知の世界の実力だろう。

その他、拳四朗というボクサーが世界挑戦経験のある角谷に圧勝し今年中の世界戦を口にしたとか。
軽量級は別世界だなぁ、国内スケールの安全な世界戦になるんだろうなぁ。地方の選手だし・・・

本物は遠きにありて想うもの・・・

逆に後がないランカーや敗戦も辞さない無名選手の勝負が気になるところだ。

注目していた高橋竜平はオーストラリアで地元ホープに3-0で敗れたそうだ。
結果だけで試合内容の詳細がわからないがいい経験になったはずだ。

そして明日の天笠、亀海

負けたら引退もちらつく立場だし勝っても即チャンスとはいえない相手だが
おもう存分暴れてくれ。

天笠のボクシングは全然好きではないが、勝負する姿勢でファンになった。

日本国内の下手な世界戦よりいいぞ!

3件のコメント

  • ダド マリノ

    日本のボクサーは前哨戦で超格下選手と対戦するのは昔からの常ですね。最近は世界戦でも超格下の挑戦者になっている様です。小原はアッパーのカウンターが打てたり日本では良いボクサーですがこのクラスの世界は厳しいです。たまに大振りするのでカウンターをあわせられそうです。確か1敗はそれでKOされたと思いますが、たしかに反省しているのは見受けられますが。拳四朗はずばぬけたものがなく平均的な選手でホームで東洋圏ボクサーと対戦なら興味のわかない王者になれるかもしれません。天竺はリコンドウにダウンを与えましたがリコンドウのサービスのような気がしますが、いずれにしても意気や良しです。私も全く同感です。日本の世界戦より格好良い。

  • camaro

    ガルシアの復帰は嬉しいです。
    ただ、打たれ強くはなさそうなんでいきなり王者クラスは危ないでしょうね。
    サイズもSライトでは大きくはないし案外苦戦するかも?

  • 桐島条助

    僕も天笠や亀海の試合の方が興味わきますね。
    石田がカークランドをアメリカで倒した時のような、
    ああいう本物の戦いを見せてほしいです。