河野VSルイコン、田口VS宮崎

スポンサーリンク


本当はあまり興味がないし
逃げマッチメイク、ワタナベジムの懲りない大田区総合体育館に行くつもりなどなかったのですが
某日本人のせいで長らく暫定王者だったルイス・コンセプションみたさと無理やり情熱の火を取り戻すべく行ってまいりました。

河野VSルイコン

仕事がギリギリで観戦仲間のチャベスさんに迷惑をかけました。
走って入場、即河野VSルイコンさんでした。

ワタナベジムは好きじゃないですが、河野も田口も嫌いじゃないです。
でも目的はルイコンさんでした。

彼をWBA1位とアナウンスしてました。暫定王者では?

河野VSルイコン

昨今の無策な日本側セコンドと違って、河野の出だしは序盤嵐のように強いルイコンを徹底警戒。
手を出さず、サークリングを多用しリスク回避で慎重な様子見から。

でも、ちょっと残念なことに最近のルイコンさんは昔ほど強引ではないのだ。
ルイコン自身も慎重で力みを抑え気味に丁寧な立ち上がり。
それでも河野の手が出ないので積極性でルイコンがポイントを連取する序盤。
ポイントは取られても後半勝負に賭ける河野は無駄な被弾やダメージは抑えていました。

中盤から後半で試合が動きました。
ルイコンが本性を出して攻めにくると、河野が応戦し逆に有効打を多く決める展開にシフト
地味でも河野のボディやカウンターの右がいい感じで決まってきました。

けれど、これも残念なことですが、身長差もリーチ差もあるはずだけどそれを全く生かせず、距離をとったアウトボクシングではルイコンが上、ルイコンが攻め込んできた時だけ河野の反撃が効果的に決まるという皮肉。

共に数発、強烈なパンチをヒットさせアゴを跳ね上げますが、倒れるほどではなかったようです。
攻めすぎて墓穴掘るルイコンさんの本能は残ってましたが、冷静に振り返ると食い方がえげつないだけで彼は勇敢でタフでもあるのだ。
河野の有効打は我慢できたようです。
逆にルイコンのアッパーを食い窮地に立たされた河野ですが、窮地だけが唯一のチャンスみたいな感じでうまいことやりかえしていましたがそこまで。

中盤から後半は接戦で、これで河野の勝ちと出たり、引き分けだと後味悪いなぁという幕切れでしたがジャッジはまともでした。

全体的に上回っていたのはやはりルイコン。

それにしても河野は彼なりによく相手を研究し、我慢強く戦ったとおもいます。右だけが突破口で左フックカウンターみたいのがあればなぁとおもうタイミングがたくさんありましたが負けたこの試合が彼のベストバウドといえるほど立派でした。

名のある王者に接戦のすえ敗れる。
これが彼のベストだとおもうし恥ずべきものではありません。

噂レベルですとルイコンさんには井岡ジムのあの人がもうオファー済みだそうです。
もはやSフライでは盤石王者とは言えない感じですが、日本に来るのが夢であったというルイコンさん、待たされた分、今後も日本でひと稼ぎしてください。

田口VS宮崎

どうみても、ルイコンVS河野がメインであるべきですがこの試合がメイン扱い。
個人的な採点ではフルマークで田口。

宮崎のことは減量失敗しファーランに倒された試合後みていないのでどんな選手か忘れてしまったが、強気な発言とキャラに反し、試合では何がしたいのか全くわからないパフォーマンスでした。

常に攻める姿勢を崩さず前に出る田口に対し、宮崎はほぼバックステップ。たまに出すパンチはジャブか左ボディのみ。
コンビネーションとか攻めの形がひとつも見られません。

攻めない分、ディフェンスは達者で左手を伸ばしたままのスウェーバックやL字ガード、上体柔らかなウェービングは見事で、ちっこいけどディフェンスだけちょっとエイドリアン・ブローナーみたいでした。

最後まで戦い方を変えず、客席にガッツポーズしてたので、あれで勝っていると本人やセコンドはおもっていたのかな?
ディフェンスのみ魅せるものがありましたが、連動性のある攻撃は何もできなかった。
単発、たまに雑に手を出すだけで、これで当たったら事故といえるほど有効な攻めはないままでした。

ポイントで圧勝の田口もパワー不足か踏み込み不足か宮崎を捉えきれませんでしたが、序盤で判定になりそうなムードはありました。
まだ足りない部分はたくさんありますが、攻めの姿勢がディフェンスと連動しているし、井上とやった事で井上イズムなスピードと組み立てが向上しているし、彼自身はこれからももっと伸びる選手だとおもいます。

次こそは世界レベルの強豪といえる相手を選んで腕試しして欲しい。
個人的な評価は田中か田口かといえるほど、日本人Lフライではトップでしょう。

宮崎は今何歳だろう?才能は感じましたが挑戦者として何がしたかったのかまるでわからない12ラウンドでした。
見た目の性格に反して実は臆病なのか?
攻撃に何の特徴もないのでこれが限界か?

全盛期の爆発力はなく円熟か落ち目のルイコンさんでしたが、勝利のバック転は健在で、日本で差別もされず、おめでとうございます。
今日は彼を祝福します。

150センチ台の身長でSフライだし
地球の裏側から来てるんだし
立派なもんだとおもいます。

河野も負けてあっぱれです。

田口も確実にいいボクサーになってると感じました。それが収穫です。

ナベ会長だけ、内山の海外で100万ドルファイトも失い
マカオでレックス・ツォーという皮算用も失い

残念だけど自業自得よ、てな感想です。

以上です。

17件のコメント

  • g1j2p5i5

    河野は残念だったけど ナベジム&日本人WBA王者から一人減ったのは 結果うれしい笑

  • うっちー

    河野対ルイコンはめちゃくちゃ面白かったです
    2Rまでを見逃したのが悔しい
    ルイコンが圧勝するかな?と予想してましたが、中々の接戦になってくれて、見応えがありました
    あの後の田口対宮崎は正直物足りなさを感じました
    判定で終わる気しかしなかったです
    減量苦状態とはいえ井上と戦った事のある田口の方が、骨があったのかなと思います
    同じく伸び代は感じます
    逆に宮崎はこのままだともうチャンピオンになるのは厳しいかもしれませね
    穴王者を狙うしかない
    後、解説の井岡が宮崎寄りに聞こえたのが少しイラッときました

  • れい れなーど

    同階級でルイコンに勝てる日本人は井上しかいないとおもいます。河野は頑張ったとおもいます。いい試合でしたね。
    宮崎のL字ガード…なにを彼は勘違いしてるのか気持ちだけはメイウェザーまたはブローナーなのか最低の日本人対決をみました。

  • サーシャ

    この興行、僕は2試合とも面白かったです。

    河野は管理人様の言葉通り最弱なりとても良く頑張りました。
    世界王者にはとても見えないセンスと不器用さで隙のあるルイコンにいいのを決めて見せ場を作り本当ベストバウトでしたよ。

    本来なら世界の舞台に立てるような選手ではなく、センスの欠片もなく努力と運でここまで来れた事は他のボクサーに大きな励みになったんじゃないでしょうか?

    まさにタフボーイ、十分な結果を残しました。
    本当にお疲れ様、これからは奥さんと幸せな人生を歩んで下さいと言いたいです。

    そしてルイコンは直ぐに陥落するでしょう。
    これほど美味しい相手は居ないですね。
    石田でも勝てそう。
    井上なら半殺しにするんじゃないでしょうか?

    このレベルに判定まで行き粘られたクアドラスじゃ程度が知れてる。
    ロマゴンには勝てないと確信しました。

    宮崎と田口。
    序盤は中々ハイレベルで見応えあり、もっと均衡するかと思ってましたが宮崎は練習してないですね。
    宮崎のセンスと能力は井岡以上なのは最初から分かってましたが能力を活かす根性や精神力、努力が足りないのが見え見え。
    ジムではやってるように見せ現実は朝走るのサボッたり見えない努力を怠ってるなと思いました。
    朝走るのサボッてパチンコでも行ってたんでしょう。

    田口、中盤以降は宮崎に倒すパンチもパワーもない事を確信、スピードにも慣れ見切り余裕さえ見せてました。

    宮崎は管理人様の仰る通り弱ブローナー。
    センスはあるけどここまでの選手でしょう。

    しかし田口はまだまだ伸び代ありますよ。
    凄く良く言えばスーパーライト級時代のヘススリベロと組んでた時のデラホーヤを感じる瞬間がありました。

    どこかの記事でも田口は立体的な動きを見せと書いてあるのを見て同じように感じた記者もいたのかと思いました。

    あの3Dディフェンスと呼ばれ、色んな角度から槍のようなジャブを突いてチャベスを血祭りにした頃、キャリアハイのデラホーヤを目指すべき。

    田口は内にあるハートは宮崎を圧倒的に凌駕してました。
    センスも内山よりずっと上で気持ちも強くいい素材だと思います。
    ワタナベに居るのは勿体ない、移籍してほしい。
    僕も管理人様と同じくフルマークで田口です。

    レベル云々は別として面白い興行でした。

  • g1j2p5i5さん

    やっぱりこうなりましたね。

    うっちーさん

    コラレス対策せず失敗した陣営としては仕方ない序盤だったのでは?
    ただ最近のルイコンは序盤狂暴ってほどじゃないんですよね。
    結局アウトボクシングはルイコンの方が上手く、打ち合いだけが活路でした。
    だから、もっと打ち合うしかありませんでした。

    生観戦だったので、内山、井岡の声はきけなかったです。
    精悍な内山と井岡さんの分け目だけみえました。

    れい れなーどさん

    ロマゴンより小さいけどパワーはSフライでもある方ですね。
    ただやはり、Sフライでは怖くはない。
    井上弟なら勝てるのでは?
    石田っぽいけど再来日を期待します。

    宮崎は挑戦者なのに攻撃をしなかったですね。謎です。
    ブローナーのディフェンスのものまねだけでした。
    見た目と違い、ディフェンステクだけで攻撃の形がこんなにもないとは・・・

    サーシャさん

    色々と断定口調はできませんが

    観戦仲間のチャベスさんと

    全部田口ですよね

    宮崎ダメージそんなになさそうだし、観客にガッツポーズしてるけど
    これで勝ってるつもりなのかなぁ

    と確認してしまいました。

    田口は褒めすぎでは?
    余裕なのにあまりダメージは与えられてませんでした。

    でもいい方向に伸びてますね。
    ここがダメというところは特にないです。

    河野は好感度の高い選手ですね。
    でももう十分チャンスもらったから悔いなしでは?

  • サーシャ

    管理人様

    褒めすぎは承知というか期待値込みなのもあります。
    ダメージを与えられなかったのは宮崎のディフェンスがいいからかと。
    宮崎はセンスは抜群ですよ。
    ただ誰が相手でも必ずフィジカルのアドバンテージで負けてるのに埋める戦術を間違ってると思います。
    1Rはかなりハイレベルな駆け引きで中盤から両者がギアを上げて来てKO決着になれば年間最高試合候補を予感しました。

    途中からこのまま判定だなと思いガッカリ感は否めませんでしたが。

    田口は見た目と裏腹に闘志を感じるし、個人的に前から伸び代あっていい選手だと思ってたので。
    何故か好感持てるんですよ。
    改善点も見えるし伸び代あるしもう一皮剥けたらまだまだ強くなりそうで。

    横分けさんにエストラーダから逃げるなと罵声を浴びせる輩はいませんでしたか?

    内山さんリベンジみたいですね。
    ダイレクトリマッチは掟破りに感じますが頑張ってほしいとは思います。
    相性は最悪、内山さん苦手だとは思いますがルイコン同様後半失速すると思うので勝算ありかと。

    河野もテレビ観戦では倒されると思う場面が何度かありましたが上手く誤魔化して反撃してたし胸を打つものがありました。

    内山さん、横分けさんのゲスト解説っていう状況も面白かったです。

    田口がほぼ完封してる現実に内山さんの解説、同胞横分けさん何も言えないみたいな絵が(笑)

  • 一瞬のマ夏

    宮崎、やっちゃいましたね。身長差を埋めきれませんでした。ディフエンスは柔らかいのですがステップインさせてもらえませんでした。昔と違う?相手との身長差?練習不足?分かりませんが攻め切れませんでした。わかっちゃいるけど攻め切れない。それは崩せなかったからでしょう。逆に言えば田口は崩されない事に秀でたボクサー。
    私にはつまらないボクサーと映りますが井上戦でも判定に持ち込んだのはやはりダウンを取られても崩れないから。
    しかし注目の新人だった井上戦も今回の日本人対決の世界戦でしかもメイン。それでも捨て身になったりKO狙ったりも無い。
    やっぱりつまらないサラリーマン的ボクサーに見えてしまいました。
    悪くはないですけど、先入観かなぁ、井上や井岡のようにアマで騒がれて入ると結果と内容を問われ、田口のようだとなんだか
    元々弱かったけど少しずつ強くなったなぁと好感が持ててしまうような、、、。
    でもまぁ勝つという事が一番ですからね。
    でも何だかつまらないボクサーに見えてしまいました。

  • サーシャさん

    自分には宮崎はフィジカルがよくてセンスがないようにみえました。
    ボクシングの才能じゃなく勝つためのセンスですが。
    ものまねは達者かな。

    田口は鳴り物入りのトップアマじゃないんで
    だんだんよくなってきてるなぁという印象です。

    今までの防衛戦、全部KOでしたがあれはロートルボーナスで
    今回みたく前に来ないでスウェーする相手を効かせられない。
    いい勉強になったでしょう。

    内山の再起はうれしいし、序盤注意すれば勝てるとおもいますが
    コラレスじゃSフェザーでまだ何者ともいえないですね。
    これしかないんでしょうが。

    やっぱりコラレスが試合枯れでこうなったのが残念です。

    一瞬のマ夏さん

    個人的には田口は井岡にも勝てるんじゃないか
    八重樫よりダメージないしもう上回ってる
    と感じます。

    ただ、パワー型でも減量苦でもなさそうなんでこの階級で頑張って欲しいです。

    まだ、日本レベルを脱皮しきれないスケールの小さな王者だとおもいますが
    だんだんとよくなってきてるんじゃないかな。

    宮崎はディフェンスだけ面白くて
    何しにきたのかなぁとおもってみてました。

  • 宮崎はL字ブロックにはまりすぎて
    後ろ重心、バックステップ。踏み込んで攻める事を忘れてしまったのでは?

    リアルキングコングなんてニックネームでしたが
    ブローナーに影響されるんじゃなくてルイコンみたいになればいいのに。

  • サーシャ

    フィジカルというか身長、リーチです。
    フィジカルって正確には体格という事だから僕が間違ってるかもです。

    管理人様が言う勝つ為のセンスというのは確かにその通りだと思います。

    しかしショルダーロールはかじりでも雑魚相手でも並の選手では出来ないです。
    何でもそうですが最初は真似事やコピーから入り自分のものにして行くものかと?

    宮崎のショルダーロールは田口には通用しなかったけどある程度は機能してました。
    だから倒されはしなかった。
    田口には貰っていましたが噛ませタイ人相手にも機能してました。

    ブローナーのショルダーロールもマイダナには通用せず倒されました。

    逆に亀海も小野寺戦や国内レベルでは通用してたけど世界では通用しないので戦術を変えて戦ってますよね。
    勝てなくともドローまで持って行きました。
    メイもショルダーロールで追いつかなけばガード固めて決定打を貰わないようにシフトチェンジする。
    それこそが勝つ為のセンスで宮崎はブローナーと同種の真似事と言うのも解ります。

    ただショルダーロールは真似事でも実践で使えるのはセンスがないと無理じゃないかと?

    世界レベルで見ても使える選手はごく僅か。
    それ位、難しいディフェンス技術で限られた人間にしか使えない超高等技術だと思います。

    近年で完全に使いこなしてるはトニー、ウィテカー、メイの3人くらいでその下がウォード。

    井岡は勝つ為の戦術、センスは長けているけどボクシングセンスは宮崎の方が数段上だと思います。

    井岡は身体が固いし、同じ事を教えられてコピーでもいいですが飲み込みが早いのは宮崎の方だと思います。
    ボクシングセンスというか身体能力、運動神経ですね。

    だからと言って負けると意味はないので勝つ為の戦術、センスがないという意味はその通りだと思います。

  • サーシャ

    L字の話になりましたが個人的にL字ガード=ショルダーロールの理想系はメイよりトニーだと思います。

    宮崎は後ろ重心のメイをモデルにしてると思います。
    だからディフェンス寄りになってるんじゃないかと。

    トニーのショルダーロールはメイより重心が前で避けながらの攻撃が凄かった。

    手数も出てたしトニーの攻防一体型ショルダーロールは度肝を抜きました。

    余談すいません。

  • ディフェンステク含めいろんな事を披露するのは良いとしても、
    挑戦者として勝つ為の戦略と覚悟が全く見えなかったので意味が無いなと感じました。
    メイは試合で相手に勝つからディフェンスが賞賛されるのであって…。当たり前ですが。

    ポイントもガンガン取られてしまっているのにいつまでもロープ際でL字になってクネクネしてても
    どうにもならんだろと観ながら半分呆れてしまいました。
    12R終了後に勝利をアピールしてたと読んでさらにびっくりしたところです。

    田口は自分の距離と左をどう使うかきちんと考えて組み立てているのがよく分かるファイトでした。
    インに入っても思い切りが良く、パンチを合わせてたので宮崎はそれを怖がって踏み込めなかったんでしょうかね?
    今後はダメージングブローをもっと磨く必要がありますね。
    そうすればもっと面白い選手になりそうです。

    ルイコンはスピードの無さ、キレのなさに驚きました。
    Sフライは無理でしょう。自分のフレームからはみ出してしまってると思います。
    井上弟でも十分勝てるのでは?最近調子がいいようですし、次の試合がどうなるかですが。

  • うさぎにく

    観戦お疲れ様でした。
    コンセプションvs. 拓真
    是非、観たいです。
    でも、拓真は苦戦するでしょう。まだまだです。

  • リアルドンキーコングだったかな。

    サーシャさん

    宮崎は挑戦者ですから
    攻めないでディフェンスだけ最後までこだわってて
    何やってんだ、この人?

    くらいに感じただけです。

    八さん

    ルイコンは爆発力は落ちたけど
    課題修正、失敗から学んだという事じゃないですかね。

    デビット・サンチェス倒して戴冠
    2度負けたマルケスにリベンジ
    クアドラス戦もポイントより接戦にみえました。

    あの体でよくやってるとおもいます。
    ただこの階級では脅威ではないでしょう。

    うさぎにくさん

    勝ち負けだけなら今なら拓真に期待できますが
    まだ7勝2KOの新人ですからね。

    日本だけですよ。
    五輪選手でもないのにおいしいところだけ強奪する文化は。

    39戦やってるルイコンに乾杯です。

  • 河野とあんなに打ち合って
    何度もバック転できる身体能力がすごいなぁ。

    ボクシングもまだ強くなる余地あるんじゃない?

    バック転できない状態にするのが勝ちでしょう。

  • れい れなーど

    宮崎はL字ガードしながら顔もメイウェザーのまねごとしてましたよ。馬鹿かこいつ…田口も逃げるだけの宮崎に倒すのは諦めた感じで仕方ないと。とにかく宮崎のせいで最低の日本人対決をみせられやっぱり腹がたち追記しました…

  • 名も無き一兵卒

    河野vsエルニカ、いい試合でしたね、序盤にダメージを抑え中盤以降に勝負を持っていく戦術は間違っていないと思いますが、後半足やクリンチを巧みに使って休むコンセプを咎めることを出来なかったのが痛かったなぁと思いました。

    河野とエルニカ、それぞれかなり長いキャリアの選手となっていますが、両者とも若い選手のような身体能力や気迫はさすがに峠を越えてしまいましたが、細かな技巧など「ボクシングの為の」技術や戦略はしっかり磨いてきてるのが素晴らしいと思います。

    個人的には井上兄は身体能力の化け物だと思いますが、ボクシングの技術自体は全然磨かれていないと思います、もしこの後マッチメイクに窮して適当な挑戦者を選ぶくらいでしたら河野を選んでみても面白いのではと思います。もちろん身体能力の差で井上が河野を圧倒する可能性の方が高いと思いますけど、もしかしたら適当にパンチを振るう井上に右のカウンターをバッチリ決める可能性はある…ぐらいには考えています。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)