スポンサーリンク



スーパーフライ ライトフライ 日本 階級別

河野VSルイコン、田口VS宮崎

更新日:

本当はあまり興味がないし
逃げマッチメイク、ワタナベジムの懲りない大田区総合体育館に行くつもりなどなかったのですが
某日本人のせいで長らく暫定王者だったルイス・コンセプションみたさと無理やり情熱の火を取り戻すべく行ってまいりました。

河野VSルイコン

仕事がギリギリで観戦仲間のチャベスさんに迷惑をかけました。
走って入場、即河野VSルイコンさんでした。

ワタナベジムは好きじゃないですが、河野も田口も嫌いじゃないです。
でも目的はルイコンさんでした。

彼をWBA1位とアナウンスしてました。暫定王者では?

河野VSルイコン

昨今の無策な日本側セコンドと違って、河野の出だしは序盤嵐のように強いルイコンを徹底警戒。
手を出さず、サークリングを多用しリスク回避で慎重な様子見から。

でも、ちょっと残念なことに最近のルイコンさんは昔ほど強引ではないのだ。
ルイコン自身も慎重で力みを抑え気味に丁寧な立ち上がり。
それでも河野の手が出ないので積極性でルイコンがポイントを連取する序盤。
ポイントは取られても後半勝負に賭ける河野は無駄な被弾やダメージは抑えていました。

中盤から後半で試合が動きました。
ルイコンが本性を出して攻めにくると、河野が応戦し逆に有効打を多く決める展開にシフト
地味でも河野のボディやカウンターの右がいい感じで決まってきました。

けれど、これも残念なことですが、身長差もリーチ差もあるはずだけどそれを全く生かせず、距離をとったアウトボクシングではルイコンが上、ルイコンが攻め込んできた時だけ河野の反撃が効果的に決まるという皮肉。

共に数発、強烈なパンチをヒットさせアゴを跳ね上げますが、倒れるほどではなかったようです。
攻めすぎて墓穴掘るルイコンさんの本能は残ってましたが、冷静に振り返ると食い方がえげつないだけで彼は勇敢でタフでもあるのだ。
河野の有効打は我慢できたようです。
逆にルイコンのアッパーを食い窮地に立たされた河野ですが、窮地だけが唯一のチャンスみたいな感じでうまいことやりかえしていましたがそこまで。

中盤から後半は接戦で、これで河野の勝ちと出たり、引き分けだと後味悪いなぁという幕切れでしたがジャッジはまともでした。

全体的に上回っていたのはやはりルイコン。

それにしても河野は彼なりによく相手を研究し、我慢強く戦ったとおもいます。右だけが突破口で左フックカウンターみたいのがあればなぁとおもうタイミングがたくさんありましたが負けたこの試合が彼のベストバウドといえるほど立派でした。

名のある王者に接戦のすえ敗れる。
これが彼のベストだとおもうし恥ずべきものではありません。

噂レベルですとルイコンさんには井岡ジムのあの人がもうオファー済みだそうです。
もはやSフライでは盤石王者とは言えない感じですが、日本に来るのが夢であったというルイコンさん、待たされた分、今後も日本でひと稼ぎしてください。

田口VS宮崎

どうみても、ルイコンVS河野がメインであるべきですがこの試合がメイン扱い。
個人的な採点ではフルマークで田口。

宮崎のことは減量失敗しファーランに倒された試合後みていないのでどんな選手か忘れてしまったが、強気な発言とキャラに反し、試合では何がしたいのか全くわからないパフォーマンスでした。

常に攻める姿勢を崩さず前に出る田口に対し、宮崎はほぼバックステップ。たまに出すパンチはジャブか左ボディのみ。
コンビネーションとか攻めの形がひとつも見られません。

攻めない分、ディフェンスは達者で左手を伸ばしたままのスウェーバックやL字ガード、上体柔らかなウェービングは見事で、ちっこいけどディフェンスだけちょっとエイドリアン・ブローナーみたいでした。

最後まで戦い方を変えず、客席にガッツポーズしてたので、あれで勝っていると本人やセコンドはおもっていたのかな?
ディフェンスのみ魅せるものがありましたが、連動性のある攻撃は何もできなかった。
単発、たまに雑に手を出すだけで、これで当たったら事故といえるほど有効な攻めはないままでした。

ポイントで圧勝の田口もパワー不足か踏み込み不足か宮崎を捉えきれませんでしたが、序盤で判定になりそうなムードはありました。
まだ足りない部分はたくさんありますが、攻めの姿勢がディフェンスと連動しているし、井上とやった事で井上イズムなスピードと組み立てが向上しているし、彼自身はこれからももっと伸びる選手だとおもいます。

次こそは世界レベルの強豪といえる相手を選んで腕試しして欲しい。
個人的な評価は田中か田口かといえるほど、日本人Lフライではトップでしょう。

宮崎は今何歳だろう?才能は感じましたが挑戦者として何がしたかったのかまるでわからない12ラウンドでした。
見た目の性格に反して実は臆病なのか?
攻撃に何の特徴もないのでこれが限界か?

全盛期の爆発力はなく円熟か落ち目のルイコンさんでしたが、勝利のバック転は健在で、日本で差別もされず、おめでとうございます。
今日は彼を祝福します。

150センチ台の身長でSフライだし
地球の裏側から来てるんだし
立派なもんだとおもいます。

河野も負けてあっぱれです。

田口も確実にいいボクサーになってると感じました。それが収穫です。

ナベ会長だけ、内山の海外で100万ドルファイトも失い
マカオでレックス・ツォーという皮算用も失い

残念だけど自業自得よ、てな感想です。

以上です。

スポンサーリンク



-スーパーフライ, ライトフライ, 日本, 階級別

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2017 All Rights Reserved.