若き日は過ぎ行く

スポンサーリンク


ネット断ちしてガマンしてましたがTV東京とTBSがもろ被り。
内山だけじっくり観戦するとして後はザッピングになってしまいました。
はじまる前のスポーツ茶番で待たされてグダグダになってしまいますよね。

田口VSカニザレス

カニザレスは小気味いいまとまった選手だったが、リボリオ・ソリス等に似て前半飛ばしすぎ。
ファイターボクサーだろうに中盤から後半は逃げとごまかしとクリンチばかりだった。
そこを仕留めきれない田口なのはいつもの事で、勝ちを逃したような形の分のいい引き分けだった。
コラレスもそうだが、南米の露骨なクリンチに対する策がなさすぎでもったいない。
常に攻める姿勢とスタミナで田口の株か急上昇だったが、今日の田中に水を開けられた感じ。
いい選手に育ったが武器、得意パターンがないのがまだ未完成部分。

井岡VSスタンプ

ダウンを奪ったまではスタンプよかったが、ジャブがなく中間距離をほぼ支配されやっぱりボディで沈んでしまった。映像だと右ストレートもいいものを持っていたが今日はフックだけだった。
井岡のボクシング自体は井上とは比べるべくもないが注文もない。よかったとおもう。
後は強い相手とやるだけだ。

内山VSコラレス

コラレス、やはり偽物ではなくやりにくいパナマ特有の難敵でした。
でも武器もよくわからない感性のボクシングか。
内山との相性は最悪の部類で、6ラウンドのダウンはどうみてもダウンじゃないがあれから内山がプレスをかけだしてからは明らかに内山ペースだったのだが。
10ラウンドのボディで効かせて追撃できず逆にごまかされてポイント落としたっぽいのが痛かった。

正直内山の僅差勝利だとおもったが、内山自身のクリンチ対応のまずさや技術的未熟さも感じてしまい、あれ、こんなボクサーだったけ?とのイメージが残ったのも事実。
どちらも戦国Sフェザーを勝ち抜けるようなレベルではないような気がした。

田口といい内山といい、公平どころか南米有利なジャッジ構成だったのかもしれません。

内山をがっつり観たせいで、小國VSグスマンは観れませんでしたが
この試合でアップセットが起きたようですね。

ああいう、超合金みたいな腹筋しといてボディとスタミナに難があるボクサーが多いことは結構ある。
ちょっとしか見てないので何ともいえないが、お見事です。
不利予想していた自分も矢尾板さんもきっとアングリです。

ちゃんと観てちゃんと書き直します。
今日のMVPはアップセットで小國、内容で田中でしょう。
確実に時代が変わりつつあります。

内山に対する感傷は今はとても書けません。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

16件のコメント

  • うっちー

    正直僕も内山選手の試合しか見れてないです
    完全に相性で負けた感じがありました
    実質僅かに買っていたとしても、正直あの出来では超一流には通用しそうにありません
    5、6年前からあんな国内レベルの選手としかスパーをやらせないジムなんかより、もっとレベルの高い環境で練習とかをすべきだったのかな、そうすればもっといい選手に育ってたかなという妄想をしてしまいます
    帝拳にいる山中がちょっと羨ましく感じました

    小国や田中の試合は見れてないので早く見たいです
    井岡は特になしで

  • あな

    小國さんはパリングがとてもうまいと思ったが、戦い方そのものはよくある日本のそれだったと思います
    グスマンは腹が弱いのはいいんですけど、一点狙いされながりも食らい続けたのは… 最後完全にボディ警戒して体を捻ってたとき左ショートアッパー放れば楽にko出来たように思います 偽物だったのかもしれないですね
    井岡は見事 スタンプも打ち終わりの復元力が素晴らしかったです 井岡はせっかく強いのにチキンすぎて損してるように思います 階級あげる前に井上とやったら読めない好勝負になったと思います
    内山は…悲しいですね これで引退か 長谷川とは対照的な境遇でした

  • クッパ

    内山陣営は無策すぎましたね。前回よりディフェンスの比重を増やしただけで対策を感じませんでした。以前ほどスピードやパワー、迫力を感じなかったので衰えもあるのかなと思いました。
    とても好きなボクサーなので悲しいですが今のスーパーフェザーを勝ち抜ける実力はもうないでしょう。
    ナベジムに飼い殺しにされてしまいましたね。

  • コラレスはもうはっきりしてましたよね。
    左を振ってそのまま距離を徹底的に潰す。対するワタナベ陣営はブロックで凌いでから攻撃。
    事前に相性の悪さは内山本人も分かっていたようですが、戦術においても負けてたような気もします。

    あれだけ手数に差が出てアグレッシブ差でも劣るともう負けでもしょうがないかなと。
    むしろよくスプリットにしてくれたかなと感じました。
    終盤の腹を効かせた後の稚拙、あれはファイトの精神的な消耗に加えて、
    お題の通りのもう若くないからなんだろうと思わざるを得なかったです。

    こういうふうに内山が終わっていくなんて数年前には考えもしなかったです。
    哀しい。

  • れい れなーど

    あけましておめでとうございます。私も内山の勝ちでもありとおもえました。当たってないけど一応ダウンも獲ってたし。コラレスは今回見た限りだと次かその次に負けるだろうなと感じました。三浦なら勝つとおもいます。
    グスマンはきっとかつてのユウジゴメスみたいに打たれ弱いだろなとはおもってましたがまさかボディで倒れるとは…岩佐小國だと岩佐を応援します。亀が割り込んできそうですが。
    今年もいままで通りの痛快なblog期待してます。

  • shou

    前回の試合の残像が勝敗をわけたように感じましたリターンマッチはやはり難しいですね。前半は特にコラレスに余裕が感じられ内山選手は常に警戒しながらの戦いになってしまい後半には精神的疲労がだいぶあり後一歩が届かなかった印象です。前回にこの戦い方ができていたならと思ってしまいました

  • 百済

    終始コラレスペースな印象でした。謎のダウン裁定を入れても内山がとったラウンドは3つか4つぐらいにしか見えませんでした。ダウンの後も内山ペースに傾いたとは思えなかったです。
    内山のパンチが当たり出したけど、手数もヒット数もコラレスって印象でした。
    腹を効かされてからは酷かったけど、むしろ勝利への強い執念をコラレスからは感じました。逆に内山からは感じられませんでした。

    解説陣が内山ペースと言ってるのも自分は違和感ありました。
    コラレスは若いので、こ
    れからも頑張ってほしいです。
    内山は残念だけど、お疲れ様でした。
    面白い試合でした。

  • はじめ

    内山の試合を現地リングサイドで見ていました。確かに僅差と言えるほどポイントをとっていたかと言えば、ポイントルールを踏まえて過半数はないと思いました。僅差まで行けたのは地元ということや謎のダウンの影響かなと。ただ、内山陣営の策がなかったとは思いませんでした。距離感、フェイント、コラレスは本当にスキがなく、そこに今の内山のスタイルではなかなか攻略しにくなったと思いました。特にコラレスのノーモーションのストレート、瞬間的なスピードの速さ、ポジショニング、懐の深さ、あらゆるものが長けていたと言わざるを得ません。ロマチェンコ、パッキャオなど、スタイルの違う選手とやれば攻略の可能性もあると思いますが、一発の強さのみではやはり勝てない。要は相性が合わなかった。しかし、後半はその強みを生かしジワジワ効かせて、相手の反応を落とさせた。このままいっていたら、、、と期待させるところまでもっていったところは内山の強さですし、ガードを基本に打ち終わりにボディ中心に攻める展開は陣営の策の一つだったと思う。同じ相手に2敗したが、まだ世界で戦える選手だとは思います。あとは本人の気持ち次第。そこは尊重します

  • 一瞬のマ夏

    間違いなく田中、小國がMVPですね。
    グスマンは注目していましたが、舐めていたのか小國がどういうボクサーか知らずにやっている感じでした。小國は和気がやられた試合をよく見て対策していたのでしょうね。違いは小國は動きながらも下がりながらもパンチを出せる事。グスマンの出来が悪かった事もあるしパンチをまとめられる危ない感じもありましたが、でもよく頑張りましたね。内山は淋しい終わり方でしたね。井岡は好きなだけにこんな相手じゃ物足りない。八重樫や井上と違ってボクシングってものをただのフィジカルの勝負ではないと見させてくれるボクサーですが、いかんせんその言動と実力者とやっていないという事で数年前ならそれで良かったかもしれませんが今はダメです。評価できない。カシメロ・エスト相手でも昨日のボクシングが出来るのか?見たかったんですけどねぇ。。。

  • うっちー

    内山選手は今後どうするんでしょうかね?
    続けるならジムを変えるべきでしょう
    昨日の試合は内山選手自身にも問題があったのかわかりませんが、一番はジムの無策、レベルの差だと思ってるので
    もっと細かく作戦を組み立てられていたら、前回も違った結果になってたかもしれない
    ただまあ、内山選手の正確とかを考えると、変えないんでしょうけど
    本当に勿体ない…

  • みなさん

    後日感想まとめたいとおもいます。

    ジムに飼い殺しにされた
    陣営の無策、というか平凡すぎる。

    なども感じられ悔しい想いがありますが
    昨日の試合プランは内山自身と陣営が立てたものですよね。

    ボディを当ててもうちょっとで倒せそうでしたが
    易々と逃げられるし、内山自身も疲労かダメージで
    クリンチワークでも何もしないし(これはいつものことか)
    なんか技術的に稚拙に映るシーンが多かったです。
    危ないタイミングの被弾や若干効いたような部分もありました。

    反応の鈍り
    技術の陰り
    打たれ脆さ

    を感じたのは確かで、37歳、もう再起は難しいだろうなぁと
    感じてしまいました。

  • camaro

    三浦ならコラレスを粉砕してくれるんだろうなと思って見てました。
    昨日は全く怖さが無かったです。
    勝ちに見えましたが衰えたようにも見えたし、いよいよ引退ですかね…。

  • camaroさん

    昨日もコラレスは背は低いが身体は大きかったですね。
    VS内山だと速いだけじゃなく大変な強打者にもみえるんですが、三浦や他のSフェザーに対しても強打者なんですかね。

    ジェイソン・ソーサとかならもっとシンプルにコラレスを潰しに来るとおもうんですが
    内山とは相性なのか、そんなにスピードと技術と強打をあわせもったいいボクサーなのか
    未だに謎です。

  • うっちー

    なんだか、長谷川選手とは対照的な終わり方が来そうで凄く哀しいです
    あれだけの力を持っていながら、存分に生かしてやれず散ってしまった現状を「悲劇」の一言で片づけて良いものなのか
    人間的にも凄く好きで尊敬している分、あまりに報われなさ過ぎて見てるこちらが辛いです
    でもそれがボクシングの残酷であり、美しさでもあるんでしょうね
    せめてもう一花だけ咲かせて、グローブを置いてほしいなと、今は思います

  • もう一度見てみましたけど、ちょっと気が変わりました。
    はじめさんも仰っていますけど、やっぱりスピード差が何もかも顕著だったなと。
    ハンドスピードもボディワークも。ジャブを当てるどころではない。
    身体能力の差が顕著でもうどうしようもなかったと感じました。
    前半腹を打っていればとも思いましたが、それすらさせてくれなかったということでしょう。

    個人的には三浦でさえも喰ってKOされてしまうのではと思います。
    ノッてる尾川でも無理でしょう。まだ底は見えない気がしますが、
    内山をこれだけ封じれるのはそういうレベルだと思います。

  • 八さん

    2日間のボクシング祭りで採点は比較的公平でしたし、下田や内山の苦戦を見て感じたのは国内だけの世界レベルらしきものを楽しむ時代はもう終わったのかなと。長谷川や内山が最後のそういう選手だったのかなと。

    やはり、予想以上に強かった田中や井上のボクシングが突き抜けて輝いていました。こういうのは本場でみたいボクサーです。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)