スポンサーリンク



ライトフライ 階級別

田中VSアコスタ

更新日:

一番見たかった試合、無事みれました。録画もしました。

アコスタは相手が田中でなければ王者になっていただろう。
勝ってプエルトリコにベルトを持ち帰ることを確信しているような、自信に溢れ、力強い立ち上がり。しかも、ルーズなガードや荒っぽいところが消えて丁寧で盤石。相当対策、練習してきたな。

対する田中、本当はフェンテス戦のように序盤からクールな動きで見せ場を作りたかったろうが、アコスタの基礎力が想像以上で、序盤は順応、対応に費やされた。手数、パワーも劣勢で、KO負けしそうなムードすらあった。

しかしカウンターで返す田中の小さなパンチが功を奏し、5ラウンドに逆転のダウンを奪う。このダウンがわかりにくいもので、時間差を置いた倒れ方。これが効いたのだろう。ここから流れが完全に変わりました。

田中は派手なアコスタのパンチをガードしていたのに対し、アコスタは田中の地味なパンチをコツコツ食っていたのだろう。効き方、ダメージに差が出てきてここから田中のペースになっていった。

最後までアコスタも一流選手らしく対抗してきたが、序盤の緻密さが消え、特徴的なフックのコンビは田中を捉えることはなさそうで、田中ペースのまま終了。中差~大差で田中の勝利となった。細かな部分でのスピード差の勝利かな。

せっかく呼んだゲストの田口の言葉がほとんど聞かれないくらい張り詰めたレベルの高い試合でした。アコスタが本物だったからだろう。
統一戦をしきりに煽っていましたが、レベル自体は国内統一戦より今日のこの試合の方が上だろう。

今年やろうという田中に対し、田口は次の試合に勝ったらやると答え。律儀すぎる。(もう無難な試合が大体決まっているのかな)
本人同士が腹をくくっているのは間違いないのだが・・・

アコスタも田中も、とんでもなく強いなと互いに感じたことだろう。

井上尚弥の次に強い日本人が田中だと正直に思う。
そして、井上より先にとても実のある試合をクリアした。

年よりなので悔しいけど山中より上に評価しちゃう。
世界に出せる王者です。海外で活躍できる逸材だ。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

-ライトフライ, 階級別

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2017 All Rights Reserved.