ベテルビエフVSプリエト

スポンサーリンク


プリエトというのはここまで26勝22KO1敗3分 唯一の負けはトップコンテンダーのエレイダー・アルバレスに判定負け。
動きもよく、いい選手なのは間違いないんですが。

これはもうすさまじいまでのパワー差です。
ベテルビエフもいつもよりアウト気味で丁寧に戦う予定だったんでしょう。珍しくフットワーク使って下がったりして。
最初の芸術的なカウンターもアングリですが、最後はクリーンヒットではなく、後頭部付近をかすめただけですよね。
カナダなのでビュテが観に来てるのかな。
懸念は長丁場やりたくてもそうならない試合ばかりな事でしょう。
こんな試合をしてたら、無冠の帝王まっしぐら。モンキースティーブンソンは全力逃走するだけだ。

逃げやーい!

5件のコメント

  • うっちー

    最初のダウンシーン、何が起きたのかわからないくらい鮮やかですね
    やばい…本当にやばい…

  • camaro

    相手相当悔しがってたけどこのパワー差じゃどうしようもないですね。
    ベテルビエフは汗もかいてないのでは?

  • クッパ

    こんな戦い方もできるんですね。これだけパワーがあれば打たれ強くはないウォードは直撃しなくても倒れそうです。コバレフは自身も打たれ強くないのであのような戦い方になりましたが、ベテルビエフなら引いても強引に出てもアドバンテージがありそうですね。
    スティーブンソンはもはや空気…

  • 実況もテリフィックパワーって言ってますね。
    軸がほとんどブレずに軽く腕を振った(ように見える)だけでなぎ倒し続けると。
    ほとんどゴロフキンですね。

  • うっちーさん

    こうう美しいカウンターをベテルビエフで見れるとはおもいませんでした。

    camaroさん

    アウトボクシングも意識して?ジャブは食ったりしてますから
    ウォード級の職人だとわかりませんが、戦いたくないなぁとおもわせる勝ち方ですよね。

    クッパさん

    まだ未知数な部分はありますが、勝ち方がエグすぎて。
    タフそうだというの、もそういう風にみえるだけですが。
    ウシクはこの男に2勝ですからね、(アマのヘビー級ですが)

    八さん
    コバレフやベテルビエフにも勝ったことのあるアトエフという選手に
    村田は2勝してるんですよね。

    記録だけの話ですが。

    王者になる前の怖さではGGG以上ですね。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)