ゲナディ・ゴロフキンVSカーティス・スティーブンスその他

スポンサーリンク


ケンナジーなのかゲナディなのかわかりませんが、故郷を離れても多数の試合をこなす、裏P4PのGGGの9度目の防衛戦。全部ノックアウトです。

アマチュアの実績と超プロ向きなスタイル、豪腕にしてタフ、カザフスタンという国のボクシングの強さを体現しているゴロフキン、攻撃型ボクサーでは今や世界ナンバーワンの評価ではないでしょうか?
対する地元の挑戦者は負けも多いがハードパンチャーで怖い顔のスティーブンス。
見所は総合力はゴロフキンだがスティーブンスの強打を食っても平気なのか?一発の波乱があるのではないか?くらいだったとおもいます。

それでもやはり、ゴロフキンの打っても打たれてもスティーブンスを上回る屈強さが際立つ内容でギブアップのTKO勝利。

しっかり見てませんので内容には触れることができませんがスティーブンスが頑張ったのでゴロフキンの全貌がかなりわかるような感じだったようです。
ゴロフキン、華麗さはありませんが人間として動物として?常人とはかけはなれた屈強さを感じる鉄人です。
彼のような資質の持ち主に打倒メイウェザー、打倒ディフェンス全盛ボクシングに夢を抱くのは必然です。

アマでもほとんど、負けてないんだよなぁ。ホームで試合が出来ずとも試合内容で皆を納得させる本物のスターです。
本人は未だ表ではナンバーワン評価のセルジオ・マルチネス戦を求めているようですが、人気も知名度もないがコンプリートボクサーのマット・コロボフとの指名戦の話もあったりで・・・
マニア的にはコロボフ戦見たいですがミーハー的には早くビッグマッチやらせてあげたいです。

[youtube]http://youtu.be/-K4UT1aNYKc[/youtube]

その他、注目の試合あり。

ジョバンニ・セグラVSエルナン・マルケス
[youtube]http://youtu.be/kOWDoUGCN_w[/youtube]

元王者同士のサバイバル戦。最終回、最後のノックアウトでセグラの勝利。
すごいなぁ、こんな厳しいノンタイトルやってる世界で日本人が王者でいられるわけないとおもってしまいます。
こういう試合を生観戦したいなぁ。
三段論法的ですが八重樫VSソーサ戦、やっぱりソーサが断然有利だとおもっちゃいました。
[youtube]http://youtu.be/o3G2BRGdQgU[/youtube]
セグラはソーサに破れ後退してしまいましたが、ジョナサン・ゴンザレスとマルケスを破り、再浮上してきました。
王者より強い元王者といえそうです。
ジョナサン・ゴンザレス、めちゃいい選手ですよ。

八重樫の勝機は相性と戦略しかないでしょう。スピード差でなんとかのりきってくれ。

マゴメド・アブドスアラモフVSマイク・ペレス

ヘビー級プロスペクトで紹介した無敗同士の対戦。アブドスアラモフは全部KO勝利でした。
結果は小さなペレスのユナニマス。
今のスーパーヘビー級時代ではちょっと厳しい体格のペレスですが、なんか負けない、上手さ、柔軟さが備わった選手です。
これも豪華な無敗同士のサバイバルマッチでした。

色々感慨深いものがある週末でした。
クリチコ王朝、メイウェザースタイル、もう飽きたのでぶっ倒して勝つ拳闘の復活を願ってまた来週。

5件のコメント

  • ボロカブサムライ

    GGGはパンチが良く出るしかも強い、タフさも並ではありません。メイフェザーはミドルには上げないでしょうし、ゴロフキンの突進は止められない気がしますし、やらんでしょう多分。セグラは、マルケスのカウンターでやられそうな気がしていましたが、凄い突進力です。とても軽量級とは思えません

    フライ級は良い選手がいますね!

  • プクー

    ボロカブサムライさん

    やらんでしょう。
    GGGの攻撃をさばいて判定勝ちするならメイウェザーを認めますが。

    フライはこんなにサバイバルやってるのに亀が王座とって逃げていったり井岡もたぶん確実に強豪避けて3階級目ゲットするんでしょう。また華麗に階級通過するんかいな。

    八重樫だけですね。本物とやるのは。

  • 野上のタケ

    映像UPありがとうございます。

     GGGは強いですねぇ。
    何が強さの要因なのか、
    自分にははっきりとはわかりません。
    ただ、強いことには間違いない。
    タフでハードパンチャーで体幹が強く、
    ボクシングレベルがとても高い。

    WOWOWで浜田さんは、GGGが
    力んでおらずスムーズにパンチが
    でていると、賞賛していました。
     恐ろしいチャンピョンです。
    目が離せません。

  • プクー

    野上のタケさん

    顔は童顔ですが何か体の強さが別次元ですよね。
    ロシア圏に多い気がします。

    環境と食事か?

    この試合もスティーブンスよく頑張ってましたが
    じわじわ重いパンチを食らい、最後はサンドバッグ状態でした。

    しかしパンチが強すぎてスティーブンスは亀のようになってしまいましたが
    ラストのGGGの攻撃はゆっくりやりたい放題という感じで
    メイウェザーやマルチネスのスピードでもこんな状態に持っていけるのか
    ちょっと疑問にも感じました。

    無類の強さですが、いままでははっきりと格下、勝てる相手ばかりだったのは否めません。
    速く、上手い、キレのある相手とやってどうなのか、プロクサ戦は興味深かったですが
    プロクサが呑まれてしまいましたのでやはりこれからに注目です。

  • プクー

    2ラウンドのスティーブンスのダウン
    驚いたような顔が印象的です。