イエフゲン・ヒトロフ11戦目

スポンサーリンク


ずっと追いかけようとおもってるので記録。
世界ランクは村田の方が上だが、キャリアも対戦相手の質も勝ちっぷりもこの男の方が上だ。
来年あたり勝負の年かもしれない。

[youtube]https://youtu.be/SrohohzYs5o[/youtube]

相手はここまで17勝3敗2分のニック・ブリンソンという選手。
アンドレ・ディレルや無敗選手に負けただけ。

この試合も課題をもって練習しているようでヒトロフはガンガン攻めず、距離をとり相手の実力を図っているような出だし。
ダッキングがうまいが、リーチが短くアウトボクシングでポイントをとるほどのテクニシャンではない。
ブリンソンの方が黒人特有の身体能力の優れた選手にみえなくもない。

しかし3ラウンドあたりからヒトロフの特徴であるプレスがはじまり、徐々に差がつきはじめた。パンチの音が違う。
ヒトロフは右ストレートの後体を流しそのままサウスポー状態からの左フック、ボディよよくみせる。最近よく見るこの攻撃だがヒトロフのサウスポーからの左は強烈だ。

最後は8ラウンド左フックからの連打で終了。

ブリンソンはいい選手だったが手打ちでパワーがなく、軽いジャブをコツコツともらっていたヒトロフ。
プレッシャーはきついが足とパワーを持ち合わせた選手だと捕まえきれずカウンターを食いそうでもある。

プレスをかけて重い連打を見舞って倒すという勝ちパターンが確立している。

やはりGGGの域ではないが、似た特徴があり、アンディ・リーやデビット・レミューよりはすでに強いかもしれない。

被弾はするんだけど頑丈なんだよな、たぶん。

いずれにせよ、村田よりは強くみえる。
これからも追いかけていきます。

5件のコメント

  • みっちー

    この日キトロフと同じリングに立った
    セルゲイ・デレブヤンチェンコを知っていますか!?
    一部でキトロフ以上の素質があると囁かれている選手です。
    この日でプロデビュー後6勝(4KO)としています。
    https://www.youtube.com/watch?v=ZbZycbE_BHg

    元オリンピアンで、WSBでは20戦以上闘っています。
    僕は『キトロフ以上』とはいいませんが…ミドルにはこんな選手も参戦してきましたね。

  • プクー

    みっちーさん

    知りませんでした。

    対戦相手のアヤラは経験豊富なので質では村田やヒトロフ以上で出世を急いでますね。
    確かにヒトロフよりクイックな気がします、逆に頑丈さはヒトロフかな。
    ヒトロフよりボクサー寄りで華麗です。

    ライバルで対戦歴もあるんじゃないかな、ロシア生まれのウクライナ人みたいですね。

    WSBで23勝7KO1敗とありKOパンチャーではないのかな?
    WSBは判定が多くなる傾向ですが。
    これを加えるとキャリア十分ですね。

    アバウトですが

    デレブヤンチェンコがアマで390勝20敗 の29歳

    ヒトロフはなんと480勝20敗 の27歳

    すさまじいですね。

  • プクー

    ニック・ブリンソンはアマでエロール・スペンスに勝ってます。

  • 野上のタケ

    お世話様です。

    ヒトロフ、ニューヨークをホームに
    しているので、今回は、
    ニュージャージー、アトランティックシティでの会場のようですね。
     以前のような、嵐のようなパンチの連打、野獣のような荒々しさはみえませんでした。
    しかし、ウィービング、ダッキングと
    攻撃も、防御も高いレベルでまとまりつつあり、プロボクサーとして完成されつつあるように思えます。
    ただ、スピード感はあまり感じませんでしたねぇ。コーナーでのインターバルでも
    かなり疲れているような感じでした。
    体調が悪かったのではとも思いました。
     いつも考えてしまうのは、
    今のヒトロフとGGGとどちらが強いのか
    ということです。
    スピード感、パンチの当て勘でGGGが
    上をいっているように感じます。
    パンチ力はどっちが上かわかりません。

    この激戦区に、村田がどのように
    絡んでいくのか。
    不安でもあり、期待したくなるところです。

  • プクー

    野上のタケさん

    GGGの方が強そうなイメージですが
    GGGも王者になって強い勝ち方するまで無名でしたし
    打たせるが頑丈だなぁくらいにしかおもってませんでした。

    アマでこれだけキャリアあるとどっちが上か
    少なくともパワーはわかりませんね。

    ヒトロフは倒しまくっていたようですし。

    いずれにせよ、4団体いずれかの王者よりはすでに強い
    運やタイミングはありますが王者になるんじゃないでしょうかね。