スポンサーリンク



階級別 フライ ミドル

ゴロフキンVSレミュー、ゴンザレスVSビロリア 他

投稿日:

2大巨頭、メイウェザーとは違うスタイルでP4Pの一角ではないかと言われる2人の競演。
ロマゴンの相手はもうこの男しかいないというくらいの存在感を示すビロリアですが

ゴロフキンの相手は騒がれるほどビッグネームでもスターでもなかったような気がします。
強打が自慢のレミューですが、苦戦が多くまだ新米王者でした。

試合は皆究極のコンディション。

まず、ロマゴン、ビロリアのいいパンチも当たる距離で平然と打ち合うのだが、いちいち急所に打ち込むパンチの的確さとよどみなく続く連打。
攻防一体で流れるように急所をはずすディフェンスなど相変わらず異次元の強さだ。

ビロリアのような好選手でも攻めと守りは分離し止まる瞬間があるが、ロマゴンは止まらない。
ずっと流れの中で攻め続けている。

メイウェザーなき後、このクラスでP4Pの評価を得た彼だが、やはり異能のボクシングマシンのような強さだ。
いくら井岡が丁寧にコンパクトに戦おうが、ロマゴンにとってはなんともないだろう。
ビロリアでさえ、日本人はひとりも挑んだことがないほどの強き元王者。
WBA正規ベルトは簡単にとれる実力だ。

しかし、パンチが届かぬ距離ではなく、3階級目のフライでは一撃必殺でもない。ずっと続く攻撃に相手が限界ストップという結末が多い。

スピード、切れ味、体格、パワーとも、井上尚弥の方がある。
しかしナルバエス戦限定であり、いつもあんなにキレキレに仕上がるのかはわからないし、ゴンザレスの方がずっといい試合数、相手レベル、キャリアを積んでいる。
井上の場合、リングにあがってみないとコンディションがわからず、負傷などアクシデントも多い。
ゴンザレスの方が怪我しない戦い方を熟知し実践している。

井上尚弥こそ筆頭だとおもうが所詮はナルバエス戦限定で妄想するしかない。
年末防衛戦をしても、ロマゴンとの相手レベル、試合のクオリティ差は開く一方だ。

ロマゴンは並の強豪では相手にならない。全盛期のトリニダードみたいなキレとスピード、経験したことない次元のパンチだけが脅威でありそれは昔のドネアであり井上の事を示す。

一方でメキシカンで頭ひとつ抜けつつあるエストラーダ、かつてロマゴンに負け、ビロリアに勝ってきたが彼なら善戦、間違いなく判定まではいくだろうもう一人の超強豪だ。

つづいてゴロフキン

強打者対決、レミューほどのハードパンチならゴロフキンも倒れるという煽りだったろうが
冷静に考えれば、パワー以外の要素ではゴロフキンが圧倒的に優れたボクサーであるのだから無理に打ち合うことはないのだ。
そういう見方をするとレミューは簡単な相手だったと言える。
基本に忠実にジャブさえついていればそれだけで両者の差は歴然だ。

レミューは怪力系豪腕で力みが目立つが、ゴロフキンは力まずとも硬質パンチャー。
自然体ではレミュー以上にゴロフキンの方が実はハードヒッターだ。

打ち合わず、力を抜いてジャブから理詰めに攻めていくだけで差は開く一方だった。
ロマゴンに似て、コツコツとハイテンポな攻撃の手を緩めず、レミューはもうタジタジで打つ手なしになってしまった。

超破壊的なのに力みがないのがゴロフキンの強さ。
パンチもいちいちナックルがかえっており、硬い部分をねじ込んで当てている。

ゴロフキン攻略は難しいが足を使ってボディ狙いしかないだろう。

ロマゴン、ゴロフキン、似て非なる2人の異能ボクサーに誰が黒星をつけるのか
今後も2人の試合はボクシングの魅力が詰まった素晴らしいものになるだろう。

-階級別, フライ, ミドル

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2017 All Rights Reserved.