プロスペクト:ブライアン・カスターニョ他

スポンサーリンク


未だ無名の若手ホープたち。
名前だけはちらほら聞いてましたが、改めて試合映像はジーコさんのツイッターで知りました。
その他選手も交えて。

皆まだキャリアの浅いホープですが、トップアマチュア出身であり、WSBなどでキャリアを積んでいる選手たちなので勝負の時は早いかもしれない。
WSBの方がみんな強いので手っ取り早く世界最強を決める団体、ハイレベルかもしれませんね。

ドミトリー・ビボル(ロシア→キルギスタン)
5勝5KO

[youtube]https://youtu.be/hsQJWhf-m80[/youtube]

わー、オルズベック・ナザロフの地元だぁ。
詳しいキャリアはわからないがロシア代表選手だったよう。セルゲイ・コバレフに似た過程を持つ。
ミドル~ライトヘビーでやってたみたいで東洋顔といい俊敏な身のこなしといい金メダルの村田よりいい選手にみえてしまう。
Lヘビーなのに軽量級並みのスピードがあるがパワーが足りないか?

セルゲイ・クズミン(ロシア)
5勝3KO

[youtube]https://youtu.be/TrfkKGclC6M[/youtube]

この風貌でもまだ28歳。2010年アマチュアスーパーヘビー級チャンピオン。
負けちゃってますが、映像はWSBの試合で相手はクロアチアのトップアマでメダル多数。リオオリンピックでも金を狙ってる人です。

ブライアン・カスターニョ(アルゼンチン)
10勝8KO

[youtube]https://youtu.be/D1E9PNN6hXA[/youtube]
[youtube]https://youtu.be/QHItU1edMY8[/youtube]
WSB:相手はプロでは無敗のデレブヤンチェンコ
[youtube]https://youtu.be/GQYavOO-VZ4[/youtube]
WSB:相手は村田が五輪初戦で下した選手

マティセやマイダナを超える選手になるのはこの男かもしれない。
エネルギッシュでセンス抜群で面白く強い。
アマではエスキーバ・ファルカオやエロール・スペンス、セルゲイ・デレブヤンチェンコらに勝っているのに
五輪ではなぜか予選敗退。

こういう派手なボクサーって必ず壁にぶつかるものでそんなにガムシャラにやらなくていいのだ、もっと楽に勝てるのに。
ホルヘ・リナレス系の一見超天才なボクシングなのだがこういうスタイルをつぶすボクシングというのが必ずある。

しかし最高潮にエキサイティングなスタイルだ。

問題はややサイズが小さいのに村田と同じミドル級ということ。
見栄えどうですか?村田より全然強くみえるのだか・・・ボクシングって奥が深い。

セルゲイ・デレブヤンチェンコ
7勝5KO

[youtube]https://youtu.be/iLxzobX5tGI[/youtube]

WSBではカスターニョに負けちゃいましたがプロでは無敗。
村田とやったニックロウを滅多打ちにしてますな。
やはり村田は方向性を間違えているような気がします・・・

4件のコメント

  • Aprilweather

    https://www.youtube.com/watch?v=iTRYsJnsWfY
    最終的なアマ戦績は村田の方が上なのに、デレブヤンチェンコの
    方がずっと基礎技術のしっかりした正統派のアマエリートに
    見えるのが不思議です。
    村田はあの時期のアマルールに数少ない世界トップレベルで
    通じる長所が上手くハマった特殊な選手なのかもしれない。

  • メイウェザーなんかとは比べ物にならないぐらい面白い試合ですね
    デラホーヤも言ってますけど、メイウェザーのようなボクサーの引退はボクシング界にとっていいコトですね

  • ジーコ

    カスターニョはツボにハマると滅茶苦茶強そうですが、はたして上位陣相手に通じる深みはあるのか、そしておっしゃる通り階級はミドルで良いのかが問われていきそうですね。
    この中でも若いし一番期待しているのがビボルです。あの風貌で加点してるのも確かですけどね(笑)

  • プクー

    Aprilweatherさん

    国内無敵でも国際舞台でずっと勝てず一度は引退した身。
    当時のエースは川内でしたからね。
    ルールの変更と世界の強豪にも通用する武器がひとつでもあったのが突破口になったのでしょう。
    研究熱心ですからね。

    今はパンチは全部ブロックしてその後打ち返すというすごく単調なボクシングにみえますが相当パワーがあるのでしょうね。

    dさん

    メイウェザーもアマチュアでは4敗だかしていて、プロになるにつれ自分の一番の強みである反射神経を磨いて負けないボクシングの道を選んだのでしょう。
    カスターニョみたいなエキサイティングなスタイルの人はリスクを背負って勝ちに行く道ですからね。

    ジーコさん

    すごいダウン奪うのに相手はケロッと立ってくるしレフリーもなかなか止めないし
    この相手は強いのかなと調べるとこの試合後全敗です。
    見た目ほど効かせきれてないのかもしれませんね。
    ヴェルデホみたくスペクタクルな選手ですがまだ勢いだけのところもありそうで。

    ビボルという選手、キビキビしてて素晴らしいですが
    コバレフ、ベテルビエフ、メコンツェフと同階級、同国ですがどうでしょうかね、ロシアこの階級エグイです。