イエフゲン・キトロフ(ヒトロフ)15戦目

スポンサーリンク


ミドル級。純粋に期待できるのはGGGVSジェイコブスでジェイコブス自身「リングでは何が起きるかわからない、あっと言わせてやるぜ」と腹をくくっている様子だ。その他は狙い目なソーンダースを巡り、村田だ、カネロだ、カネロにはチャベス戦の選択もある、いや指名挑戦者は1位のクルツィゼだと騒がしい。
その裏で誰でもいいぜとチャンスを伺うイエフゲン・キトロフ(ヒトロフ)の15戦目が目前だ。WBCシルバータイトルマッチだそうです。

イエフゲン・キトロフ(ヒトロフ)
14勝12KO

ロンドンでは不当判定に泣いたがGGGの継承者というべき王道ホープ、世界選手権覇者。プロ入りは村田に出遅れたがキャリアは既にそれ以上。今回の相手は無名だが、なかなか骨がありそうな無敗のアルヘイモンの選手です。

イマニュエル・アリーム
16勝9KO1分

アマ実績等はわかりませんが、アルヘイモンの選手だし、PBC公式の映像もちゃんとあるんでホープの一角で間違いなさそうだ。
映像みても動きがいいです。23歳と若くなかなかのもんです。



直近で17勝1敗の相手と引き分けてますがここまで無敗。
アマ映像もあり、いかにも黒人アスリート系です。

対するトップホープのキトロフ(ヒトロフ)は試合にムラがあり、GGGほどの脅威は今のところ感じないがやっぱり重厚でツボにはまった時のパワーはやばいです。

14勝12KO

やっぱりファイターだろうなぁ。オーソドックスですがロマチェンコの同胞らしく横に回り込んでの瞬間スイッチというか、左右関係なく決め手があります。

村田は本場ミドルといえない雑魚専ばかりなので何ともいえないが試合内容自体は最近はいいと言われる。
自分のスタイルがようやく固まったようだ。
しかしよく見ると村田って左フックがないんだよなぁ。ボディはありますが。あくまで右を当てたいボクシングに映ります。

五輪金を逃したため、マイナー路線から地味な歩みとなりましたが、アメリカに移住し本場のミドル相手にコツコツとキャリアを積み上げているキトロフ(ヒトロフ)の方が強いし中身が伴ったキャリアであると個人的にはおもっています。
けれど今回の試合はムラがある彼にとっては結構難敵であり、確実にKOしないと速さと上手さに苦戦も十分考えられるような気がします。

誰からも認められる絶対的な実績、あるいは指名挑戦者にならないと声もかけてもらえぬキトロフ(ヒトロフ)でしょうし村田よりチャンスは遅れそうですが、GGG35歳、バトンをつなぐのは彼かもしれないと今は静かに見守っておこう。

GGGの独壇場で、こいつしかいないとおもってたキトロフ(ヒトロフ)ですが、最近はアイルランドのジェイソン・クイグリーもやばいぞと気になりはじめています。カザフのアマ王者もプロになりましたしね。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシング ブログランキングへ

5件のコメント

  • れい れなーど

    先ほどエキサイトマッチでインドンゴやってました。噛ませ要員できた貧困の国ナミビア人がロシアのセレブな観衆の前で筋骨隆々の無敗の王者をぶっ倒すのみてスッキリしました。ジョーさん浜田さん高柳さんの実況はいつも最高ですね。三浦も10分位でてました。現地でもかなり宣伝が放送されてるようです。ジョーさんローマンのこと豆タンクみたいとか言ってました。三浦とは噛み合ういい試合になると。楽しみで仕方ないです。ソーンダースもやってましたが迫力全くないですね…
    ジェイコブスはプクーさんお気に入りのピログに負けた過去がありますがかなり前で今は別人のように強くGGGにとってキャリア最強の相手だとおもいます。
    キトロフの相手強そうですね。

  • れい れなーどさん

    トロヤノフスキーは嫌いじゃないし注目してましたが
    インドンゴの勝利には久しぶりにスカッとしました。

    長谷川が相手の呼吸まで読み取ると言ってましたが
    偶然でしょうが呼吸までピッタリな超絶タイミングでした。

    どうしても日本人なので村田に期待する声が多いですが
    キトロフの相手の方が米国本場で手ごわく見えます。

    日本が得意なタイ・フィリピンのかませキャリアを
    ミドルだといないので、南米や本場以外のミドル級で
    ごまかしながら作っている戦績にしか感じられません。

    一人でも元王者とかトップランカーとか実力の知れた相手と
    やって欲しいものです。

  • 杉川

    村田に関してはトップランクも絡んでいるんで、帝拳だけの責任ではないと思うのですよ。ついでに言うと元王者といっても今のミドルはぱっとしませんし。レミューとゴロフキンの統一戦なんか大人と子供ほどの実力差がありました。ゴロフキンは今度ジェイコブスとやりますが、レミュー戦と結果は大して変わらないでしょう。

    ただミドルはゴロフキンが去らないと活性化しないと思います。村田程度のボクサーやぱっとしないイギリス勢のミドルボクサーが幅を効かせているのもゴロフキンによる焼け野原効果でしょう。適性階級超えてるコットやカネロですら王者になるんですから正直お笑い状態です。このあたりが整理されると管理人様がおっしゃられてるようなボクサーも目が出ると思うんですけどね。簡単に王者になれそうなモンローがくすぶってるように、他にももっとランク外に強いボクサーはいそうな感じです。

    まぁゴロフキンが強すぎてミドルは焼け野原になっているので、出来れば速くSミドルに殴りこんでほしいのですが。

  • 杉川

    村田程度って言うのはさすがにちょっと言葉が過ぎました。村田は石田が引退した今となっては間違いなく東洋に相手はいないです。ミドルのランカーでは世界で見ても10指かそれ以上と評する人もいると思います。ただミドルは歴代で日本人が歯が立たなかった階級であり、世界にはもっと強いのがごろごろしてると言う感はぬぐえません。ゴロフキンが去った後に村田は真価が試されるんじゃないか、と言う感じがしますね。

  • 杉川さん

    ランキングはGGGに一掃されてさびしい感じですが
    その他に強豪はいそうですね。

    ジェイソン・クイグリーというのが
    ランキングはまだ低いですが村田と同じくらいのキャリアがあり
    ヒトロフにもアマで勝っており

    自分が調べた限りではカザフのアマ王者(プロ入り)に負けた1敗だけ
    というものでした。

    めちゃ速いです。
    注目です。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)