セバスチャン・ヘイランドVSジャモール・チャーロ

スポンサーリンク


これが、ゴロフキンの持つWBCミドル級の挑戦者決定戦だそうです。ジャモールのミドル級初戦でもあるので興味深いです。弟以上にキレのあるパンチでインパクトの強い勝ち方をしている兄ジャモール。あの切れ味はミドルでも健在か。

ジャモール・チャーロ
25勝19KO

身長183センチ
リーチ187センチ

チャーロ兄弟(どっちも)をトリニダードっぽいと言ってるのは自分だけだとおもいますが、とてもシンプルなアップライトのオーソドックスにして、キレがすさまじいのか、スカッとするKO勝ちが多い。風貌とパンチの質にティトの面影をみているのかもしれません。

ハイライトをよくみると、シンプルゆえにパンチに腰が入って力強いのと、やっぱりジャブが素晴らしいです。バズーカジャブになっています。

今のままだとカネロ戦は無理そうだし弟と同じ階級だと厄介なので(弟とはやらないと公言)減量苦もあるが、やや必然的な階級アップだとおもわれます。

シンプルで攻撃的なKO型なので誰とのどんな試合でも楽しめます。けどやはりトラウトのようなテクニシャン相手には苦労しましたね。

セバスチャン・ヘイランド
29勝16KO4敗2分

長く、世界上位ランクにいるアルゼンチンの選手。たしか、村田の練習相手を務めた事もあると聞いたような。

映像は音声が消されてますが、好戦的なサウスポーのようです。雑草的なキャリアですが、マシュー・マックリンに勝ってこの地位を確立したようです。

予想としては、チャーロのKO勝利でしょう。
KO負けのないヘイランドの粘りに期待です。

ヘイランドのボクシングもエキサイティングですが、ミドルの迫力には欠けている気がします。セルジオ・マルチネスイズムが入っていたら最高ですが、そこまでのテクニシャンにもみえません。

アルゼンチンにこういう選手がいること自体が貴重ですが。

ただ、この試合に勝っても、GGGにすんなり挑戦できるかは懐疑的です。GGGにはカネロ戦という大きな舞台がセットされています。もちろんGGGを支持、応援しますが、全てがカネロの計算されたタイミングにみえ、そこが不気味です。

ジャモール・チャーロがダニエル・ジェイコブス以上のパワーと資質を持ったスケールだった時に、GGGもキャリアの終盤を迎え、ミドルに動きが出てくるのかもしれません。怪物GGGも、もう35歳、キャリア最高の試合を終えた後にどうなるかはわかりません。

ジェイコブス戦の勝利は間違いないですが、効いたのか、警戒してたのかわかりませんが、結構危ない試合にみえました。無敗は無敵じゃないと感じた試合でもありました。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシング ブログランキングへ

9件のコメント

  • マイティ

    亀、内藤の挑発を無視➡その内藤、清水に大苦戦➡いきなり亀が対戦表明➡何故か延期➡変なチャイナと防衛戦を挟む➡改めて対戦決定➡限りなくドローな判定で内藤転落

    逃げ回ってた奴が急に強気になるのは不気味ですね。

  • SAKANA

    ジャモール・チャーロの体格はスーパーミドルでもいけちゃうじゃないのと思ってしまいます。トリニダードのこと何となく分かります。強いパンチを打ち込んでも体感がぶれないところがトリニダードもそうでした。そしてブルックに勝ったスペンスも同じです。そしてチャーロ兄弟とスペンスは同じジムでした。私はスペンスを見てトリニダードと共通するなぁ、と思っていました。でもブルック戦のスペンスは完全にブルックペースでしたけれど(それでも勝つんだからやっぱり強いですね)。どこの情報か忘れましたが、GGGはカネロ戦の後スパーミドルへ転級とかの噂もあるようでつ。

  • マイティさん

    カネロ、相手を選びまくってるが確かに屈強でディフェンスも良い。
    GGGとはスパーリングもしてたとおもうけど・・・
    判定だとカネロかもしれませんね、このタイミングはあまりよろしくない。
    GGGを応援するけど・・・

    SAKANAさん

    鈍いので今なんとなくおもいましたが
    SAKANAさんてあのSAKANAさんですか?かつてお会いしたような・・・

    スペンスもチャーロもシンプルに強いですね。
    曲者って感じはしません。

    たしかにミドルはGGGによって制圧されてしまいました。
    若手で面白そうな人はいるけど、知名度がまだまだなのでやらなくても・・・
    Sミドルはスター不在ではありますが、ジェイコブス並の体格がゴロゴロいるんで不安ですね。
    面白そうだけど。

    まずはカネロをぶったおして欲しいけど。

  • 杉川

    ゴロフキンは勝てばSミドル転向が噂され、カネロはWBCベルトは拒否の意向を示しているので、試合後に王座が空位になる公算が高いので、この試合が決まれば暫定王座決定戦になる可能性がありますね。チャーロ圧倒的優位なカードですが、ヘイランドにも意地は見せて欲しいです。

    ただWBCは帝拳とズブズブなので、指名試合が何故か立ち消えて、気付いたらヘイランドと村田の決定戦になってましたみたいなことだけはやめて欲しいです。

  • 杉川

    あとミドルでゴロフキンが去った後に台頭しそうなモンローjrも注目ですね。アウトボクサーとしてはララよりは落ちますが、一部ではトラウトよりも強いボクサーではないかとの評価もあります。不人気ボクサーなのでタイトルマッチのチャンスがあるかは怪しいですが、かなり不気味な存在になると思います。

  • あな

    自分はチャーロからはまさに中量級の井上を感じました
    チャーロはともかくゴロフキンのsミドルは大丈夫なんだろうか ゴロフキン自身は普段の体重がミドルリミットだし、体重を戻したジェイコブスに手を焼きました クイックネスに依存しないスタイルだから自身のパフォーマンスは落ちないでしょうが、相性的にも、またトップ層の面子的にも今までのような活躍ができるかは疑問です
    また村田ファンとしては相性最悪のモンローが台頭する前に出来ればゴロフキンカネロとやってほしいかなー、とか

  • 杉川

    ゴロフキンはスパーでは2階級上のボクサーとも互角以上にやれてるみたいなので、体重を増やした際に動きやキレを維持できるかの方が問題じゃないですかね。今のSミドルはLヘビーと比べると正直スカスカというのおごましいくらい層が薄いですし、あまり苦労はしない気がしますね。

    ジェイコブス戦の苦戦はジェイコブスのスタイルがカウンタースタイルの上に一度いいのが入ると壮絶ラッシュを持つだけに、ゴロフキンは相当警戒してましたからね。クイリンを瞬殺したようなラッシュを食えば、いかにゴロフキンといえどもひとたまりも無いですからね。まぁあそこまで引いたジェイコブスにいつものラッシュを撃つ余裕があったか微妙でしたけど、ゴロフキンは慎重すぎたんじゃないかと思いますね。ジェイコブスの戦術にも面食らったところもあるでしょうし。

  • 杉川

    村田はエンダム戦を見てもイマイチどれくらい強いのかよくわからないんですよね。パンチが出なかったのもエンダムのプレッシャーのせいで、撃つことができなかったのではないかとの評も一部で見かけますし。ただ少なくともエンダム戦でアレだけすき放題に顔面打たれたのを見る限りだと、強烈なフックを持つクイリンやレミューとやることになれば相当危険な感じがしました。当然ゴロフキンやカネロ、モンローあたりとやるには力不足です。思い切ってチャーロとやって玉砕するのが一番いいキャリアの終わり方ではないかと思います。たぶんフィジカルごり押しのチャーロのほうが、まだ村田に勝ちの目があるのではないかという感じがします、気のせいかもしれませんが。

  • 私はヒトロフの復帰やアイルランドのジェイソン・クイグリーが気になります。GGGの後輩にあたるザニベク・アリクハヌリも。

    Sミドルだと欧州圏に逸材がいそうですが、現状気になるのはベナビデスの弟デビッド君です。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)