スポンサーリンク



階級別 ミドル

ジェナディ・ゴロフキンVSサウル・アルバレスLIVE2

投稿日:

完全KO決着を願う。
前座が長いのでこっちでメインを

ジェナディ・ゴロフキンVSサウル・アルバレス

ゴロフキンの方が緊張顔

1R

ゴロフキンが前に出ていい感じだが
打ち返すカネロも反応がいい。

ただジャブが出てるのがゴロフキンの方

ゴロフキン10-9

2R

さすがのカネロでリング中央で戦えている。
ややカネロには遠い距離か

相変わらずゴロフキンのペース

ゴロフキン10-9

3R

ジャブは出てるがいつものような圧はかけられないゴロフキン
カネロの動きも鋭い。パワーは同等か
しかし後半ゴロフキンが前に出てカネロはサークリング

僅差なのでカネロ寄りかもしれないが自分は

ゴロフキン10-9

4R

スピードはカネロだが圧力はゴロフキン
ロープに詰めたが有効打は奪えず。

カネロは防御の時間が長い

ゴロフキン10-9

5R

やっぱりゴロフキンがロープに詰め
カネロは守る。ロープ際でのディフェンスが上手く
有効打は少ないが右が入りカネロは効いてないのポーズ
でもこの展開が多いので

ゴロフキン10-9

6R

リング中央での攻防もあるが
必ずゴロフキンがロープに詰めるシーンが訪れ
カネロのボディワークが上手く有効打はない。

カネロで褒めるはこのディフェンスだけなので

ゴロフキン10-9

7R

打たれる前によけるカネロのスウェーはさすがなので
ゴロフキンは下から攻めたい。

攻めてるゴロフキンとディフェンスのカネロなので

ゴロフキン10-9

でもこの差は判定だと怖い

8R

変わらぬ展開も追うゴロフキンのパンチは当たらず
下がるカネロのカウンターアッパーが当たったかな

カネロ10-9

9R

拮抗した打ち合いだが
ゴロフキンの勢い、パワーが勝る。

カネロもさすがに全て避けきれず軽い被弾も多く効いただろう。
反撃はあったけど全体的には

ゴロフキン10-9

10R

カネロが打ち合い、ゴロフキンがふらつく。
効いたのか?
しかしその後はゴロフキンがプレスを強めていく。
バランスを崩しただけだとおもう。

ただ、これだけで

カネロ10-9

11R

追いまわして攻めるゴロフキンだが
捌いて有効打はカネロかもしれない。

が、攻め続け数発有効打を当てたゴロフキンだとおもう。

ゴロフキン10-9

12R

回転力のコンビはカネロだが
その後、効かせるパンチを打ったのはゴロフキンの方

ゴロフキン10-9

地元判定じゃなければ
ゴロフキンだろう。

一人くらいは変なジャッジがカネロに振りそうだ。

しかし、接戦ともいえ、再戦必至だろう。

ドローだって。
カネロにつけたやつ、ドローにしたやつ

予定調和じゃなかろうか?

ゴロフキンの勝ちだ。

-階級別, ミドル

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2017 All Rights Reserved.