スポンサーリンク



スーパーフェザー スーパーフライ ミニマム ライトフライ 日本

大みそかのボクシング観戦

更新日:

大みそかのボクシング観戦、TBSはやっぱひどいなぁ。見るに堪えん。

宮崎VSポンサワン

判定はまぁまぁ妥当というところか、これがタイだったら負けているだろうけど。
両者、ミニマムにしてはタフな部類だろうが技術的な見どころは少なかった。
宮崎は足使ったりディフェンスも器用なところをみせてはいたが、卓越したものはない。体格的にもファイターがあってる気がするがポンサワンほど徹底されてはいない、中途半端な感じだ。
終盤、あと数発左フックを顔面に当てていればポンサワンは倒れそうな感じであったが。
キャリアをつけて力をつけて欲しい。まだビッグマッチを勝ちぬける実力は感じなかった。

それにしてもポンサワンという選手は面白い。
世界王者になる技術はないが愚直なまでにスロースターターでタフ。
効いてない、もっと打ってこいという合図がそのまま効いてるのサイン。

日本の試されてないホープは世界戦の前に彼のような選手と一戦交えるべき。
彼を稼がせてあげよう。

井岡VSロドリゲス


これは2階級制覇といえないだろう。ロマン・ゴンザレスを完全に棚上げした井岡のための舞台。
TBSはこんな姿勢でいいとおもってるんだろうか?
内容は井岡素晴らしかったけれどちょっと骨のある八重樫あたりだと接戦となる、それが井岡の実力だろう。
スピードもなく体も緩いロドリゲスだから圧勝したがあんなにパワー的優位をみせれるようなボクサーではないはずだ。
開き直ったロドリゲスの打ち終わりの危ないタイミングのパンチも何度かあった。
井岡のコンパクトボクシング、安定感は既に伯父を越えているとはおもう。素晴らしい完成度だ。
ただ、逆に体が堅く、コンパクトなボクシングしかできない、これが自身の理にかなったスタイルなのだろう。
ハラハラドキドキの相手ではなかった。今後、本当の世界トップレベルとやってみないとなんともいえない、単なる調整マッチだと感じた。

テレ東、こっちの方がやっぱボクシング好きには余計な部分がなく安心して見られる放送だった。

河野VSテーパリット


おおみそかの番狂わせ、主役の座を射止めたといっていい勝利であった。素晴らしい。
河野のような不器用なラッシャーが世界王者になることはかなり難しくなったとおもっていたが、同タイプの坂田の前で執念実り戴冠した。
テーパリットは河野がファイタースタイルだとやりやすそうだったが、4ラウンド、距離をとられてから駄目駄目になった。
元々穴の多い青い王者ではあったが、過信、慢心が招いた結果でもあり、清水、名城、河野あたりでもかなり手こずる程度の実力しかない。
才能はあるんだろうが佐藤と戦ったスリヤンの方が気持ちの強いまじめないいボクサーだ。

タイにはウィラポン、ポンサクタイプのまじめ型と彼のような慢心ボクサーとまっぷたつに分かれる。
河野には挑戦希望が殺到だろうしポイントとれる技術が乏しいが、今までのキャリア、気持ちが宿った必然のパンチが炸裂した。
こういうシーンは本当に感動的だ。
4ラウンドに戦術を変えたのも見事。戦術変える器用さがなかった選手なのにすごいな。押してだめなら少し引いてみるという経験も得ただろう。
佐藤とは日本でダウン奪われ明白に負けているがダウン後も最後まで立って戦っていたしぶとい選手。
今後もがっつり応援したくなるボクサーだ。

佐藤VS赤穂

佐藤は多彩でパンチもキレ、面白いボクシングができる選手だが世界戦ではポカを恐れるあまり慎重すぎる組み立てが目立つ。
結果第一なので今はいいのかもしれないがマニア以外は退屈かもしれない。
ジャブと距離で相手のボクシングを完全に無効化しているが腰が引けて当て逃げボクシングをしていると言われても仕方ないかも。
正直退屈であった。
でもこれは佐藤より赤穂のボクシングのせいである。
赤穂は本人、陣営に策がなさすぎ。世界に出るには恥ずかしい姿と言えなくもなかった。
ああいうスタイルなら玉砕覚悟で後半手数くらいは王者より出すべきだ。

ただ、いいものは持っている。気持ちも体もパンチも強い。
マティセのようなボクサーを目指してくれ。進化した姿、またみたいぞ。

ともわれ佐藤は長期防衛も派手な試合もできる実力があるので王者に慣れて華やかさを見せれるようになって欲しい。

内山VSバスケス


内山にはいつも懐疑的な戦前予想をして試合後、すいませんでしたといいたくなるような予想以上の内容であんぐりさせられる。
バスケスはスキル、スピードで内山以上を予想しており大苦戦するとおもっていた。
映像でみたバスケスからしてもっと縦横無尽に動き回る選手とおもっていたが内山のプレッシャーとパワー、巧みなジャブ、ボディがそれを許さなかった。

なんだかバスケスは風貌からしてもパッキャオ戦のデラホーヤ状態であった。

バスケスは足のあるテクニカルなボクサーなので内山の前で硬直した序盤のスタイルを変えてくるとおもっていたが、5ラウンドの内山のボディを浴びて「ギャー」と絶叫した姿を見て「あっ終わったな」と感じた。その後もやたらタフでしたが体大丈夫でしょうか?
あのボディはえぐかったな。

しぶとく王者に君臨しているサルガドも内山の前では自分のボクシングをさせてもらえなかったようにとんでもないパワーと冷静なボクシングに調子が狂うのだろうか。

未だに、ハイセンスエンジン全開なガンボアに勝てるとはおもえないのだが、ガンボアでさえも伸び伸びとしたボクシングはさせてもらえないかもしれない。テンポがスローにみえる内山だが相対するとスピード負けも全くしておらずむしろ速いし重圧かけている。

もはや無名のランカー相手にしている王者ではないかもしれない。ガンボア、ガンボアと日本でははやしたてているが当のガンボアは内山が視野に入っているのだろうか?暫定王者でファレナス戦の追試的な意味で内山の正規王座に挑んでくれはしないかな?

破壊的な勝利もある半面、完敗もありえそうで怖いが本場進出して欲しい日本の誇りと言えそうな貫禄の勝利であった。

いつも懐疑的でごめんなさい。

-スーパーフェザー, スーパーフライ, ミニマム, ライトフライ, 日本

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2017 All Rights Reserved.