スポンサーリンク



ウェルター スーパーバンタム スーパーフェザー スーパーライト フェザー プロスペクト ミニマム 日本 階級別

違う、そうじゃない

投稿日:

あまり注目の話題がない昨今、田中の試合とかカーンの試合、そしてなによりバスケスVSフォーチュナでフォーチュナが圧勝するようなら内山の最後の刺客になるかもしれませんね。
そんな昨今。

先日、無敗ホープの強打者ガルシアを下して復活した長谷川ですが、関西のTVでこんなことを言ったそうだ。

今回の復帰戦では、防御を重視する長谷川の戦い方に対し、ファンの声も「それでいい」「うち合わなくていい」というあたたかいものだった。それに対し、長谷川は「お客さんにそういわれるようになったっていうことは、僕はプロとしての仕事はもうできてないのかなってすごく思うんですよ」と複雑な胸中を明かす。

うーん、ちがう、ちがう、そうじゃ、そうじゃない~
何を勘違いしとるんじゃ。

長谷川本来のボクシングは華麗に打たせず打つことであり、世界戦の敗戦すべてが過剰に打ち合い墓穴を掘った、本来の長谷川の能力を持ってすれば勝てた試合、相手だったのにという悔しさがあるからなのだ。

ガルシア戦では相手がガードした腕を折る脅威のハードパンチャーであるという前提で戦略を立て上手く戦ったが、長谷川らしく意地の打ち合いをみせるシーンもあり見ごたえ十分だった。
10度防衛中のイケイケの倒すスタイルでガルシアに臨んだら果たして結果はどうだったろうか?KO勝ちも負けもあるレベルの高い相手だったろう。

この相手にジョニゴン戦、キコマル戦のような戦い方をして欲しくなかっただけ。

倒すだけがボクシングの醍醐味ではなく、難敵、強敵をいかに料理、退治するかが見ものであり、世界戦ラッシュなゴールデンウィークにあって、長谷川の選んだ相手こそもっとも不気味で怖い存在で、予想も勢いも不利な中、あのような内容で無敗ホープを斬って落とした試合内容こそ価値がある。

ガルシアが一番嫌だったろう、もっと足とめて打ち合いたいのにさせてくれない。
そういう試合、相手のやりたいようにさせないボクシングこそ一流なのだ。

万全の体調でガルシア戦のような勝つための戦術を遂行できれば、熱いクラスであるSバンタムやフェザーで再び王者になれる力はある。
アル・ヘイモンと契約したカール・フランプトンなど、小柄で強いがまだ何物ともいえず、ガルシアを大差で抑えた長谷川なら攻略できるんじゃないか。

フェザーとなると骨格やパワーの違いで厳しいだろうなとはおもうが、ゲイリー・ラッセルのような打たせないボクシングなら通用する。

自分は強いのか弱いのか、自分のボクシングはまだ未完成だからと再起した長谷川、ガルシア戦は攻防融合した完成と言うに近いボクシングだった。

過去の試合映像みればみるほど恐怖を感じたろうが、恐怖を乗り越えて克服、強くなれたのも事実。
あとちょっと、長谷川の活躍が見たいのが本音だ。

とはいえ、休養とっても怪我で満身創痍な長谷川の今後の決断はどうなっても尊重しよう。

ついでに、展望

田中VSイエドラス

イエドラスが何者ともいえない選手だ。強豪とやってきたわけでなく、唯一決定戦のブイドラゴには負け。スピード不足が目立つ。
イエドラスは普通ではかなわないので肉弾戦でくるだろう。
それに田中が呑まれなければ大丈夫。

ただ、井上尚哉のような怪物とはおもわない。

フォーチュナVSバスケス

フォーチュナが圧勝したら内山にとって怖い存在だが、前半の勢いを封じてバスケスが健闘するようにおもう。
内山以外は全部勝っている器用な選手だ。
それでも予想となるとフォーチュナのKO勝ちかな。

カーンVSアルジェリ

怖い相手をことごとくスル―してアルジェリを選んだカーンの根性が気に食わないが、メイの相手の一番候補なのだから負けられない。
パッキャオのように圧倒できるか、アルジェリはやりにくい選手だろうが、最近ちょっと安定感のあるカーンのスピードにはついていけないだろう。

スポンサーリンク



-ウェルター, スーパーバンタム, スーパーフェザー, スーパーライト, フェザー, プロスペクト, ミニマム, 日本, 階級別

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2017 All Rights Reserved.