ミニマム級の功罪

スポンサーリンク


今はストロー級と言わないのでしょうか?
僕のボクシングジャンキーの原点であり今でもナンバーワンのリカルド・ロペスを輩出した階級なんで思い入れはあるんですが、最近はスカスカで不要論もあるほどですよね。

特に総合やプロレスファン、アリやタイソン幻想に取りつかれた本場思考になればなるほど小人階級なんて不要だ、食指が動かないのもわかります。
ミニマムがメインになったラスベガスの試合なんて聞いたこともありません。
強すぎて相手がいなくなった晩年のロペスも本場ではスカスカの前座がいいところでした。

今では井岡の最初のベルトや名古屋の田中もそうでしたが複数階級制覇という見栄だけのために利用するような階級に成り下がってますし先日は加納陸という選手が大事な試合に勝ったようでもう世界路線のようですし、ミニマムではないとおもいますが拳四朗とかいう選手も10戦に満たずもう世界路線のようです。

もっともお手軽なカスのような階級に成り下がっちゃってるのは否定できないところです。

そもそも階級の歴史が井岡おじさんを王者にするために作られたような経緯があるし
具志堅当時のLフライも似たようなものでそれ以前の歴史はほとんどなかった。
全部国内に呼んで無名相手に試合。

それだけで殿堂入りし伝説の王者として今も超売れっ子ってどうなのよ。
と僕自身は疑心にかられていますが、そういう時代だったのでしょうの一言で総括。

今となってはこの階級の存在価値は、ベルトにあるのではないとおもいます。

リカルド・ロペス
ロマン・ゴンザレス

彼らを輩出したのはこの階級です。

規格外の才能を有し、P4Pになぞらえば最上位にきそうな逸材でも、小さく、軽すぎ、適正階級がない。
大昔のパスカル・ペレスという人も恐らくそういう人だったのだろうとおもいます。

そんな、稀有な存在を救う、育むためだけに残しておく
そんな価値だけはあるような気がします。

僕の友人?新井田豊もそんな人に近い。
ボクシングだけに特化した努力の人というよりはスポーツ万能、何をさせても超一流。
だが、体格故に何をすれば活躍の舞台があるのか困ってしまう、そんな人。

以外と多いんじゃないかなぁ、体格故にほとんどのプロスポーツは門前払い。
メッシという人はその壁を超えたからロマンがあり、子供に夢を与えるのだとおもいます。

そういう、小柄な超人を発見できる、そういう面白さを求めてこの階級を見守ろうとおもいます。
記録のために利用するだけのボクサーは安易な相手に結果だけ求めてとっとと返上しちゃいますが4団体もあれば結構やばそうなやつもいます。

ワンヒン・ミナヨーティン
41勝16KO無敗

ロマゴン級とはおもいませんしタイを出れない無名王者ですが、かなりのもんです。
大平があそこまで通用しない、子供扱いされた試合もなかったかとおもいます。
高山戦の大平と比較してみましょう。

日本は特に、小柄な人に異能の身体能力、怪物級才能を秘めた人って多いですよ。
そういう人を生かす、発掘する場としてこの階級を楽しみます。

10件のコメント

  • camaro

    とりあえずミニマム取って、その後すぐ上げて2階級っていうのはよくありますね。
    名前もあまりかっこよくない階級ですし仕方ない気もしますが。

  • camaroさん

    ベルトは4つありますが、一番強いのはコイツだと大体想像つくので、僕の中では王者は一人です。

    今はワンヒンという人がこの階級の真の王者でしょう。

  • どらごん

    加納と高山でWBO決定戦があるんですかね?
    取ってもすぐ返上するのかな。

  • どらごんさん

    安易すぎますよね。
    私物化か?
    10戦しないで獲れる世界王座。

  • まぁー

    ミニマムに対する考え方、記事を見てモヤモヤがスッキリしました。笑

    いい事言うなぁー笑

  • 桐島条助

    欧米じゃミニマム級の存在を知らない人もいるって話です。
    西岡や石田で見た夢を、ミニマム級には期待できそうもないって意味では
    さほどロマンを感じない階級ってことになっちゃいますかね。

  • ダド マリノ

    具志堅氏のジュニアフライ級がライトフライに名称が変わり、より軽いミニアム級まで出来ておまけに階級が増えて団体も増えてタイトルマッチが多くなる。ビジネスだから仕方がないと思いますが、ファンはそれぞれの思いで受け止めるるしかないと思います。以前にコメントされた方のように内山が同じ階級で一番強くビックマッチが今年中には成立すると信じていらっしゃた純粋なファンもいれば、あのジムがビックマッチなどするわけがないと考える私のひねくれたファンもいる。ただ世界チャンピオンになるのを戦歴の早さで競うジム、マスコミはいただけない。以前は小林弘氏や鈴木石松氏など南米などで戦っているし、海老原氏も海外でサソリの異名をもつ強打者をKOしたり大場氏もアウェーで地元のホープをKOしたり、世界王者がノンタイトルでもアウェーで戦う、当時のジムもなかなかのものだと思います。現在のホープも10戦そこそこで世界戦は正直言って早すぎでしょう。井上ぐらい才能が有れば別ですが。

  • まぁーさん

    チャベスのボディーブローさんのブログで高山の記事があったので
    この階級について考えてしまいました。

    想像を遥かに超えていたんでしょうが、大橋会長
    彼のおかげでリカルド・ロペスを目撃することができました。
    ありがとうございました。

    桐島条助さん

    ほれぼれするような選手も多い軽量級ですが
    欧米だとプロになっても金にならないのでアマチュアのみで消えてる選手が多くいます。
    ユーリも一番強かったのはアマ時代のキューバ人だったそうです。

    本物を発見したい。
    ただそれだけの階級ですね。

    ダド マリノさん

    ミニマムはワンヘン
    Lフライはニエテス

    一番強いのは一目瞭然ですので、日本人世界王者が多くいても無価値です。
    八重樫だけはしっかり療養して体調管理して欲しいなぁ。
    こないだのままだと実に危ないですね。

  • g1j2p5i5

    >小柄な超人を発見できる、そういう面白さを求めてこの階級を見守ろうとおもいます。
    >そういう人を生かす、発掘する場としてこの階級を楽しみます。

    いいことおっしゃいますよねえ   感心しました

    某サイトにおいて 某変わった人が
    タカヤマ>リカルド・ロペス だとか・・
    どう思われます?笑   メヒコでこんなこと言ったら暴動が起きそうな笑

    加納VSタカヤマですか・・   日本を飛び出し 且つロマゴンを苦しめたフロンテイアスピリッツ魂も いつのまにか 記録の咬ませに・・・

  • プクー

    g1j2p5i5さん

    ありがとうございます。

    このボヤキは結構批判されるだろうとおもってたので以外です。
    日本の地方ジムやTV局、マスコミにはウザいだけのボヤキですから。

    でもね、最短記録とか最年少とかって
    全然すごいとおもいませんから。

    高山は戦歴はすごいけど名のある人にはほぼ全敗ですからね。
    どうしても好きになれないです、ボクシング自体が。