マジソン・スクエア・ガーデン3.19

スポンサーリンク


実況ブログです。
順当か波乱か?

クアドラスとカルモナが始まりました。
井上戦よりはカルモナが伸び伸び戦っているようにみえる。

3ラウンドまで終了

クアドラスに余裕は感じるが、内容は互角。
カルモナは井上戦を経て成長したかな。

ネームバリューを無視すればカルモナの方がいいボクシングをしている。
お互い有効打はないけど。
クアドラスはやや派手に勝ちたいのか、スイッチしたり大振りパンチを放つが
当たらないしペースもとれていない。
カルモナは堅実。

6ラウンドまで終了
ここからお互い何かを変えないと試合は動かなそう。
キビキビ動いて互いに有効打がない、まさに互角。

カルモナのローブローでクアドラスイライラ。
その後、カルモナの方がボディを責め、いい右も当てた。
はじめて明確にカルモナのラウンド。

今日のカルモナは美しい。決定力があれば・・・

カルモナがローブローでレフリーから注意を受けるも、当ててるのはカルモナの方。
ここまで自分はカルモナが勝っているようにおもう。あと2ラウンド。

本当にジャッジ泣かせの展開だが、強いていえばカルモナのボディが効果的。
ラストを明確にとればカルモナの勝利だとおもう。さあ、ラスト

自分的にはカルモナの勝利。クアドラスのネームで悪くて引き分け。
井上の方が圧倒的である。

カルモナはリカルド・ロペス的になっていた。
けれどラストを明確に取れないのが気になる。

ユナニマスでクアドラスの勝利だって。
完全にロマゴンと再戦させて稼ぎたいだけか?
今日のジャッジは公平ではないのかもしれません。

アンダードッグは倒して勝たないとダメって事か。

ロマゴンVSシーサケット

1R

ワオ!シーサケットの右フック?でロマゴンダウン。
パワー差があるとおもう。
ロマゴン危うし。
シーサケットは全然下がらない

10-8シーサケット

2R

攻守入れ替わる激しい打撃戦。
シーサケットのコンパクトな左右の方が重い。

10-9シーサケット

3R

バッティングでロマゴン出血
旗色がますます悪い。
パワー差があり押していけないし守る時間も長くなる。

時々変な画面になり正しく観戦できない。
ハッキングかな。

根性でロマゴンが見せ場を作るもシーサケットの方が硬質。

10-9ロマゴン

4R

シーサケットのプレスでロマゴンが下がる展開だ。
意地の打ち合い、上手さでロマゴンだが
過去一番危ない試合。

判定はなさそう。

10-9ロマゴン

5R

ロマゴンの真骨頂も打ち合いだから
ガッツリシーサケットを上回る攻勢。
シーサケットが引くくらい。
ポイントはロマゴンだが、怖いのはシーサケット

10-9ロマゴン

6R

またバッティングだがシーサケットは故意ではない。
攻めの姿勢がすごくロマゴンが盛り返してきたが
またバッティングでどっちかが減点。どっちだかわかんないので

初回のダウンは挽回したが印象だとシーサケット強い。

10-9ロマゴン

7R

激闘ながらもやや静かなラウンド。
レフリーが2人を分ける意味がわからん。
シーサケットが盛り返した。

10-9シーサケット

けれどシーサケットはKOしないと勝てないだろう。
それが出来そうなところまできているが。

8R

馬力のシーサケットか、多彩なロマゴンかという展開になってきた。
シーサケットはバリエーションが少ないのでポイント取るのは難しいだろう。
なぎ倒すだけ。

10-9ロマゴン

9R

ドクターチェック。

激しい打撃に終始しつつややおとなしい展開。
シーサケットがとったとおもうが、こういうラウンドは本場だと
ロマゴンに流れるだろう。

シーサケット10-9

10R

ロマゴンが断続的に必死に手を出しているが
怖いのはシーサケットの一発の方。
たぶんロマゴンのラウンドなんだろうが
自分は強打でシーサケットを推す

10-9シーサケット

11R

変な映像が混じってくる。やばいなぁ。

シーサケットは効かされることも倒されることもないだろうがロマゴンを崩す術がない。

ロマゴンは必死にポイント稼いで判定に託すのみ

10-9ロマゴン

最終回はシーサケット玉砕覚悟で大噴火して欲しい。

12R

シーサケットの方が余力があるが倒す術がない。
ロマゴンは意識がはっきりしているのかもどうか・・・

変な映像が入るシーンが多くなりもうこのチャンネルは限界だ。

ムードからしてロマゴンがスパートかけたのかな。

10-9ロマゴン

12ラウンドがわからなくなってしまったが
たぶんロマゴンの勝利だろう。

けれど、ある意味勝ちはシーサケットともいえる試合。

MDでシーサケット勝利!

引き伸ばしすぎた結果こうなった。
ロマゴンは強敵ばかりだもん。心身のダメージは甚大だ。

ゴロフキンVSジェイコブス

一服する時間もないくらい

1R

慎重な探り合い。
ジャブとややプレスをかけている

ゴロフキン10-9

2R

ジェイコブスがサウスポーになったり戻したり。
サウスポーだと腰が引けている。

ジェイコブスはバリバリカウンター狙いか。
ジリジリプレスする

ゴロフキン10-9

ヒットは両者なし

3R

ゴロフキンもかなり緊張しているみたい。

ジェイコブスは自分からは攻めない。
ゴロフキンが打ってきたところを狙う。

ややおまけで

ジェイコブス10-9

4R

ゴロフキンがちょっと強引にしかけたら
あっけなくジェイコブスダウン。

とっとと倒れてダメージを最小限にした感じ。
まだ生きている。効いてない。

ゴロフキン10-8

5R

ジェイコブスがサウスポーに。
距離をとると腰の引けたジェイコブスもやりあえるが
ロープに詰まった時が最大のピンチでありチャンスでもあるのか

ゴロフキン10-9

6R

ジェイコブスがゴロフキンに的を絞らせない。
ややビビりのボクシングだが、威嚇のコンビネーションはとても速くて
ゴロフキンは捉えられない。

10-9ジェイコブス

7R

ゴロフキンの強襲をさばいて素早い連打でやり返す
ジェイコブスの徹底したボクシング。

これが機能するのはジェイコブスのスピードとパンチが強いからか

それでも

ゴロフキン10-9

8R

なにげに接戦になってきた。
ジェイコブスにゴロフキンに対抗できるパワーとスピードがあるからか。
やや優勢なのはゴロフキンだけれども
今までで一番強敵だろう。

ゴロフキン10-9

9R

ゴロフキンが空回りしてきたが終盤にいい攻撃。
ジェイコブスはスウェーでかわすが、多少は被弾した。
ゴロフキンの噴火が近そう。

ゴロフキン10-9

10R

ジェイコブスがサウスポーになるとゴロフキンはやりにくそう。
でもこのサウスポーは逃げるもので倒す迫力はない。
ジェイコブスがうまいことやりかえしたかな

ジェイコブス10-9

11R

ゴロフキンは空回りでジェイコブスの方がよかったかな。
でもこの程度では勝てるところまでいかない。
連続KO記録が止まるかどうか

ジェイコブス10-9

12R

攻めの姿勢を貫いたゴロフキンと
空転させて反撃したジェイコブスで採点は割れそう。
でも自分は

ゴロフキン10-9

僅差だがゴロフキンのユナニマス。
一番きつかった試合だろう。

あぁ、ピログよ、昔の事・・・

—————————

シーサケットが勝って、ロマゴン争奪戦だったSフライの趨勢が変わってしまいました。

だからといって、シーサケットがP4Pのトップレベルとは今は言えないし
井上はシーサケットに勝てばそれでいい訳でもないだろう。

ロマゴンはロマゴンで勝ちもありな試合でしたが
勤続疲労と相手選びが今回はまずかったろう。

ダメージが残りそうな内容でした。

正直、シーサケットは大健闘止まりで判定負けだとおもいましたが
ニューヨークで世界のトップを破る快挙

タイ人に先を越されました。

記録じゃなく偉大さでカオサイを抜いたといってもいいとおもう。

かっこよすぎです。

ゴロフキン、ジェイコブスの感想は改めて・・・

お疲れ様でした。

32件のコメント

  • しん

    シーサケットなら日本に呼べるでしょうから、秋か大晦日に有明で井上とやってほしいですね ロマゴンを倒した男とでも煽ってw

  • ノブ

    初めてコメントします
    ボクシングファン歴4年くらいの初心者ファンです このブログはお気に入りでよく拝見します
    自分の採点だと正直
    シーサケ-ロマゴンは
    ロマゴン
    ジェイコブス-ゴロフキンは ジェイコブス でした
    今回は手数よりもダメージ重視のジャッジだったということですかね?
    ブログ応援しています

  • しんさん

    そういう話じゃないとおもうのです。
    今日時点ではシーサケットの方が偉大であり敬意を表すべきです。

  • ノブさん

    採点無視の印象だけだと

    カルモナ
    シーサケット
    ゴロフキン

    の勝利かな。

    全部判定だとは・・・
    判定になるとモヤモヤ残りますね。

  • 一瞬のマ夏?

    実況お疲れさまでした。ロマゴン、やはり適正階級がはっきりしました。一番勝って欲しい人が勝ってくれました。大橋ジムの姿勢にうんざり気味だったので、その意味ではザマミロですが。ロマゴンに敬意を表したいです。よく受けました。取り合えず今は、こんな気分です。

  • ノブ

    コメント返しありがとうございます
    僅差の判定だと勝敗がモヤモヤしますがロマゴンとシーサケは噛み合ってたしジェイコブス ゴロフキンもパンチがあるのでいい緊張感がありましたね いい試合だったと思います
    ロマゴンゴロフキンはトップレベルのボクサーなのでむしろ僅差の試合の方がファン歴4年でちょっとボクシングがわかってきた自分には面白かったです
    これは日本人的な感想かもしれませんがゴロフキンもロマゴンも僅差の試合でも紳士的でボクサーとしての評価は今回の試合で下がるかもしれませんが人間的には自分の中では評価が上がりもともと好きなボクサーでしたがさらに好きになりました ゴロフキンもカネロとの試合を決めてビックマネーを手にして欲しいですし
    ロマゴンもまだ年齢的には全然できると思うのでこれに腐らずしっかりと体を作ってフィジカル的優位を取り戻しフライでもいいのでもう一度世界一の実力を手にして欲しいです

  • 金平糖

    シーサケットの勇気と根性に拍手ですね。ついに来てしまいました、この時が。フィジカル差がありましたね。それでもロマゴンは下げないと思います。色んな意味で。

    三浦ベルチェ決まるといいなぁ。

  • ロマゴンは本当に可哀想です。
    スタッツでも100発近くシーサケットよりロマゴンはパンチ当ててるしPCTは脅威の56%。
    完全な不当判定だと思います。
    ダウン取られてもシーサケットに減点あったし4ポイントは勝っていたと確信して114-114で先ず驚いてMDでシーサケットで言葉を失いました。
    スーパーフライではフィジカルが適応してないのは前戦で感じましたが本当にひど過ぎの不当判定です。

    それならジェイコブスの勝ちの方がまだ納得出来るし善戦していた。
    でも僅差でどちらが勝ちでも納得出来る競った内容だと思いました。

    でも二つとも素晴らしい試合でした。

  • ミスターローブロー

    ロマゴンのダウンはバッティング臭いですね・・・
    ダウンしたとき何もらったのか全く分からないがダメージがあるのでダウンに甘んじた感じがしました。

    ただ、そのことを抜きにしてもシーサケットには天晴です。
    いい試合でした。

    個人的には井上に破ってもらいたかったですが・・・
    ロマゴンが敗れた今、井上にスーパーフライいとどまるメリットはあまりないように感じます。
    シーサケットとクアドラスのどちらとやっても評価は上がるでしょうが、ロマゴンに比べると夢のない話ですし、そもそも両者の対戦に割り込めないでしょう。
    黒星のついたロマゴンとやってもイマイチ・・・
    ならさっさと階級上げて山中と勝負するほうが個人的には夢があります

  • ノブさん

    最高峰レベルの組み合わせだと
    高度な凡戦に見えることがよくあり
    GGGVSジェイコブスなんか一般の人にみせても
    受けないだろうな
    マサトの方が強いぜになっちゃうだろうなと

    今日の試合が楽しめるなら立派なオタクかと。

    金平糖さん

    ロマゴンにとってもホームではないので
    名声で採点有利って事がなかったですね。
    どちらに転んでもいい試合だったとおもいます。

    Sフライじゃパワーも脅威じゃない事は明確でしたが
    今はとにかくダメージを抜いて欲しいです。
    こんな偉大なキャリアの選手を軽く弄らない方が賢明かと。

    三浦VSベルチェルは次で決まるかは未知数ですが
    資格は十分なんで楽しみに待ちましょう。

    サーシャさん

    ロマゴンの判定勝ちだとおもいました。
    ただ芸術点だけで他はシーサケットだなと。

    木村悠の一発と
    ゲバラの一発

    そのくらいの差があり、ロマゴンの有効打、スタッツも相殺されてしまったんじゃないでしょうかね。
    ジェイコブスの場合、よく研究して頑張った止まりじゃないですかね。

    倒したいゴロフキンと
    そうはさせまいなジェイコブス

    に映りました。

  • ロマ シー
    Landed 441 284
    Thrown 1013 940
    Percent 44% 30%

    ゴロ ジェ
    Landed 231 175
    Thrown 615 541
    Percent 38% 32%

  • ミスターローブローさん

    日本人だから日本のボクサーを主役に
    あれこれ考えてしまいますが

    自分はそうでもないので

    日本人とアイツという対戦は妄想こそしても
    内心冷めていたりもします。

    井上VS山中なんて話も

    日本じゃミリオンマッチでしょうが、海の向こうはどうでしょう?

    バレラVSモラレス並に盛り上がるならすごいけど

    自分は大穴で

    シーサケットかカシメロが
    Sフライの主役になって欲しいかもしれません。

  • 名も無き一兵卒

    いつもブログ更新お疲れ様です。

    自分もシーサケットは善戦するだろうとは思いましたが、まさか勝ってしまうとは思いませんでした。

    自己採点も112-114でシーサケ、フィジカル&パワーに優れたシーサケのラウンドの大半を占める長い攻勢時間、ロマゴンの芸術的コンビネーションを喰らっても打たれっ放しになるのではなく、必ずパンチを返していましたのでロマゴンのコンビネーションの印象も薄くしてしまったとも思います。

    スタッツでは確かにロマゴン有利の数字が出ていますが、勝敗を決めるのは数字では無く、目で見て判断する現地の3人のジャッジです、それはリスペクトするべきだと思いますし、実際妥当の判定であると感じました。

    とは言え、ロマゴンが今日の試合で評価を下げたということは一切なく、ミニマムから始まった偉大な戦士が、階級の壁を象徴する屈指のパワーパンチャー相手にボクシングのスキルで12R堂々戦い抜く、ある意味でローマン・ゴンザレスのベストバウトだと思っています。

    長文になってしまいましたが、勝ったシーサケット、敗れたロマゴン、いずれも自分の武器を存分に活かしあって戦い抜いた、現時点でのFOTYの試合だと思いました。

  • こうして見るとゴロフキンも明確な勝ちですね。
    ジェイコブスが予想に反して想像以上に善戦したのと後半の印象が良かったけど。

    カットはバッティングですしダウンはあってもロマゴンもゴロフキン以上に明確な勝ちに見えました。
    手数、ヒット数、PCT、全てが大きく上回ってるのに。
    本当にロマゴンが気の毒でなりません。

  • 名も無き一兵卒さん

    まさに同意見です。
    ロマゴンはロマゴンで一歩も引かず打ち合いましたね。
    他の戦術も彼なら出来たかもしれないのに。
    偉大です。

    一点だけ
    FOTYってなんですか?

    サーシャさん

    名も無き一兵卒さんのコメントが全てじゃないでしょうか?
    スタッツが採点に影響を及ぼすことは、少なくとも私にはないです。

  • どらごん

    ロマゴン何か予感はしてましたが負けてしまうとは井上に勝ってもらいたかった。
    あれだけ出血してるのに負傷判定にならないんですね?最後までやりきったロマゴンは凄かった。

  • どらごんさん

    まさにその通りですね。

    初回に倒されて出血して、ずっと打撃戦
    とても判定まで行くとおもえませんでした。

    よく見ると初回のダウンはクリーンヒットじゃないかも。
    パワー差で倒れちゃったのでしょうが不運な出だしでした。

    シーサケットは偉大ですが
    ロマゴンへの尊厳も変わりません。

    ダメージが心配だけど、やっぱフライ級くらいだと無敵じゃないですかね。
    あんなに粘るんだもん、すごいや。

  • 名も無き一兵卒

    コメントへの返信、ありがとうございます。

    FOTYはFihgt of the year で年間最高試合の略です、失礼いたしました。

    個人的にはスタッツを軽視しているつもりは全くなく、判定の参考になる部分は大いにあると思います、しかしボクシングの一試合で放たれたパンチを全て数字にしてしまうことで、パンチ一発一発がどういう性質で、どのような効果を示したか、を精査することは出来ないと思います。今日はロマゴンの複数発のコンビネーションよりもシーサケの圧力と距離潰し、一発のパワーパンチの方が、スタッツ以上に3人のジャッジに与える影響力が上回った…のでは無いのでしょうか(少なくとも自分はそう感じました)

  • スタッツが採点に影響するとは思いません。
    ジャッジはそれを見てないですからね。

    僕には効く効かない抜きにしてシーサケットがボコボコに殴られ、打ち返しても殆どブロッキングやダッキングでディフェンスされてるようにか見えなかった。
    むしろシーサケットがこんだけ殴られまくってよく立ってるなと。

    僕の個人的な意見かもしれませんがシーサケットの勝ちなんてあり得ない内容に見えました。

    山中モレノ1に次ぐ酷い不当判定。

    海外の専門家のジャッジを見てみたいです。

  • SAKANA

    DJはまるでウィーリーモンローJrをパンチャーにしたような戦いに見えました。GGGが相手を圧倒するときの多彩な左が機能せず、とりわけエグイボディブローはほとんと打たせてもらえず、逆に高速尾コンビネーションでボディを狙われ、踏み込めずに終わった感じに見えました。じっくり研究されていたなというかんじですが、村田には真似のできないなぁとも思いました。ロマゴンはやはりスーパーフライはきつそうでしたね。

  • クッパ

    Sフライは予想が当たって嬉しい反面、寂しさも感じますがロマゴンの偉大さは変わらないです。少し休んでほしいかな。早々のダウン、バッティングから中盤盛り返すところは流石でした。相変わらずコンビが美しい。
    今日のGGGはジャブが走ってましたね。対サウスポーの時の方がやりにくそうに見えました。
    ポイントは若干ジェイコブスよりかなと思います。

  • g1j2p5i5

    英国 タイへ記念挑戦に赴く日本人

    方や 英国 タイで結果を残したメキシカン

    此方 「腐ってもタイ」を証明した鯛ならぬシーサケ・・

  • アダマウロ

    前座のライアンマーティンがいい選手でした。
    長い手をコンパクトにシャープに撃って見てて気持ちよかったです。
    これから出てくるのかな。

  • サーシャさん

    競技としての採点にのっとると
    ロマゴンの勝ちに見えましたね。

    長谷川VSキコマルのように
    長谷川の方がポイントは優勢だけど
    今にもぶっ倒れそうで、キコマルはぶっ倒しそう

    そういう試合に映ったのと

    デビュー戦を日本で八重樫相手にやらされた雑草タイ人に肩入れしている自分がいたかもしれません。
    この人の努力と根性とストーリーもありえないほどすさまじいです。

    僕はシーサケット好きですね。

    SAKANAさん

    自分も、ジェイコブス陣営はゴロフキンに善戦したモンローを相当参考にしたなとおもいました。
    サウスポーの時間も長かったし、アウトボクサー貫いていたし。
    上手くやりましたが、勝つようなボクシングではなかったな。

    シーサケットは仕方ないにしてもクアドラスにも痛めつけられましたからね。
    昨日のカルモナの方がダメージも少なくクアドラスを上手くコントロールしたとおもいます。
    ロマゴンの強みは打ち合いなので、階級あげると明らかにきついですね。

    クッパさん

    上にも書きましたが、打ち合いが真骨頂のロマゴンにとり
    階級上の選手は望むところ、むしろやりやすいでしょう。
    KO勝ちできない階級になってしまうとロマゴンには適正ではない
    そういうボクシングですしね、攻めまくる彼のスタイルは。

    g1j2p5i5

    タイにいくと日本人はほとんど馬力負けします。
    技術を駆使しようにもパワーに潰され、飲み込まれます。
    非力な選手ばかり呼ばれて対戦するからでもありますが。

    やはり今でも腐ってもタイ

    の方が屈強な選手は多いんじゃないですかね。
    シーサケットはその最たるものです。
    日本では井上以外誰も勝てないでしょう。

    アダマウロさん

    確認してみます。
    GGGの苦戦を受けて、ジャモール・チャーロならGGGに勝てるかも
    と米国では言われ始めているそうです。
    キレキレのパンチを打つチャーロはたしかにジェイコブスより怖いかもしれません。
    カネロがやらなそうな選手ですよね。チャーロ兄。

  • 印象だけで語ってしまいましたが
    自分のつけた採点を振り返ると

    114-113
    ロマゴン

    116-111
    ゴロフキン

    でありました。

    シーサケットのローブロー減点を加味すると
    よりロマゴンなのですね。

  • バッティングでした。

  • 管理人様

    長谷川のキコマル戦と今回のロマゴンの試合は全く比べる次元ではないです。
    長谷川はハッキリとキコマルの有効打で効かされグロッキー寸前。
    ロマゴンはシーサケットの有効打で効かされた場面は皆無で殆どのパンチは芯で貰ってません。

    しかも殆どのメディアがロマゴンの勝ちを支持。
    ここ見ても自分がおかしのか?と思ってしまいましたが普通にボクシングの採点基準で見れば自分の見解がやはり正しかったと安心しました。

    僕もそう見えたし何度もいいますがこの試合競ってすらいなかった。
    ボクシングはパンチをいかに当てるかの競技。
    押し合いやプロレスではありません。

    今、見終わってもあの試合がシーサケットの勝ちに見える目を疑ってしまう。

    本当にロマゴンが気の毒でなりません。

  • サーシャさん

    人により印象は違うので
    もうやめときます。

  • camaro

    シーサケット応援してたけど勝ちはないですね。
    パンチ当ててたのはロマゴンだしこれが初黒星はかなり悔しいでしょう。
    ただ、再戦したらフライに下げた方がいいですね。

  • スタッツの数値はあくまで結果論です。
    判定に影響する事がないのは最初から承知。

    じゃなくてスタッツのヒット数と同じように僕の目には映った試合内容でした。
    そして殆どのメディアも同じ見方。

    だからシーサケットの勝ちがあり得ないと言い切れるだけの理由があるのとロマゴンが気の毒とだと言っているのです。

    こんな不条理な判定がまかり通って良いとは僕は絶対に思えないですね。

  • kyou

    判定について。ジョー・コルテス氏のコメントが全て、ではないでしょうか。ジャッジの判断するのが今の位置からの確認では、ファンやメディアの視点からはかけ離れた判定結果になる事が、改めて浮き彫りになった訳ですから。

  • kyouさん

    一考に値する発言だとおもいますね。
    自分も、微妙な席の生観戦より
    TV中継の方が見やすいとおもいますし
    公平にジャッジできます。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)