ポニー・プライド・マグサヨとカタラハ

スポンサーリンク


国内で今年一番の衝撃は、振り返ると八重樫VSメリンドだったかもしれません。あれは偶発的な事ではあったかもですが実力差と認めねばなりません。わずか3分で3種のパンチで完璧KO。フィリピン人の実力を侮ってはいけない。

7月8日に行われた恒例のボクシングイベントのようです。
マグサヨとカタラハというのは宝物のような選手ですね。

ケビン・ジェイク・カタラハ
アマ300戦、国内、地域で14の金メダル。(マグサヨにも2度勝っている?)
はじめの一歩がボクシングのきっかけだったそうです。
貧乏だったのでオリンピックではなく、奨学金で進学を選んだそうです。
29歳までボクシングをやりその後は警察になるそうです。

マーク・マグサヨVSダニエル・ディアス

マグサヨ、17連勝13KOです。
相手は日本にも来たダニエル・ディアス。

最初のダウンは右ストレートかな。効かせましたね。モノが違います。

ジェオ・サンティシマVSグッドラック・ムレマ

ムレマというのはタンザニア王者で身体能力高い無敗の選手でしたが
大きな右スイングを食い一発KO負け。
サンティシマという選手は14勝12KO2敗
フィリピン特有の大振り、大味なボクサーですが、パワーがあり、OPBFを狙っているそうです。
受ける日本人はいるのかな?

ケビン・ジェイク・カタラハVSロニー・カダイダイ

KJカタラハはアマ300戦のホープ。メリンドいや、ドネアのような輝きをみせる若者です。
まだ6勝ですが、比嘉、井岡を超える素質がありそうです。

メルビン・ジェルサレムVSジョーイ・カノイ

ワンヘンに肉薄し無冠の帝王的存在だったジェルサレムが敗北。
同国人のカノイですが、この選手も素晴らしいですね。

ジャーレル・ヒメネスVSマルガリート・モヤ

フィリピン人の名前の規則性がよくわからん。
本当に色んな名前があるなぁ。
ヒメネスというのは8勝1敗のフライ級、いい選手ですね。

ジェノ・マカポブレVSロリエン・ゲタラダ

マカポブレという選手のデビュー戦です。
レベルの高いデビュー戦だなぁ。

エスネス・ドミンゴVSジョン・ケナン・ヴィラフォール

欠点はあるとおもうが、パワフルです。
フライ級に逸材が多いです。

アルバート・パガラVSパトムシット・パトムポン

最後は左ボディなんだな。
酸素注入、担架で退場、そんなに強烈なパンチでしたか。
脇腹を骨折し息が吸えないのかもしれません。
パワーのある亀3みたいなパガラです。

プリンスというニックネームで頭もパンツも派手な天才でしょうが
好きじゃないんでこれでも貼って終わります。

13件のコメント

  • アイククォーティ

    フィリピンちょっと半端じゃ無いですね〜歴代も含めてアジア最強かも!フィリピンがお金持ちの国になれば東洋のベルトを独占する時代が来るかもしれませんね〜

  • アイククォーティさん

    個人的には軽量級は今はメキシコじゃなくてフィリピンですね。
    逸材が多い。

    ALAジムというところ、本当にすごいジムですね。
    リコンドーがフィリピン人と練習重ねている意味もわかる。

  • クォーティさんの言うとおり、フィリピンは経済的に恵まれていないだけ。
    経済が伸びてスポーツに打ち込む環境が日本並みに整えば、
    もうあっという間に日本なんて雑魚扱いでしょうね。それこそボクシングに限らず。

    エスネス・ドミンゴが個人的に気になりますね。
    このままガンガン伸びそうな気もするし、一発ポーンともらって負けてそのままって感じもあるし。
    だけどどのボクサーも運動神経が良い。大抵の日本のボクサーがノロマに見える。。

  • クォーティ

    個人的にはカノ選手が気に入りました!何処か長谷川的というかパッキャオ的というか何だか懐かしいボクシングです!カノもエルサレムも何方にもタイトルをとってほしいですね〜

  • 一瞬のマ夏

    マグサヨにもうこんなローカルは意味無いです。チャンス無いのですかねぇ。
    カタラハも相手と差があり過ぎでしたね。
    この中ではヒメネスという選手が一番良かったように思いました。フィニッシュと言っても良い左ボディ、もうずっとタイミングを計ってましたしディフェンスもよくどれで倒すか選んでいるかの余裕でした。
    防御・パンチ・パンチの強弱、良いボクシングを見せて頂きました。

  • クォーティ

    プクーさんのブログの方達は少し日本に厳し目ですね〜団体が増えたことや東洋のライバル『韓国』が没落したことなんかで確かにタイトルの価値は落ちましたが日本の選手も僕は随分成長してると思いますよ!昔に比べて辰吉や大橋の影響からかボディ打ちの上手い選手も増えてますし、フィジカルの強い選手も増えたと思います。距離間の良い人も増えましたし
    精神的にも強くなったと思います。昔の選手だったら小國が破ったグスマンや久保が破ったセルメニョに紙一重で勝てなかったと思うんですよね、経済的に成長したらしたで他のスポーツに人が流れるかもしれませんし、どうなるか分かりませんが今後よりフィリピンボクサーに注目したいと思います。

  • どんな才能ある選手でも
    過保護に育てず当たり前にガチでキャリアを築くのが原始的だし羨ましいですね。ボクシングの原点回帰のような事例です。

  • うっちー

    フィリピンは相変わらず逸材の宝庫ですね
    カタラハのボクシング、強いだけでなく見てて面白いし好きです
    やはり近場なら、フィリピンに修行に行くのが良いかもしれませんね

  • うっちーさん

    少々相手の好きなように打たせておいても
    自分だけ急所をズバズバ打つから平気さ
    という余裕、差を感じるボクシングですね、カタラハ。

    ただ、下がるのとメリンドと同じく身体が華奢な気はしますね。

    パッキャオもそうですが、貧しくて食うにも困る子供時代だったのに
    なぜあんなにパワーが宿っちゃうんですかね。

  • 通りすがり

    もしかして
    ピノイ・プライド?

  • 杉川

    マグサヨは雑な部分はありますが、日本人ボクサーでは手も足も出ないのではないでしょうか。王者と比較してもラッセル以外なら十分に戦えるぐらいの力はあると思います。ただフェザーは穴階級とはいえそれなりの王者ばかりなので、KOしないと勝てないでしょうけど。

  • 杉川

    パガラ弟は天才と言われてましたけど、気分屋みたいなところがあると聞きますね。そこを突かれて叩き上げの強豪フアレスに何も出来ずKO負けを喫しました。これが薬になったかは再起戦の相手がアレなのでイマイチわからない感じですけど。

    ジェルサレムはタイのリングで絶対王者のワンヘンに肉薄しただけでもヤバイボクサーです。似た体格のメリンドより素質は上でしょうね。流石にタイ以外でワンヘンと再戦しても厳しいでしょうが、ワンヘン・メリンド・田中以外ならライトフライまでの王者より強いと思います。個人的には体格が一回り以上大きくて打たれ強い田口あたりと対戦してどう攻略するか見てみたいですけどね。

  • 仔馬、ロバちゃん達の熱き戦いかと勘違いしてましたが、よく読むとポニーじゃなくてピノイでした。

    フィリピン人の誇り

    という意味かな。

    仔馬ちゃん頑張れじゃないな。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)