ラファエル・マルケス

スポンサーリンク


下田の悔しい敗戦がありましたが次西岡の防衛戦が本場ラスベガスで予定されております。そんでこの男が対戦者候補として有力視されております。

メキシコ、本人では既に既定路線らしく西岡に勝って次はみたいな報道もされておりますがさてどうなることやらです。

先日、ファン・マヌエル・ロペス戦からの復帰戦を飾り準備は整ったようです。実現したらかなり楽しみな対戦です。

2チャンネル等では長谷川のカテゴリ等で否定的なコメント多くて気分悪いですがほんの数年前、ウィラポンの壁になすすべなかった頃、日本人がモンティエルやジョニゴン、ラファマルとの対戦なんて想像もできませんでした。そう考えると感謝感激の激情しか湧かない自分です。

正直メキシコの雄たち・・・モンティエル、ジョニゴン、ラファマル、イスバス、アルセ・・・これら選手の力関係って微妙です。
今のバンタムトーナメントのような感じで誰が抜けてるかよくわかんない気もします。

下田の日にジョニゴンが格下に圧勝しましたがうーん、でかくて強いけどスピードがあまりないしこの人は練習通りのコンビネーションを打つ感じで手数も多いが意外性はなく、型にはまってる気がしてアピールしているガンボアに勝つのは厳しいように見えました。エリオ・ロハスのアウトボクシングにやられるかなんとか攻略するかレベルであるような気がします。つくづく長谷川戦が悔やまれます。

ラファマルも大きくて正直なボクシングで強いけどファンマにはパワーの壁にぶち当たった気がします。
西岡ならやりやすい相手だし左強打が当たるんじゃないでしょうか。
けれど同じサウスポーのマーク・ジョンソンや安定王者のティム・オースティンを下して安定王者になりイスバスとの激闘を経た男、頑丈、屈強、気持ちは相当です。
兄貴もまだまだ強いし。怖いなぁ。

ラファマルが試合したばかりですから直近での試合は難しいでしょうがいつか今年中に決まって欲しいですね。
ジョニゴン、ラファマル連覇となればパッキャオに次ぐメキシカンキラーです。興奮します。

個人的には、時間あるならラファマル前にアルセとやって欲しいです。
統一戦になるしアルセはお金に執着ありそうですが、この人はもうおなかいっぱいでしょう。偉大ではありますがSバンタム王者にはふさわしくないとおもいます。そして西岡なら引導渡せるでしょう、たぶん。

シンピウェ・ベチェカとかも頑張ってるみたいですがこの辺との試合はあまり興味ないですし。

話は変わって
兄貴のマヌエル・マルケスも元世界チャンプリカル・ラモスを派手に1ラウンドノックアウト。完全失神KOでパッキャオ戦前に強烈なアピールでした。
ラモスもフォームがよくて体格も互角、いい雰囲気ありましたがド派手にアンダードッグ演じてしまいました。残念。下田を下したラモスに名前がそっくりじゃねぇかややこしい。

[tubepress mode=”tag” tagValue=”Rafael Marquez boxing”]

3件のコメント

  • koko

    いやー楽しみですねえ。
    西岡のブログでも依然ラファ戦を匂わせる内容をアップしてましたので、99%、10月にラスベガスで決まりでしょう。
    西岡35歳、ラファ36歳ですか。一昔前なら『ロートル対決』みたいに思われるんでしょうが、最近は選手寿命延びてますし、なにより二人ともアクティブな選手で、まだまだやる気マンマンですから、良い試合が期待できるでしょう。2ちゃんでは何が起きたところで、茶々が入ります。そういうもんです。

  • ブリブリボクシングファン

    しかし激闘型のラファエル・マルケスがあれだけ第一線でやれるのは凄いですよね。
    相手はパンチャーばっかりだし 笑
    メキシカンはなぜあんなに打たれ強いんですかね~。
    西岡とやるにしてもマルケスが衰えてる、
    ていうのは期待できないですねえ。

  • プクー

    kokoさん

    なんか最近益々兄貴に似てきて強いなぁとおもいます。音無しで遠くから試合動画だけみたらこれはファン・マヌエルだと言ってしまいそうです。

    西岡戦が実現したらまた西岡に惚れ直してしまいそうですが、王者ですからね。立派な。

    ブリブリボクシングファンさん

    みなゴリゴリ、ゴツゴツやって屈強ですねぇ。体も大きくなってきたのか、ガッチリしてますね。

    どうしても、ジョニゴンの時もそうですが背丈は同じくらいでもメキシカンの方が肉付きがよくて西岡の方がペラペラしてる気がして耐久力とか不安で仕方ないんですが、まぁ彼ならラファエルも意識飛ばすパンチ持ってますからね。試練だけど最高の相手、試合となりそうです。