スポンサーリンク



スーパーバンタム

西岡VSドネア 妄想

投稿日:

ボクシングは王座移動、変遷、歴史が繰り返されるのでネタに困ることはありません。情熱さえあれば・・・ですがブログ向きですね。

注目試合も多く、移り変わりも絶えない状況ですが食傷気味なところも正直あります。
世界があれだけ遠かった時代を経て、今日本に多くの世界チャンピオンがいて、まぁそれぞれ個性的で強いんだけど・・・
贅沢な悩みです。

日本人で観戦歴がもはや一番長く、思い入れのある選手である西岡の究極マッチが控えています。
VSラファマル戦の時も期待と興奮の他に負けても納得?な覚悟みたいな心境でしたが今回もまさにそんな感じです。
どこまで西岡が究極マッチをしようとももはや昔の日本人世界チャンプのようにもてはやされない時代ではありましょうが・・・
具志堅とかTV出すぎじゃないでしょうか、ねぇ。

今回ばかりは全ての結果を受け入れる覚悟で臨むVSドネア戦、マニアの予想や懸念に反し、西岡の自信?これはどこから出てくるものなのでしょうかね。

何度か西岡のインタビュー等見ていますが、もはや様々な経験を経て、どんな試合も楽しみでしかなく恐怖とか感じない、そういう領域に達している状態のようです。どんなに強く見えてもリングに上がって相対すれば攻略できる自信と経験があるんでしょうか。頼もしい雰囲気ばかり伝わってきます。

しかし相手はドネアである。

Sバンタムにきて体格的アドバンテージもなくなり、会心の試合こそみせてませんが、だからといって弱点も見当たりません。

負けない技巧派ナルバエスを塩漬け完封し
豪打のバスケスJrからダウンも奪う勝利
どでかいマセブラにもダウン奪い、顎を割って勝利

ドネアの強さは華麗なノックダウンシーンばかりに目がいってしまいますが、速くシャープで足もあり左右関係ないところもあり、とにかくポイント取りづらい万能なボクサーであることだとおもいます。

西岡はどうやってこの俊敏なボクサーを攻略していくのでしょうか?
かつての壁であったウィラポンよりもポイントメイクしづらいのではないでしょうか?

妄想レベルでの西岡有利な展望はアウトボクシング、探り合いで互角の展開、打ち気にはやるドネアの一瞬の隙をついての左カウンター炸裂ってなところでしょう。あるいは劣勢でいても左の一発がいつか火を噴く瞬間があるだろう・・・と。

ドネアも西岡もお互いの最大の武器である左は徹底警戒してくるでしょう。
警戒しつつもドネアはシャープなジャブをポンポンと放ってリングジェネラルシップ握ってしまいますが。

これがリコンドーとかなら、いなすテク、瞬間最大風速的なスピード、出入りなど怪物的なのでドネアを凌駕するところも想像できますが、今の熟練された西岡にドネア以上のスピードは正直感じられないし・・・

と、悶々としてしまいましたが、どん底から這い上がった西岡もいつのまにか完成度を上げて、もはや普通の世界防衛戦ではポイントメイク、フィニッシュ、どれも格の違いを見せつける充実した戦いぶりをみせています。明らかな劣勢、ポイント取られるシーンはあまり見かけません。

この試合、8-2くらいでドネアというのが現実的なオッズでしょう。

しかし個人的にはどちらが本物のSバンタムか?が問われる内容、ダニエル・ポンセ・デレオンがジョニー・ゴンザレスに勝ったように、体力、経験、冷静さなんかがものをいう、ちょっと読めない2人なのかもしれません。

案外、トリニダードをホプキンスがねじ伏せたように、適正階級における役者が違う、よりごっつい方が断然有利なのかもしれません。

好漢、ドネア、大好きですがもちろんこの試合は西岡を応援させていただきます。

まずは序盤、ドネアのスピードに西岡がどう対処するのか?でしょうね。

ポイント劣勢はまぁある程度想定されますが、そのままズルズル塩で判定完封、ナルバエス戦の再現!なんてことにはならないですよね?

-スーパーバンタム

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2017 All Rights Reserved.