スポンサーリンク



スーパーバンタム 日本

西岡利晃VSノニト・ドネア

更新日:

GO!さんのお誘いで水道橋Groveで観戦しました。

日本全国から熱狂的なファンで超満員のすし詰め状態でした。

日本で一番長く観戦、応援してきた西岡の集大成、恐らくラストマッチでしたので感慨ひとしおでした。
駆け抜けた様々な元世界王者、長谷川や内藤や坂田・・・彼らより古くから第一線で戦ってきたのが西岡です。

色々な感想があるだろう、まして前座がバチバチのドツキ合いだったので現地から多くのブーイングも聞かれた。
しかし自分には両者、最高のコンディション、極上の試合に写りました。
前座のような打ちつ打たれつの試合が成立する次元の両者ではないのだ。一発で終わる者同士の戦いだ。

やはりスピードでドネアが一枚上。

手を出してペースメイク、隙をうかがうドネアに対し、右ガード、ディフェンスに徹してタイミングを図る西岡とでは、有効打はなくとも全てドネアにポイントが流れる。
終始このスタイルだとVSナルバエス戦の再現になりかねませんでしたが、相手を倒すパワーとキレ、ナルバエスにはなかった勝利への執念が西岡にはありました。
劣勢を挽回しようと勝負に出る西岡を迎えうってドネアのカウンター炸裂。

最後、ヨロヨロと効いたようなふりをみせ、ロープに下がり西岡に攻めさせたのはドネアの作戦だったのでしょうか。

冷静に、攻めるのではなく相手に攻めさせた方が勝つのではという妄想が現実のものとなりました。
ドネアのここぞの試合ではいつも相手が襲いかかってきたところにカウンター一閃というパターンです。
パンチの交錯はあまり多くなく、一発が鍵を握る極限の試合でしたがドネアはまたもや左拳血まみれでした。

時間が経てばこの試合についてあれこれ書きたくなるだろう。
Sバンタムではじめて本気で仕上げたようにも見えるドネアの今後のマッチメイクについても触れたくなるだろう。
異常に打たれ強いリオスの事なども言いたいことはある。

しかし今は完全虚脱状態です。
移り変わり激しい世界だから常に応援したい選手はいるが、世代も近くこれほど感情移入できる選手はもういない。

自分のボクシングマニア人生にもひとつの区切りがついた

そんな瞬間でした。

両者、感動をありがとう。

-スーパーバンタム, 日本

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2017 All Rights Reserved.