スポンサーリンク



スーパーバンタム 日本

石本康隆VSウィルフレッド・バスケスJR

投稿日:

マカオでの記念興行、有名どころの顔みせ、メインは2大会連続金メダルの中国ゾウ・ジミンのプロデビュー、石本はたぶん引き立て役扱いで呼ばれたものとおもわれますが・・・

見事、元世界王者にしてドネアにも善戦したウィルフレッド・バスケスJRを破ってかませがかみついてくれました。
これは驚きです。

石本のことあまり知らず、日本タイトルで芹江に負けたくらいの印象しかなかったですが、調べてみると負けは判定ばかりなんですね、なるほどだからバスケスJRの強打に耐えることができたんだなと。

ドネア戦からの復帰、バスケスJRはやや久しぶりでタトゥーの多い怖い兄ちゃんから髪がクリクリに伸びてかわいい風貌に変わってましたがその強打は相変わらず、いつもの強い彼でした。3階級制覇の親父に似てパンチが驚異的に強く、ドネアのSバンタムの相手で一番手ごわかった、西岡相手でもわからない、ドネアがいなければ王者に復帰できる、アルセ戦の敗北は墓穴

それくらい未だ強い評価は変わりませんでした。

そんな強打のバスケスJRに真っ向打ち合い、8ラウンド終了間際は右ショートでダウンも奪っての勝利。
少なくとも世界挑戦の権利は得た見事な勝利でした。

バスケスJRの強い連打がやや優勢にも見えますが、ほとんどの相手が崩れていくところ、石本は必ず反撃、強襲し返してました。
勝利は本人と陣営だけで誰もが負けを覚悟していたほどの知名度の差がありましたがすごいことをしでかしました。

バスケスJRとしては勝って当たり前の復帰戦、ノ―作戦で自信過剰で力でねじ伏せようとしすぎだったのかもしれません。
テクニックよりパワー型の選手なので耐久力、精神力があれば誰ともかみ合うスタイルです。やりにくさは強打以外ありません。

相手のインパクトからして海外で過去一番のアップセットだったかもしれません。
感動しました。石本、ありがとう。

が、こんな快挙も日本では報道されず・・・
ミーハーで薄っぺらいマスコミにはついていけない世界なのでしょう。

それと印象的だったのはブライアン・ビロリアの敗戦。
相手はロマン・ゴンザレスに肉薄した選手なので懸念はしてましたが・・・
ビロリアは前半飛ばして失速、後半フラフラで負け、という試合が多いです。
能力高いが毎度同じ失敗を繰り返すのでもはやこれまで、こういう特徴の選手なのでしょう・・・な。

昨日はTBSの茶番がありました。
もはや多すぎる日本人世界王者を整理して欲しい、実力者だけ残って欲しいとの願いから観てしまいました。

両者敗者というべき世界王者を張る実力は全くありません。
バンタム相当のパワーもありません。

しかし12ラウンド終わって、やっと変なのがひとり減る、新王者パノムンレックはおいしい穴王者だなぁ
なんておもってましたが・・・まさかの・・・炸裂!!

自分が好きなボクシングを冒涜されてもう何年になるのか・・・
ファンを辞める、ボクシングを捨てる時期なのかもしれません。
鬼塚も佐藤も赤井も、支持するのやめさせていただく以外ありません。

ちなみに前座っぽくみせて実は過去の録画の二男の試合も見事なシナリオ。
最後のダウンシーン?当たってませんから。

今日は本当の世界バンタム級の試合があります。

山中、ツニャカオ

どっちも昨日のボクサーよりは100倍強いですが、どちらかが敗れる厳しい本当の世界戦です。
誰がどう解説するのかわかりませんが、昨日と比較し、そう言いきっちゃってもらいたいものです。

スポンサーリンク



-スーパーバンタム, 日本

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2017 All Rights Reserved.